Welcome!

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

1年以上





申込みをしてから3ヶ月、クラス分け試験を受けてからさらに2ヶ月、計5ヶ月の後、本日、ついに語学学校に通い始めました!

nass3-2016-01-11T213A503A33-1.jpg

大学付属や私立の語学学校ではなく、Integrationskurs(社会融合講座)というドイツ連邦移民・難民局経由で申し込む、自治体から提供されている、新移住者・外国人を対象とした講座です。
概要は過去記事に記載したので、宜しければご覧ください。
VHS(Volkshochschule)市民学校 クラス分け試験&申込み手続き(過去記事)

授業が始まるにあたり、どんな先生かな、クラスメートはいい人だといいな、と少し不安になりながら教室へと向かいました。
私の通うVHSの教室は建物が新しくて環境はとても良いです。

クラス分け試験を受けて手続きをした時点では、20人が定員で、私が最後の1人ということだったのですが。。
(スペインで語学学校に通っていた際は公立の学校はいつも20人くらい、頑張って発言しないといけないし、いろんな個性が集まっていて、カオスだったのです。切磋琢磨できて良い面もたくさんあるのですが。。20人ってちょっと理想よりも多いんだろうな、なんて思っていました。)

本日授業初日、行ってみて驚きました。
10人しかいないのです。拍子抜け。
(遅刻して1名増えたのですが、次の休憩時間の間に帰ってしまいました。何だったのでしょう?)
先生の目が行き届いて、私たち生徒の声も届いて、ちょうど良いサイズ感でした。
明日から増える可能性もありますが。

国籍は見事にバラバラ。
ウクライナ、ブルガリア、トルコ、パキスタン、シリア、インド、パナマ、ブラジル、エチオピア、そして日本。

アジア人がクラスに一人なんて、人生初めての経験でした!

最初の自己紹介で出身も発表していったのですが、私が「日本から来ました」と言うと、
先生が「そうだと思った!」
一同笑。
‥アタクシ、ティピカルジャパニーズミタイデス。。(^_^;)

ドイツ在住歴もバラバラだったので、初心者のクラスといえどもドイツ語力にはかなりばらつきがありました。
私はちょうど真ん中くらい。
とはいえ、母語との共通点、努力、などによっていくらでも左右されそうです。ついていけるよう頑張らなくちゃ。

年齢幅は19-36歳、平均年齢はちょうど30歳くらい。
自治体提供のクラスにしては想像より若めでした。

先生は2名交代で教えてくださるそうで、少なくとも今日の先生はフィーリングも合うし、熱心に教えてくださって、質問にも誠実に答えてくださったので、よさそうです。
生徒もやる気あって(長く持続することを願う。私含め。)、感じの良い子たちばかりです。

4時間の授業、長いかなと思いましたが、楽しくてあっという間。
なかなか良いスタートをきることができました。


シリア人の子とパナマ人の子と休憩時間にたくさんお喋りしました。

パナマ人の男の子はゲイなのですが、ドイツ人の彼氏がドイツで仕事をするのでついてきた、と。
パナマ人なのでスペイン語が通じるので英語よりもスペイン語、な私には癒しでした。
ただ、私のスペイン語力が‥ ドイツ語→スペイン語(ところどころ英語)の切り替えがうまくいかず、言葉のコンタミネーションが起こったのと、スペイン語を忘れてきたのと、パナマスペイン語が早いので、思うように言葉が出てこず、ちょっと落ち込んでしまいました( ; ; )
でも彼にとっても唯一スペイン語が話せる私がいてよかったみたいで、カフェにもトイレにも誘ってくれて、帰りも待ってくれて一緒に帰りました。笑

シリア人の女の子は家族と一緒に難民としてドイツへ来たそうですが、受け入れ先の地域では30代までのドイツ語クラスが定員一杯で何ヶ月も入れないというので、彼女だけ、名前を家族と住んでいる地域から抜いて、この地域に移してこのクラスにやっと入れたそうです。
ボルドーのマニキュアがとってもおしゃれで、明るくてやる気があって、大変な思いをしているだろうにたくましいです。


スペインに引き続き、それぞれに様々なバックグランウンドがあって、ここにいるんだなぁ、と当たり前のことですが実感。


ドイツへ来て約5ヶ月、ついに、やっと、私にとってのドイツ生活が始まったといった感じです。
今後ドイツに何年いる、といった期限は決まっていないので焦る必要はないのですが、なるべく早く言葉でのストレスを感じないくらいになれるよう、ドイツ語の勉強も頑張りたいと思います♪


新聞やテレビを自分で理解して、政治・経済なんかの様々な事柄への自分なりの判断材料を作りたいし、
ドイツの食・宗教・建築・音楽などの文化面にも興味があるし、
ドイツ国内・オーストリアやスイスなどのドイツ語圏への旅行も、さらに楽しくなるはず!

わくわく!







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

1年以上





先日、家にお友達が遊びに来た記事を書きました。
ロンドン在住韓国人のお友達と家で鍋パーティー(過去記事)

家に一泊二日してくれたのですが、そういう、お友達や家族が遊びに来た時に活躍してくれているのがIntexのエアーベッドセットです。
Intex Luftbett Classic Downy Blue Queen Set, Blau, 152 x 203 x 22 cm / 4-teilig(Amazon.deサイト)

DSC06563.jpg

空気を入れるとマットレス・枕になり、床にそのまま置いて、シーツ・枕カバーをかけて使っています。
来客時以外にも、キャンプはもちろん、小さい子供がベットじゃ不安な時に床に直に敷いても使用できそう。

我が家のものは、152 x 203 x 22 cmのマット、枕二つ、空気を入れるポンプがセットになったものです。
使用するときだけ空気を入れて、使わない時には空気を抜いて小さな箱にしまってタンスでもクローゼットでも、コンパクトに収納できるので、大変便利です。
DSC06564.jpg

寝心地も、悪くない!
空気の入れ具合によって、お好みの硬さにできます。


セットのポンプで空気を入れるので、手が疲れますが、もし電動エアポンプ(Boli Elektrische Luftpumpe Pumpe für Aufpumpen sowie Entleeren, Elektrische Luftpumpe für schnelles Elektropumpe Gebläsepumpe, BL6001-EPUMP←こういうの。)があれば、楽そうです。

我が家は電動ポンプ、持っていなかったので手分けして膨らましました。
みんなで家庭用プール膨らますような雰囲気で、これはこれで楽しいです。笑
空気を抜くのは一瞬です。


私が12月に日本へ一時帰国している間にも夫の友人がドイツに遊びに来ていたのですが、このエアーベッドを使ってもらって男二人、別々の部屋で寝ていました。笑
別に私の場所に寝てくれて構わないのに!


家に泊まってもらうのは、家で夕食を食べてもらったりお酒を飲んだりして、ホテルへの移動や帰ることを気にせず、そのまま皆ですぐ寝られるので、気持ち的にも楽ですね。
ちゃんと帰れたかな?何て心配しなくて済むので、こちらとしても楽です。

本当は来客専用のベッドルームでもあればいいのでしょうが、必要なときだけこういった便利グッズに頼るのも、部屋を無駄なく有効活用できるのでなかなか良いです♪







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

1年以上





スペインで知り合い、現在ロンドンに勤務の韓国人のお友達(でも香港とかアメリカとかかなりグローバル!)が、
今月2日にドイツの我が家に一泊二日で遊びに来てくれたので、夜ご飯は家で鍋をすることにしました。
冬休みを利用して、ケルン、デュッセルドルフ、ストラスブール、フランクフルトと、一人旅してきたそうです。

我が家も旅行から前日深夜に帰宅したばっかりだったので、何にもおもてなしできず、残念。
せっかくだからおせち料理とかお雑煮とか作ってあげたかったのですが。。

IMG_0340.jpg
せめてもという感じで、ちょっとお正月っぽい飾りを使いました。

日本からもっと日本ぽい飾り物買った来ていたのですが、ドイツへ帰国した翌日から旅行に行ってしまったので、荷物がカオス、段ボール開封前だったのです。

メニューも簡単に、しゃぶしゃぶ!
このお友達、かなり大食いなんです。
なので、3人ですが、肉2.5kgを購入!笑
牛と豚と半々です。
うちは夫と私の2人世帯なので、こんなに一度にお肉を購入することって滅多にないです。

ということで、大きなブロック肉2つを、以前ご紹介したことのあるSiemens Allesschneider(家庭用スライサー)で薄切り肉にカット。

スライサーを紹介したときの記事はこちらです。家庭用フードスライサーで薄切り肉 Allesschneider ドイツ(過去記事)
スライサーはこちらです。(Amazonサイト)Siemens MS42006N Allesschneider
なんか‥私が購入した時よりもさらにお安くなっている(T_T)笑

私が野菜とかお豆腐とかの準備をしている間に、
夫が15分くらいでやってくれて‥
IMG_0343.jpg
こんなにたくさんの薄切り肉ができました!

お友達も、こんなにー!!!!!と喜んでくれました。
(結果的に、2/3くらいこの日にいただき、残りは小分けにラップして冷凍ストックにしました。)


合わせるお酒はまずは日本酒!
IMG_0348.jpg
福寿の大吟醸!

お友達、日本のことをよく知っていて、大吟醸だ!高級だ!と騒いでしました。
そうです、これ結構高級なやつです。笑
それだけあって、かなーり味わい深い!
甘くはないけどコクがあって、私はかなりこれ、好きでした。
結果、ほとんど私が飲んでました。。(^_^;)
mit さきいか。笑

あとはドイツのスパークリングワイン、スペインカタルーニャのカバ(CAVA=シャンパンと同じ製法で作られているスパークリングワイン)、スペインカタルーニャの赤ワイン、ドイツの冬季限定ビール。。

いっぱい飲みました。3人なのに。。

そして野菜も肉もたっぷり、しゃぶしゃぶを美味しくいただき、最後に「辛ラーメン」でシメ!
安定の美味しさです♪

ドイツで辛ラーメン食べると思わなかったよー、とお友達も楽しそう。

デザートは、お友達がストラスブールから持ってきてくれた、
IMG_0328.jpg
アルザスワイン。
甘すぎず、とっても美味しかったです。
さすがにこれはボトル半分くらいでやめたので、後日私がちびちびやってます♪

チョコレートも買ってきてくれたのですが、お腹いっぱいで入らず。
IMG_0334.jpg

軽く、クッキーだけつまんで、紅茶をいただいて、楽しい食事を終えたのが午前1:30。
すぐ寝ましたが、翌朝‥というか、翌日夕方くらいまで辛かったです(^_^;)

旅行で疲れているはず&たくさんワイン飲んでたお友達はピンピンして早起きしてシャワー浴びて、ロンドンへと去って行きました。
さすが韓国人、お酒強いし体力あるなぁ!
羨ましいです。


お友達が家に来るのって、とても嬉しいし楽しくて好きです♪
また誰か遊びに来てくれますように!







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





日本に一時帰国した時は、いつも荷物の重量と容量との戦いです。
いかに日本食材・日本の商品を詰め込めるか、どんどん技術が向上しているように思います(^_^;)

過去記事にも記載した通り、今回は成田→フィンランド(経由地)がJALのフライトだったので、23kg×2個までの預入れ荷物でした。
なので、スーツケースと、ダンボール、それから機内持ち込み手荷物。
両親に呆れられながらも、一生懸命に荷物を運びました。

こちらが戦利品!
DSC06556.jpg
DSC06557.jpg

・日本酒の本『日本酒の基』(好きが転じて唎酒師の方が勉強する5000円以上する本格的なものを購入してしまいました。)
・雑誌各種(『Hanako FOR MEN 日本酒&寿司』・『 OCEANS Winter style 2016』・『Tarzan 太らない食事学』・『CREA Traveller 憧れのリヴィエラ』)
・冷えピタ(爆買いで人気商品だというので買ったみた。)
・貼るホカロン(スペイン在住の時は必要なかったけれど、ドイツでは必需品!なんでヨーロッパにないのでしょう。)
・和風箸置き
・重曹・クエン酸(ドイツでも購入できるけれど比較してみたかったんです。)
・サランラップ各種(日本のものはストレスフリー。)
・キムチの素
・醤油
・料理酒(いつもは紹興酒や白ワインで代用。)
・そうめん
・揚げずにからあげ(からあげは外人にウケが良いのでパーティーで使えるかと。)
・昆布
・とろろ昆布
・すしのこ(いつもは酢と砂糖で作っているけどちょっと化学っぽいのも美味しい。)
・ふりかけ各種(夫のおむすび用)
・ホットケーキミックス
・カレールー、シチュールー
・味噌汁の具(味噌汁以外にも酢の物とかに使えます。)
・無印良品のカレー(お友達がもたせてくれました♡)
・乾燥よもぎ
・白玉粉
・杏仁豆腐の素
・抹茶ムースの素(富澤商店のもの、外人ウケが良いです。)
・切り干し大根
・乾燥ひじき、五島三菜、乾燥ひじき人参
・高野豆腐
・にがり(お豆腐作ってみようと。)
・一風堂のインスタントラーメン(たまらん♡)
・手巻き寿司用海苔
・お茶用パック
・緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶
・生姜のど飴
・半月(お友達がもたせてくれました♡)
・もりの漬物(お友達がもたせてくれました♡最高!)
・歯磨き粉
・ヒアルロン酸化粧水
・夫の資生堂のメンズシャンプー
・和風ポチ袋
・和風一筆箋
・和風ふきん(ヨーロッパの洗濯機で洗うとすぐテロテロになるので手洗い必須だけど可愛かったので。)
・虎屋さんのカレンダー
・和食器
・伊勢丹で購入した和テーブルウェア(和紙のテーブルマット、和風のコースター、和風のボトル飾り)
・夫のスーツ
・夫の仕事用ワイシャツ三着
・ユニクロ各種(ヒートテック・デニム・カシミヤニット・靴下・マフラー、等)
・iPhone・MacBook Air

DSC06548.jpg
・日本酒(浦霞、満寿泉、楯野川、真澄、が私が持ってきたもの、あとは友人が持ってきてくれたもの。)

DSC06545.jpg
・焼酎(宝山3種←一番右のが私が持ってきたもの、左二種は友人が持ってきてくれたもの。)

はぁ、重かったです。
今ふりかえっても、よくやりました。執念です。
空港まで夫とその友人が迎えに来てくれたので助かりました。

ダンボールの中、カオスでした。
DSC06542.jpg

でも、お酒類も一つも破損せず、無事に持ってこられて、
しかもフランクフルトの空港でも追加課税されることなく(過去記事→免税適用 日本に一時帰国中の買い物(実践編))、
持ってくることが出来て良かったです。

しばらくはドイツでも癒しの生活が送れます。
でも、日本の年末年始、過ごしたいなぁ。
年越しそば、紅白歌合戦、ゆく年くる年、初詣、初日の出、おせち、お屠蘇、親戚で集まるなど‥
次帰国できるのはいつかなぁ‥







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





日本での一時帰国で、とっても楽しいのが買い物!
海外生活3年目ですが、今回の帰国で初めて、日本人でも海外在住で一定の条件を満たせば、日本での買い物が免税適用になると知り、実践しました。


1. 免税適用の対象者・物品・店舗など

過去記事をご覧ください。
免税!国外在住者が日本に一時帰国したときにも適用

※日本入国の際の入国スタンプがかなり重要です。
自動化ゲートを通らないようにご注意ください!


結論から言うと、かなりものが消費税分の免税適用になります。
パスポートの携帯が必須です。どこへでも持ち歩きましょう。
今まで知らずに買い物していたのが勿体無い!
(日本経済に貢献したと思いましょう。。)


2. 私が今回免税で購入したもの。

Apple Store銀座
SIMフリー iPhone6s
→購入時にパスポートを見せると、消費税を抜いた金額を提示してくれるので、その分だけ支払う。
周り、中国人だらけ!スタッフの方も皆さん中国語・英語が堪能!
最初は中国人のスタッフかと思い、日本語が話せる方をどうやって見極めようと悩みましたが(笑)、私が話した少なくとも4名は皆さん日本人でした。言語が堪能ですごいなぁ!
98800円の消費税分ってかなり大きいので免税で購入できてよかったです。
SIMフリーはApple Storeとオンラインのみで購入可能とのことで、免税で購入するには銀座・有楽町など所定のApple Storeに行く必要があるそうです。

ヨドバシカメラ
MacBook Air・iPhone用のケース・画面保護フィルムなど
→レジでパスポートを見せると、消費税を抜いた金額を提示してくれるので、その分だけ支払う。

阪急メンズ館
夫のスーツ
→店舗で通常通り買い物して、そのレシートとパスポートを1F免税カウンターで提示。
手数料を引かれた6.9%?程度を現金で返却してもらえる。
免税カウンターでは日本語がすごく堪能な可愛い中国人の女性が対応してくださりました。日本へ来て3年目とのこと。活躍していて偉いなぁ、と、こんなところで刺激を受けました。

スーツカンパニー
夫のワイシャツ3枚(ノンアイロンでお手入れ簡単!)
→レジでパスポートを見せると、消費税を抜いた金額を提示してくれるので、その分だけ支払う。

ユニクロ
ヒートテック、カシミヤニット、デニム、靴下などを爆買い。笑
→レジでパスポートを見せると、消費税を抜いた金額を提示してくれるので、その分だけ支払う。

東急百貨店(渋谷)
日本酒・焼酎
→レジで免税したい旨を伝えると、免税カウンターでは密封されてしまうため、その前にこちらで分厚めにパッキンしましょう、と丁寧に梱包してくださりました。
その商品とレシート、パスポートを5Fの免税カウンターで提示。消費税分を現金で返却してもらえます。
お酒が重いので、と、お酒売り場の店員さんが免税カウンターまで荷物を運んでくださりました。感動!

伊勢丹(新宿)
食器・和小物など
→店舗で通常通り買い物して、そのレシートとパスポートを本館6階の外国顧客カウンターで提示。
手数料を引かれた6.9%を現金で返却してもらえる。
この外国顧客カウンターが激混み!!窓口が5つくらいあるのに行列!しかもお客さんちゃんと並ばない;
対応してくださった台湾人の女性は、日本人と結婚してずっと日本にお住まいだそうで、言われるまで日本人だと思ってしまうほどのパーフェクトな日本語を話されていました。すごい!


他にも免税で購入したものがあったかもしれませんが、思い出せるのはこのくらいです。。
本当は食料品の買い物も免税適用のスーパーに行きたかったのですが、時間切れで、近所の免税対応していないところで済ませてしまいました。
どこで買い物の際にも、購入の際に、一時帰国中なのですが、免税手続きは‥と尋ねると、パパっと対応してくださりました。

日本での買い物、言葉が楽なのももちろんですが、お店の方の一歩も二歩も進んだサービス精神が痒いところに行き届いていて。。
こういうのを感じると、日本に住んでいたらなぁ、友達も家族も近くにいるし、医療制度なんかも熟知しているし、やっぱり自国に暮らせるのは幸せなことだなぁ、なんてしみじみ感じてしまうのです。

スペインはスペイン、ドイツはドイツで良いところいっぱいなのですがね。
元気いっぱい、刺激を求めてアクティブに動ける時はいいのですが、疲れた時や病気の時なんかは、今でも日本が恋しくなってしまいます。


さて、決まりでは、国外に持ち出すまで密封容器に入れて、国内では開封しないように、というはずだったのですが、ほとんどの店舗で、国内在住者と同じ商品の扱いでした。
この辺は結構適当なのでしょう。

手続きの度にパスポートに購入記録票という紙が貼られていくのですが、免税で買い物しすぎて、パスポートがかなりの分厚さに。笑
もっと本格的な爆買いの方なんて、どんな状態になるのでしょうか。興味があります。


3. 日本出国にあたっての注意点・空港での手続き

Apple Storeでは、出国するまで開封しないように注意されました。
東急百貨店では、密封容器に入れてくださりました。
ユニクロでは、このような注意書きをいただきました。
DSC04689.jpg


空港の税関(成田・羽田共、セキュリティチェック後・出国審査前)にパスポート等に貼付された購入記録票を提出します。
結構な量を購入したので、色々質問されるかな、とすごく構えて行ったのですが‥
税関に若い男性が一人立っているだけ、行列もありません。

私:一時帰国で免税で買い物したのですが‥
税関職員:パスポートに貼ってある紙を剥がして提出お願いします。
私:はい。(全部自分で剥がして提出)
税関職員:ありがとうございます、結構です。

‥え?笑

拍子抜け。
これだけでした。
紙をしっかり見ることもなく、荷物を携帯しているかチェックされることもなく。。!!

これじゃ、免税で購入したMacBookとかiPhoneとか、家族にあげたり、5%割引で売ったりできちゃうよ!
ま、ちゃんと店側にも控えがあるし、パスポート番号なんかも伝わっているので、そんな不正はさすがにできないかと思いますが。
でも服の一枚、食器の一枚なんて、国内に置いてきてもわからないくらいのあっさりでした。

他の国は税込みで購入して空港で手続きして税金分を返却、というパターンが多いですよね。
こちらとしては現在の日本のシステムの方が楽で有難いのですが、、
日本は人がいいというか、性善説ですね。


4. フランクフルト空港での税関

私が最も恐れていたのがここです。
悪名高き、フランクフルトの税関。

世界的バイオリニストが所有するバイオリンを申告漏れで押収されたり、サッカー選手が個人の腕時計を没収されたり、トラブル続きだそうです。
そして、アジア人が引っかかりやすいとか‥

預入れ荷物をピックアップ後、申告物がない場合は緑のゲート、申告が必要な場合・判断しかねる場合は赤のゲートを通ります。

私は今回、高額なiPhoneとMacBook Air、それからお酒を5本所持していたので赤のゲートを通りました。
(お酒は3本までは免税ですが、それ以上は課税。)

それ用に、このような値段換算の紙を飛行機内で作成。
DSC04715.jpg
これはお酒用ですが、きっちりiPhoneとMacBook Airのも作りました。

※日本で買い物したもののレシートは所持していた方がいいと思います。

そうしたら‥
赤のゲートに誰もいない‥笑
緑のゲートではしっかり見張って、ランダムに荷物を開けさせたりしてチェックしているのに。。

赤のゲートのところでしばらく右往左往。。
そうしたら、緑のゲートで見張っていた職員の一人が私に気づいて、近づいてきました。

私:日本で買い物して免税範囲を超えるものがあるのですが。
税関職員:iPhoneとMacBook Airは君が使うんでしょ?それくらいは皆持って出入りしてるからいいよ。お酒は?アルコール分何パーセント?
私:ワインと同じくらい、14%くらいだと思います。
税関職員:そのくらいなら大丈夫、通って!

‥え?笑
ここでも拍子抜け。

私みたいな雑魚キャラは、全くお咎めなしのようです(^_^;)

でも、もし自己判断で緑のゲートを通って、申告逃れになったら膨大な罰金もあるので‥
やはり赤のゲートを通って一応申告してみるのが正解だったと思います。


ということで、ドイツまで、無事にたくさんの品物をお得に持ち帰ってくることができました。
それにしても拍子抜けするくらい簡単なことが多かったです。
ネットを見ても皆さん同じのようで。

ただ、決まりではもう少し厳しいはずなので、今回の体験は一例ということで、判断は自己責任で。

これから厳しくなる可能性もありますし、、
なるべく申告、申告、していった方が良いと個人的には思っています。

日本国外にお住いの方の参考に少しでもなれば幸いです。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

作者:Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

ドイツ在住Nassyの生活スタイル紹介ブログです。
スペイン、ドイツの生活・お役立ち情報や、そのほか旅行のことなど。

7日 613 総合 1259 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Nassyさん新着記事



過去記事

Nassyさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
2位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
3位 うきうきビール生活 in フランクフルト
4位 ディステル白兎さブログ
5位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
6位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
7位 Germany Today
8位 えく子のローテンブログ【ドイツワインとお土産と日本人宿】


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録