Welcome!

しの的エッセンinドイツ

リストに戻る

1年以上

色々作業していたら、日が過ぎるのが早く感じますねーー
面白そうな食材を見つけては、料理しているのですが、なかなかブログを
書く時間が・・・
はい。言い訳なのは分っています・・・
まぁ・・追って更新していきます。

レシピは後々でも良いとして・・
週末に我が家でプチ料理教室をしたので、今回はそちらをご紹介しようと思います。

先日、ドイツ人主催の七夕パーティーへ行ってきたのですが、そのパーティーを
主催してくれたドイツ人の方から、海苔巻きを上手く作りたいので、
個人的に教室を開い欲しい・・というお話を頂いていました。
私もパーティーにお招き頂いたお礼もあるので、早速、企画しましたよ♪

今回は、このドイツ人の方とお2人のお子さん、それから、七夕パーティーへ
誘ってくれた友人や、久々に隣町のお友達、かもさんもお誘いしましたよ♪

基本的な巻き寿司を作りたい・・という事だったので、
裏巻きやその他のメニューは、私が単独で作りました。
一緒に作ったものは、海苔を使った中巻きです。

こちらが、巻いてもらった食材達。

日本食材店で購入したマグロの赤身、自宅のベランダ菜園の紫蘇、
スモークサーモン。

カニカマ、キュウリ、出汁巻き玉子。
それから、納豆。これは日本人の私達用♪


納豆は、普通のパックのものを日本食材店で購入し、包丁でたたいてひきわり納豆状態にしたものを、ラップで包んで絞り出し袋状態にして使いました。
こちらは酢飯5合分。
左手前は酢と水を混ぜたもの。
手に酢飯がつかないように湿らせる為のものです。

セッティングはこんな感じ。
アボカドや、細切りにした絹さやも用意しました。

まずは、私がコツなども含めたお手本を作り、早速挑戦して貰いましたよ。
具は、基本的にはお好みのものを入れてもらいました。


このドイツ人女性は、ご自身でも海苔巻きを作ることもあり、結構、あっという間にキレイに巻けました。

お子さんも興味深々。

一緒に巻きましたよ。

全部で何本くらい巻いたかな・・?
巻き終わった後に、今度は切り方のコツをお話して、切ってもらいました。
私は皆さんが巻いたお寿司を切っている間に、その他のメニューを。


こちらは豚汁。

アジア食材店で購入した里芋、レンコン、こんにゃく、大根、ニンジン、それから、豚肉が入ってます。

それから生姜焼き。

切った豚肉を炒めて、日本酒、ミリン醬油で味付け。仕上げにおろし生姜を入れて軽く炒めて出来上がり。
こちらはリクエストの鶏のから揚げ。


相変わらず、鶏もも肉の解体をしてから作りましたよ。
この鶏もも肉の解体の仕方を、8月23・24日の料理教室で行います♪


解体して一口大に切った鶏もも肉は、醬油、日本酒、おろし生姜とニンニクで下味を付けて、片栗粉をまぶして揚げました。
海苔巻きも切り終わり、お料理も出来たところで、試食兼宴会ですよ♪

みんなで巻いた海苔巻き達。
好きなように具を入れたので、1つ1つの説明は出来ませんが・・
なかなか良い感じに仕上がっています。
左側は、お見せする為に作った裏巻き。
サーモンと紫蘇を表面に、中にはアボカドが入っています。

こちらは生姜焼き。
ちょっとお肉は厚めですがご愛嬌で(笑)

鶏のから揚げ。
一応、レモンを添えましたが、やっぱり先に絞った方が良かったのか・・?

ちびっ子達もモリモリ食べてくれましたよ♪
自宅での海苔巻き教室は初めての試みでしたが、大成功・・かな。
今度は、ドイツの食材・・例えば生ハムやソーセージなんかも用意しても
いいかな・・?なんて思いました。


8月後半(8月23・24日)の料理教室の告知を更新しました。
『しの的エッセンinドイツ』 Facebookは こちら 。

最新告知とか日常をつぶやいてます・・ こちら。



コメント

しの的エッセンinドイツ

作者:しの

しの的エッセンinドイツ

ドイツ・エッセンでの日常の発見と美味しいものを、日々書き綴っています。

7日 13 総合 405 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



しのさん新着記事



過去記事

しのさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
2位 うきうきビール生活 in フランクフルト
3位 ドイツ♪フランクフルト♪生活情報ブログ
4位 ディステル白兎さブログ
5位 エッセンmitシュリundティンティンinドイツ
6位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
7位 KM Sports -あなたのドイツ生活に潤いを-
8位 Germany Today


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録