Welcome!

バウビオロギーと振動による物理医学

1年以上


ご無沙汰しています。

日本への出張間近になって測定依頼がまとめて入り、有難いことではありますが、

測定作業にレポート提出にとバタバタしています。明日に出発する日本への出張準備も

何とか目途が立ちまして、やっと一息つけたので、簡単に近況報告をさせて頂きます。

 

以前、ブログに載せたWiesbadenのドイツ人のお客様より連絡頂きまして、昨日、

新居予定のお部屋の測定を実施してきました。

今、お住まいのお部屋が環境的に非常に悪く、大家さんと退去の権利を巡って、係争中と

聞いていましたが、私の測定レポートが有効に働き、早期の退去の権利と大家さんによる

引越費用負担が認められたそうです。それで、新居予定のお部屋のバウビオロギーによる

測定をお願いしたいとのことでした。

 

当日、お部屋にお伺いすると、不動産業者の方も同席されており(当たり前ですが・・・)

宜しくない結果になってしまった場合にどうしようかと少し困りました。(笑)

 

まず、お部屋の立地状況からですが、気になる点として

1.路地のどんつきの奥

2.風力発電機の付近。ブレード(翼)の回転などに起因する低周波と騒音

3.アウトバーン(速度無制限の高速道路)付近。騒音と防塵対策

 

これらの立地状況への対策として、バウビオロギー測定技術士が単独で、かつ、割安に対策することは、残念ながら大変難しいです。

従って、家やお部屋を選ぶ際は、立地の選定時からしっかりとした条件を基に進めることが大切です。

 

不動産業者の方も同席されているので、30分のタイムリミットの中、主に電磁波による影響を中心に測定を行いました。

ザッと測定した中で、内装としては、以下の問題点がありました。

1.セントラルヒーティング(パネルヒーター)が接地されていない

2.壁材の質があまりよくなく、配線周りからの電磁波による影響が大きい

 

ホームページでもご説明させて頂いているように、接地されていないセントラルヒーティング(パネルヒーター)は電磁波の伝播をうけることで、それ自体が新たな電磁波発生源として働くことが多く、接地(アースをとる)を推奨しております。

また、質にこだわりがなく、電磁波対策されていない配線材や壁材からは、配線周りから

特に電磁波の影響が強く、対策が必要です。

 

最終的なお部屋の決断は依頼者が行いますが、電磁波などの「見えない要素」を見えるようにすることで、決断への大きな一歩となったとおっしゃって下さいました。

 

日本への滞在期間は10月9日~11月2日までになります。

日程を少し調整できますので、測定やセミナー開催依頼など引き続き承っております。

この機会をどうぞご利用下さい。

 

1年以上

左)プラトンによる水  中)五大を基にした五輪塔  右)五行の相関図


水は私達にとってなくてはならない基本的な物質です。

古代ギリシアでは万物の根源アルケーとされ、水、空気、土、火は元素(万物の根源をなす不可欠の要素)として、四元素の一要素とされてきました。

古代インドでも、地、水、火、風 に空を加えた五大思想の一要素とされ、

中国でも、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素から成る五行の一要素とされています。


私達だけでなく、生物そのものの約70%は水であり、代謝などに代表される生命維持活動に

必要な化学反応の基となっています。水はあらゆるものの媒体として必要不可欠であり、

食物はとらなくても、水を日々、定期的に摂取しなければ、私達は生きていけません。


さて、水はどのようにして存在するのでしょうか。

それは先週、ブログで取り上げた酸とアルカリのバランスに深く関係があります。


ここで皆様に問題です。中学の理科で習う内容で、中和という化学反応があります。

代表的な例に水酸化ナトリウム(NaOH)と塩酸(HCl)は中和しますが、

その際、生成される物質は何でしょうか?

化学反応式はNaOH + HCl ⇒ NaCl + H2Oとなります。


答えはNaCl(塩、塩化ナトリウム)とH2O(水)ですね。

つまり、アルカリ(例:水酸化ナトリウム)と酸(例:塩酸)が混じる(中和)と

水と塩が生成されます。

このように、私達は必要不可欠な物質(水、塩)を、アルカリと酸の反応が細胞や体内で

正常に作用することで、利用できています。(中和時に発生する熱も大事です。)

水と塩は食塩水⇒海水のように、全ての生命の体内、もしくは体外にあり、育む源です。


他にも、通常の水では通電性を持ちますが、純粋な水(超純水)では電流を通さず、

ほぼ絶縁します。同じように塩も、溶解するまでは絶縁体です。


私達、バウビオロギー測定技術士はお住まいを測定しますが、電磁波や地場の測定を

行うことは、すなわち、お住まいの全ての障害と取り組むことになる場合があります。

それは、場合によっては、いわゆる「お祓い」に至ることもあります。

その際、古来から日本で用いられてきたように、一般的な簡易なやり方として

盛り塩と純度の高い水(場合によってはアルコールの強いお酒)を用います。

絶縁体を用いた、いわゆる「縁切り」はお祓いの際には、効果があるように思います。

(例:教会の聖水など)


質のよい水を私達の取り巻く環境で用いることは、大変重要です。

なぜなら、水は性質が媒体、すなわち中性であるがゆえに、私達に良い影響をあたえる場合と、悪い影響をあたえてしまう場合があるからです。

昔から、不浄なものは澱んだ流れのない水場に現れ、流れのある清流などには現れません。

また、媒体であることは、性質的にどっちつかずではなく、むしろ、すべてを包括しています。すなわち、よい水は我々の世界のあるべき情報を記憶し、伝えていきます。

質のよい飲用水をとることは、直に体内にとりこむので、なおさら重要な点はおわかりいただけると思います。


実は、2008年より定期的にドイツ中部のノルデナウという村に通い、奇跡としかいいようのない水を持ち帰り、特性などを物理医学を用いて調べています。

今週金曜日(2014年9月19日)にも、ノルデナウ近郊でバウビオロギーの測定を行い、

水を持ち帰ります。今まで特にお譲りする機会もなかったのですが、興味のある方はお譲りしますので、事前にご連絡下さい。


1年以上
同じような図の日本語バージョンがどうしても見つからず。。。
同じような図の日本語バージョンがどうしても見つからず。。。


古来から人体や臓器は、色々なことわざに引用されてきました。

それほど、人体や臓器は私達にとって身近なモノで、なくてはならないモノでした。


さて、ここで皆様に問題です。

人体や臓器の中でも特に大事なモノとされてきたモノは何でしょうか?

答えは、ある言葉に代表されます。


昔から「特に大切なモノ」を指す言葉として、「肝腎要、かんじんかなめ」という言葉が

あります。他にも同意で「肝腎、かんじん」という言葉があります。

答えは、用いられている漢字のとおり、「肝臓」と「腎臓」ですね。

実は現代では「肝心要」や「肝心」とされていますが、語源としては「腎」が古く、

近代になって「心」に統一されたという経緯があります。


ここで、もう一つ、「肝腎要」の「要」ですが、元々は扇をとじあわせる部分を指し、

「締める、大切」という意味があり、「要点、必要」などの言葉に表されます。

この「要」に人体を表す「月、にくづき」を加えると「月」「要」で「腰」となります。

すなわち、「肝臓、腎臓、腰」が私達に特に大切なモノと言えるではないでしょうか。


では、なぜ「肝臓、腎臓、腰」が私達にとって特に大切なモノなのでしょうか?

そこには、大きな理由の一つとして、人体の健康を維持するために必要不可欠な要素、

酸とアルカリのバランスが密接に関わってくるからです。


私達の人体は、恒常的な生体活動により、維持されています。

生体活動とは、活動エネルギーを産生し、また、消費することになります。

多くの場合、活動エネルギーを産生する際には、酸化反応が発生します。

例えば、三大栄養素とされる「タンパク質、脂肪、炭水化物」は呼吸による酸素との

化学反応(例:クエン酸回路)により、最終的にアミノ酸やATP(アデノシン三リン酸

=エネルギーの通貨)が産生されます。


これらの体内の酸化反応により、生じた酸(例:乳酸、尿酸)は人体のシステムにより、

可能な限りリサイクルされようとしますが、余った分やリサイクル不可能なモノは体外に

排出しなければなりません。

排出がうまく働かない場合、例としてリウマチや痛風などの原因となります。


まとめると、私達は活動エネルギーを必要としますが、その際、酸化反応による酸が産生され、生じた酸の不必要な分をリサイクルもしくは排出するメカニズムも必要となります。


したがって、人体の体内では、酸とアルカリのバランスをとる場合、アルカリ⇒酸よりも、

酸⇒アルカリが必要なケースがより多く発生します。

そこで、酸を減らすことで酸とアルカリのバランスを司る臓器が「肝腎」の「肝臓」と

「腎臓」です。

「肝臓」では、例えば乳酸をリサイクルして再度、エネルギーの産生を促し、

「腎臓」では、尿酸などを体外に排出します。(尿のpHは約6.0の酸性)

このように、「肝臓」と「腎臓」は人体の生体活動において特に代替のきかない臓器です。


また、いわゆる「腰」の部分は人体の主要な臓器の多くがあります。

「腰」の痛み、特に安静にしてても痛む場合は胃、十二指腸、胆嚢、膵臓、腎臓などの

臓器に何らかしらの問題がある可能性があります。

また、食物は胃で消化されて酸性の強い状態(pH2~3)ですが、次のステージの十二指腸で膵臓からの膵液と肝臓を経由した胆嚢からの胆汁(共にpH7~9)により、中性(pH7)になります。


ここで、誤解していただきたくない点は、人体における酸が必ず悪いのではありません。

例えば、人体の表面(皮膚)は外部からの保護を目的としていますので、皮脂などに含まれる脂肪酸によるpH4~6の弱酸性で、常在菌の作用により、悪玉菌などから人体を守ります。

胃酸(pH1~2)も、食物の消化のために非常に強い酸になっています。

このように、人体は酸とアルカリのバランスによって発生する働きを上手に利用し、各臓器や各箇所が必要な機能を過不足なく遂行することができるようになっています。


追記:

酸化反応は発熱を伴うので、外部からの熱を管理することで、酸化反応が抑制されたり、

または促進されたりすることにより、酸とアルカリのバランスを取り戻すことに繋がる可能性があるのではと思われます。

したがって、個人の意見ですが、状況に応じて、対応する臓器を温めたり、冷やしたりする「手当て」も治療において一理あるように思われます。


1年以上

私はドイツのフランクフルトに住んでいます。

フランクフルトの見所や名物は色々とありますが、今日はその中でも当地で生まれた偉大な先人、ゲーテについて書いてみようと思います。


ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは、1749年8月28日にフランクフルトで生まれました。3日前の2014年8月28日で生誕265周年を迎えたことになります。(上の写真は生家)


ゲーテはどんな人だったのでしょうか?

一言で表すなら、「超人」と言えるかもしれません。

なにしろ、職業別に表現すれば、詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家、

音楽家などが代表的に挙げられます。

また、学問的な知識や素養といった点では、基礎科学の3本柱である社会・人文・自然科学や

応用科学の大部分を網羅し、こんにちの統合科学の先駆けともなりました。


具体例を挙げるならば、

・少年時代に英語、フランス語、イタリア語、ラテン語、ギリシア語、ヘブライ語を習得

・現代ドイツ語の父(ルターのドイツ語訳聖書から発展した現代ドイツ語を完成させた)

・ニュートンの光のみをベースにした色の解釈に反論し、光と闇による相互関係によって

 色が生成されるとし、色の三原色を定義して、人の精神への影響まで研究した

・33歳で皇帝より貴族に列せられ、政治家としてはヴァイマル公国の宰相となった

・公務のかたわら、人体解剖学、植物学、地質学、光学を研究し、解剖学では前顎骨が

 ないとされていたにも関わらず発見、植物学では進化論の先駆けとなる学問を提唱

・シューベルトやリストなどの著名な作曲家が作品に曲をつけた(魔王、野ばらなど)


私個人は、ゲーテは、「人という存在への飽くなき根源的追求と中庸的な人間讃歌」を

実践し続けた人だと思います。


ゲーテは、以下のような数々の名言を残しています。


“Sobald du dir vertraust, sobald weißt du zu leben.”
「自分自身を信じてみるだけでいい。
 きっと、生きる道が見えてくる。」

(格言と反省、から)



“Man reist ja nicht, um anzukommen, sondern um zu reisen.”

「人が旅するのは、到着するためではなく、旅するためなのだ。」

直訳すればそのようになりますが、次のようにも意訳できます。

「人が生きるのは、天国や極楽にたどり着くためではなく、この世で生きるためなのだ」

(友人のヘルダー夫妻の手紙、から)



“Sofort nun wende dich nach innen,
  Das Centrum findest du da drinnen
  Woran kein Edler zweifeln mag.
  Wirst keine Regel da vermissen,
  Denn das selbstständige Gewissen
  Ist Sonne deinem Sittentag.

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  Genieße mäßig Füll’ und Segen,
  Vernunft sey überall zugegen
  Wo Leben sich des Lebens freut.
  Dann ist Vergangenheit beständig,
  Das Künftige voraus lebendig,
  Der Augenblick ist Ewigkeit.”


「ただちに内部に向かえ、
 そのなかに中心が見つかる。
 どんな貴人もそれを疑いはしない。
 きっとそこに規則が見つかるだろう。
 独立の良心こそ
 君の道義の日の太陽なのだから。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 ほどよく充実と浄福を楽しめ、
 生が生を楽しむところには
 常に理性をあらしめよ。
 そうすれば、過去は常住にあり、
 未来はあらかじめ生き、瞬間は永遠となる。」
 (「遺言」一八二九年二月作詩、から)


1年以上

私共、バウビオロギー測定技術士の測定する大事な項目の中の一つに電磁波というものが

あります。

電磁波とは、光に代表される波動です。

波動とは、何らかの同じようなパターンが空間的に伝播(次から次へ移る)する現象をさします。水面に石を落すと波紋が広がるのと同じです。

私達は、波動という現象により、感覚器(目、耳、鼻、舌、皮膚)を通して、身の回りに起こる現象を認識し、私達自身の存在が確認されます。

波動は私達が日常の経験を通して理解しやすい例と理解しにくい例があります。


理解しやすい例として、上の図のように水面に波紋が広がる現象があります。

なぜ理解しやすいかというと、下に挙げられるような特徴があるからです。

・パターンが媒体を通して伝播していく(この場合、媒体は水ですね)

・伝播していく実態を私達が日常的な身近な例によって認識しやすい

 (空気が媒体となる音波、大地などが媒体となる地震波など)


この場合、媒体となる水、空気、大地といったモノは、つきつめれば原子といった粒子であるという理論が19世紀の終わりに確立された原子論でした。

全ての物質は、原子という小さくて分割不可能な粒子からできているという理論でした。

確かにこのようなケースですと、全ての物質やエネルギーは粒子的な性質を持つという

側面が目立ちます。


理解しにくい例として、どのような現象があるでしょうか。

媒体がない場合は、波動は成立しないのでしょうか?

ところが、媒体がないとされる宇宙空間でも、太陽光は地球に届きますよね。

太陽光は、光、すなわち電磁波の代表です。

こちらは、当初、ニュートンが光の直進性から粒子説を唱えましたが、徐々に

電磁波の提唱者であるマクスウェルなどにより、波動説へと傾いていました。

ところが、量子論の提唱者であり、ノーベル物理学賞を受賞したドイツ人の物理学者

プランクによるプランク定数という形で、光は波動的な性質のみならず、粒子的な性質を

もちあわせる二重性をもつことが証明されたのです。


量子物理の発展により、今では全ての物質やエネルギーが粒子的、かつ波動的な性質を

二重にあわせもち、どのようにふるまうかという理論が確立されています。

実用面では、産業のコメといわれるほど、現代文明に必要不可欠な半導体を生み出し、

それにより、パソコン、携帯電話などのアプリケーションへと利用されました。


さて、遅まきながら冒頭の動画の説明をさせて頂きたいと思います。

動画では、“音”が波動により、どのように物質にはたらきかけるかという例をしめしています。(音波)

皆さんはオーケストラの演奏を聴きにいくと、演奏前に必ずそれぞれの楽器を一つの音にあわせてチューニングする様子を見ることがあると思います。

オーボエの「ラ」の音、“A(ドイツ語でアー)”の音でオーケストラの音をあわせます。

これには、国際基準として決まった値があり、基本的に440Hz(日本は442Hzなど)で

あわせるようです。

つまり、現代では、オーケストラでは440Hzという決まった周波数(ヘルツ)を基に、演奏

され、作曲家の時代(例:モーツァルトの時代は422Hz)とは大きく違う曲調になっています。周波数が高くなってきた理由として、文明発達が進むにつれ、社会のストレスが高くなり、より心理的緊張を生む、高い周波数の華やかな仕立てな曲調が好まれるようになったといわれています。

動画で比較されている内容として、一般的に「ラ」の音を、440Hzではなく、432Hzにすると、より暖かな、落ち着いた曲調になるといわれています。動画では、耳でその違いを聞き比べるだけではなく、音響板の上にきめの細かな粒子をまいて、そこから浮かび上がる幾何学的な模様を比べることができます。

このように、音波でも電磁波でも波動的な性質を持ち合わせるモノが実際に存在し、

皆様がその存在を見える形(幾何学的な模様)で確認できます。


つまり、私達の体においても、細胞レベルから全体の内蔵器官まで常に、波動による干渉を

受けていることは事実なのです。

音波でも、私達にとって限度をこえた音波(騒音など)が健康に影響をおよぼすように、

同じ波動的な性質をもち、私達の日常にとりまく、限度をこえた電磁波も、私達の健康に

影響をおよぼすことは最近では、あたり前の事実になっています。

バウビオロギーと振動による物理医学

作者:バウビオロギー測定技術士 本田 宗一郎

バウビオロギーと振動による物理医学

バウビオロギー測定技術士は、住まいのお医者さんです。 バウビオロギー測定技術士の患者様は、家です。 住まいの健康を整えることで、皆様の病気の予防や健康維持に繋がります。

7日 15 総合 255 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



バウビオロギー測定技術士 本田 宗一郎さん新着記事

水について..
1年以上



過去記事

バウビオロギー測定技術士 本田 宗一郎さんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
2位 うきうきビール生活 in フランクフルト
3位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
4位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
5位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
6位 Germany Today
7位 ディステル白兎さブログ
8位 フランクフルト気まぐれ日記II


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録