Welcome!

お勧め

春巻きと生春巻き

投稿者 : 春 巻子

更新日: 151日前 499 アクセス

今日、驚きました。

Nordend Friedberger Landstrasseにある、ビルマ人による安価で割とよい寿司店・うみ寿司の隣のベトナム食堂です。そこの店主であるのらりくらりとしたいかにも温帯出身・口調もスローテンポ(仕事は普通の速度)な男性とは面識がありましたが、今日初めて食堂に出向き春巻きと生春巻きをお持ち帰りしてみたところ一瞬思考が停止しました。

おいしい。
海老はぷりぷり、パクチーとミントはしゃきしゃき、春巻きはかりかりであつあつです。

人は見かけによらない。とはよく言いますが、食堂は見かけによると思います。いや、思っていました。ベトナム食堂は「入ってみよう。」と思わせる外観ではなくいつもスルーしてうみ寿司に入っていました。
うみ寿司に入って、鮭刺身を注文していました。

が、明日からは違う。(しばらくの間)
あのような店があそこにひっそりと存在することを嬉しく思います。
春巻き・6個で2.50 ユーロ
生春巻き・ショートタイプが2本で3.50ユーロです。

昼休みはありません。土曜は休み(お客が少ないし、店主が週に1日休みたいから。)12ユーロから配達も可、店主は「コンニチハー モウイチド イッテクダサーイ」程度の日本語を話します。

仕事や私生活でストレスが溜まっていて発散する場所がない方、最近面白いことがない・クスと笑いたい,
地味な店で美味しい思いをしたい、という方に特にお勧めのお店です。


この記事へのお問い合わせ・コメントフォーム

情報の書き込みはネチケットを守ってご利用下さい。

*個人情報を流出させたりプライバシーを侵害したりした場合、名誉毀損罪など犯罪の他民事訴訟にも訴えられる事があります。

コメント: