Welcome!

しの的エッセンinドイツ

リストに戻る

1年以上

ブログの更新が滞っている間に、すっかりSpargel(シュパーゲル)
=白アスパラガスの時期が終わってしまいました・・・
今年は全然レシピを載せられなかったな・・(苦笑)
でも、白アスパラガス以外にも、この時期のドイツは沢山の野菜や
果物のシーズンに突入しています。


マルクトには沢山のベリー類や、

杏子やドイツ産のイチゴも出回っていますね~♪
今回はそんな旬の果物と野菜を使って、料理してみましたよ。
メインは久しぶりに奮発して購入した牛フィレ肉。
お肉はシンプルにステーキにして、そのソースや付け合せに使いました。


牛フィレ肉は塩・胡椒してしばらく置いておきます。
お肉を置いている間にソースをつけ合わせ作り。
まずはソース。

作ったソースは、こちらの果物を使いました。

Johannisbeeren(ヨハニスべーレン)=アカフサスグリ。
カラントという名前でも有名な欧州の果物。
こちらは真っ赤ですが、他にも濃い紫色や、薄いクリーム色のものもあります。

見た目は小ぶりのブドウのように実が付いています。
一粒ずつ取って食べるというよりは、このまま口に入れて、
茎を引っ張り出すようにして食べる感じですかね。
少し種が気になりますが、ドイツの方々はこのまま種も飲み込んじゃう方が
多いように思います。

このヨハニスべーレンは見た目の鮮やかさとは打って変わって、
結構酸味が強いです。
ドイツでは、一般的にジャムやケーキなどに使いますが、
酸味を利用したサッパリソースにしましたよ。


ヨハニスべーレンは枝から取って果実だけにします。

赤ワイン、ハチミツ、バルサミコ酢、を入れて潰しながら煮込みます。

濾したもの。
お肉を焼いた後のフライパンで仕上げます。
付け合せは、茹でた野菜とジャガイモピュレ(マッシュポテト)2種。


ジャガイモは皮を剥いて少し塩を入れたお湯で茹でた後、バター、塩・胡椒、ナツメグを入れて滑らかになるまで潰しました。

別で、Erbsen(エルプセン)=グリンピースを塩茹でしておきます。

グリンピースはこんな感じでサヤに入ったものが、この時期売られていますよ。

茹で上がったグリンピースを潰します。

こちらを裏ごししたもの。

皮が少し気になりますからねー

ジャガイモピュレに裏ごししたグリンピースペーストを混ぜて出来上がり。

茹で野菜は、皮を剥いた小ぶりのカブと人参。

薄めのコンソメスープで茹でました。

バターを入れたフライパンでお肉を焼きます。

お肉が焼き上がった後、肉汁の残っているフライパンに、煮込んでおいたソースを投入。

沸騰させてトロトロに仕上げたら、バターで香り付けして出来上がり。
この日はベランダで夕食。
珍しくワインをあけましたよ。

牛フィレステーキ・ヨハニスべーレンソース。
ソースをお皿にひいてからお肉を載せました。

こちらはつけ合わせ。
それぞれのジャガイモピュレは、スプーンを使って盛りました。
お肉もミディアムレアな感じに仕上がりましたよ。

今、ドイツは夜の10時くらいまで明るいので、天気の良い日の夕食は
ベランダで食べるのが楽しい時期ですね♪


料理教室の告知を始めました。
『しの的エッセンinドイツ』 Facebookは こちら 。



コメント

しの的エッセンinドイツ

作者:しの

しの的エッセンinドイツ

ドイツ・エッセンでの日常の発見と美味しいものを、日々書き綴っています。

7日 34 総合 400 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



しのさん新着記事



過去記事

しのさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
2位 ディステル白兎さブログ
3位 うきうきビール生活 in フランクフルト
4位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
5位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
6位 フランクフルト気まぐれ日記II
7位 Germany Today
8位 ドイツ発☆カラーウェルネス新ブログ 『 Colorful, Joyful and Peaceful Life 』


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録