Welcome!

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

1年以上





一時帰国でとても楽しみにしていたのが、歌舞伎鑑賞。
もともと歌舞伎好きとかそういうわけではなかったのですが、海外でオペラを観てまわっていて、ふと、日本の伝統芸能にも興味が湧いてきたのです。
それでなんとなくネットで探していたら、ちょうど十二月大歌舞伎があるというので、挑戦してみることに。

DSC04124.jpg

知識も全然ないのですが、イヤホンガイドがわかりやすいとの前評判を聞いていたので心配もせずわくわく♪
チケット発売開始時間が日本時間の10:00~だったので、頑張りました、ドイツでは深夜2:00~です。
貴重な機会を逃すまいと、必死に目をこじ開けていました。


-昼の部-
DSC04171.jpg
本朝廿四孝 十種香
赤い陣羽織
重戀雪関扉

-夜の部-
DSC04150.jpg
妹背山婦女庭訓 杉酒屋
妹背山婦女庭訓 道行恋苧環
妹背山婦女庭訓 三笠山御殿


チケット購入の際、昼と夜のどちらにしようかと悩みましたが、チケット取れそうだったので思い切ってどちらも取ってしまいました。
発売開始時刻に合わせてチケットweb松竹にログインの上、どちらも二席ずつ無事に確保。
(会員登録はちゃっかり前日に済ませていました。)

3階A席ですが、発売から約30分でほとんどの席が売り切れていました。
特に土日の分は競争率高めのようです。

昼の部は平日に母と、夜の部は日曜に友人と行きました。

平日昼の鑑賞の際、平日なのにすごい人だねぇ!と母と話していたら、
坂東玉三郎さんが出演するものはいつも一瞬で売り切れるんだよ、と隣の席の紳士が教えてくださりました。
何も知らずに二回も見に行けてラッキーでした。


東銀座の歌舞伎座、外観も圧巻。

DSC04124.jpg

DSC04145.jpg
改装されて以来、内部へ入るのは初めてでした。

全然知識がないから何だかわからないけれど、すごい絵。
DSC04133.jpg

絨毯も素敵。
DSC04135.jpg

幕間には、幕の紹介もありました。
DSC04137.jpg
DSC04140.jpg
DSC04141.jpg
DSC04142.jpg
どれも美しい‥!!


母と行った時には、お昼だったので、お食事も予約しておきました。
HPからインターネット予約ができるのです。近代的!

3階花篭での花かご膳にしました。
予約だけ予めしておいて、当日、一階のお土産物屋さんの近くでカードでお支払いすることができました。

3階席だったので、お食事会場へは一番乗り!笑
DSC04164.jpg
予約した方の名前が立てられていて自分の名前のお席に通されます。

わくわく♪
DSC04168.jpg

なんて綺麗!!
DSC04169.jpg
これにご飯と茶碗蒸しが後から運ばれてきました。
幕間の約30分間でいただかなければならなく、もったいない気がしてしまいました。
貧乏性。。
全て手の込んだ和食で、幸せでした♡


歌舞伎の内容も期待以上に面白く、とても素敵な経験となりました。
これはしばらくハマってしまいそう。
日本に住んでいたら一幕席なんかで気軽に行けるのにぃ!なんて思ってしまいました。

イヤホンガイドも前評判通りとてもわかりやすく、初心者でも十分に楽しむことができました。
ちなみにイヤホンガイドは入場開始前に歌舞伎座の外で貸し出ししていて、返却は歌舞伎座内でした。この際、デポジットを返していただくのをお忘れなく♪


平日昼はお着物姿は少なかったけれど、日曜の夜の部はお着物姿がたくさんで華やか。
ツアーで来ている雰囲気だった若い女性たちも、勢揃いでお着物姿で、羨ましくなってしまいました。

まだ次いつ帰国できるかわからないけれど、次回の一時帰国の機会には是非また頑張ってチケットを入手して、お着物を着て、歌舞伎鑑賞したいです。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





一時帰国の時のお土産っていつも悩みます。

義理のものはもうあんまり買うのは辞めようと思うのですが、やっぱり、「一時帰国するよ、会おうよ」なんて友達に声掛けて回って、あの子にはこれ、あの子にはこれ、なんて楽しくなって、お土産たくさん抱えての帰国になってしまうのです。

最近、私の周りは出産ラッシュ、小さい子供がいる友達が増えてきたので、普段は縁のない子供グッズを見るのがとても楽しかったです。

子供用の歯ブラシ。
DSC02975.JPG
妊娠中の友達が、「ドイツの子供用歯ブラシってやわらかくて使いやすいらしいよ」と教えてくれたので、どんなものか分からないけれど、買ってみました。
友人の子供を実験台にしてしまうひどい人。

歯が生え始めた頃に使うゴムのと、
DSC02976.JPG
歯が生えてからの普通の歯ブラシ。
DSC02977.JPG

大人用歯ブラシは、日本のもののほうがヘッドが小さいので(ヨーロッパのが大きすぎ!)、慣れている日本のものをいつも使っています。
子供用は比べたことがないのでわかりません。日本のより大きのでしょうか?

それからWEKEDAのベビークリーム。
DSC02969.JPG
乾燥予防と、おむつでかぶれてしまったりするので、そういうのに効くみたいです。
この製品とはちょっと違うものなのですが、カレンデュラのクリーム、私もbaby&kids用をお風呂上りの保湿に使っているのですが、炎症を抑える効果があるそうで、乾燥や湿疹によるかゆみが治まります。

Dr.Hausohkaドクターハウシュカのフェースケアセット。
DSC01412.JPG
日本にも売っているようですが、お値段がかなり違うので。
ドイツだと、10ユーロ強でした。

バラマキ用にクナイプ等のバスソルト。
DSC02979.JPG
クナイプじゃない方、身体に良さそうな、漢方みたいな、ハーブの香りがしていました。

クナイプのバスオイルセット。
DSC02980.JPG

ドイツと言えばのハリボー。
DSC02985.JPG
日本でも買えるのですが、どうしても買いたくなってしまうのです。

それから実家の猫に缶詰め。
DSC02984.JPG
前にスペインの缶詰を与えてみたら、すごい勢いで食べたんです。日本のものより野性的な味だったのでしょうか?
ドイツのものにどんな反応を示してくれるか、楽しみです。
追記:すごい勢いでがっついていました。笑

うちの猫、もう17歳なんです。すごいおばあちゃん。長生きしてくれるといいな。
日本へ一時帰国して、ヨーロッパに戻る日には必ず、ありがとうねって声かけて、次もまた会えますように、といつも祈っています。

ハイデルベルクのクリスマスマーケットに行った時にGUNDELというベーカリーで購入した、シュトーレン。
(関連記事→ハイデルベルクのクリスマスマーケット
DSC03286.jpg
実家・義実家用です。
義母はクリスマスシーズンのヨーロッパが大好きだけど、今年は義父の仕事の関係でヨーロッパに来ることができなくて、リクエストでした。
比較用にALDIの安いのも添えて。笑
ハイデルベルクのGUNDELの方、実家で少し食べてみましたが、スーパーのものと違ってしっとり。とても美味しかったです。
ちょっとお高かったのですが、その価値あり!でした。

来年は自分でも作ってみたいな。

写真は撮り忘れてしまったのですが、フランクフルトの空港でみつけたおもちゃ。
幼馴染の子供に。
幼馴染もその旦那さんも、もの作るのが好きだから、こういうので子供ちゃんも才能を開花させてほしいと思って♪
トンカチで色のついた木の棒を叩いて反対側に押し込むような知育玩具です。

あとは空港のDFSで祖母へgivenchyの口紅、妹へHELENA RUBINSTEINのマスカラを購入しました。

皆、喜んでくれるといいな♡






ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





ドイツの生理用品 生理用品編(過去記事)の続きです。

IMG_8444.JPG

今年の夏のある日、スペインでビーチに女3人で行った日のこと…
タイミング悪く、来てしまいました。レディースデーが。
タンポン嫌いなので、海には入らず友人が楽しそうに海に入ってはしゃぐのを横目に、上だけ脱いでビーチサイドに転がっていました(:_;)

タンポン(Der Tampon)って、長時間使用するとトキシックショック症候群(TTS)の危険性があると言われています。
私の場合は長時間使用しなくても、身体がむくんだかんじがする。
それに、漏れないかとても心配。
出し入れもすごく嫌。
…なので嫌っていたのです。

でも、その海に入った子のうちの1人が衝撃発言。
「うちも今生理やねん。でも月経カップ使ってるし平気♪」と。

その時、月経カップなんて知らなかった私は、何事もない様子で海に入ったその子が輝いて見えました。
出し入れの嫌さはタンポンとそんなに変わらないけれど、TTSの心配もなく、漏れの心配もほとんどなく日常生活を送れるという月経カップには興味が出てきました。

アメリカ、カナダ、ヨーロッパなどではメジャーなものだそうで、ドラッグストアやエコスーパーなどに生理用品として陳列されています。


こんなブログの場合、本当は使用してからレビューするのが良いのでしょうが、しばらく一時帰国やら旅行やらでゆっくり時間がとれそうにないので(構えすぎ!?)、
まずは月経カップ(Menstruationstasse, Menstruations Kappe)について、調べた製品情報だけ書いておこうと思います。


月経カップの使い方
1.手とカップを洗って清潔にする。
2.縦方向に半分に折りたたむ。
3.U字型の丸みのある部分から膣に挿入する。(つまみの先端部分が1cm以上入らない程度)
4.カップの底をつまんで、左右どちらかの方向にカップを一回転させ、正常にセットされていることを確認。
5.取り出したら、カップの中身をトイレに流し、専用洗剤Diva washか低刺激の無香料石鹸とお湯で洗浄。
※カップの取出目安は最長10~12時間、1日2~3回以上。


月経カップのメリット
・ちゃんとお手入れすれば半永久的に使用できるので、経済的、そして地球にも優しい。エコ。
・トキシックショック症候群(TTS)の危険性がない。
・生理中でも替えを持ちかなくて良いので荷物にならない。
・経血(生理の血)の量や色・固まりを見ることができるので健康管理になる。
・漏れを気にしなくてよい。
・異物感がない。
・洗うのが楽。


月経カップのデメリット
・清潔に保つことが必要。
・ティッシュやウェットティッシュで拭いて、自宅に帰ってから洗浄するので良いとあるが、綺麗好きな人には外出先のトイレの個室に流しがないと嫌かも。


ドイツで販売されている主な月経カップ
①月経カップで最も有名なのが、DIVA CUP(ディーバカップ)というカナダ発の50年以上続くブランド。
DIVA CUP 【1】:30歳以下で、ご出産未経験者の方用(~約4cm)
DIVA CUP 【2】:30歳以上の方、または、ご出産経験者の方用(~約4.5cm)
※【1】か【2】かの対象は、おおよその目安で個人差がありますが、購入者の約8割の方は【1】を使用しているそうです。

DivaWash 177 ml:DIVA CUPの専用洗剤(低刺激の無香料石鹸とお湯で代用可)


②似たような製品でユーザー評価が高いもの。
CozyCup CLASSIC【1】:30歳以下で、ご出産未経験者の方用
CozyCup CLASSIC【2】:30歳以上の方、または、ご出産経験者の方用
※【1】か【2】かの対象は、上に同じく。おおよその目安で個人差があります。


どちらのブランドの物も、ユーザー評価がとても高いので、気になっています。


*****

関係ないのですが、日本では見たことのないものを発見してしまいました。
Pipi Pappe:女性が立った姿勢で排尿できる道具だそうです(@_@;)

スクワットの状態で用を足すのは時代遅れだとか書いてあります。
汚いトイレでの細菌感染のリスクが100%回避されるそう。

そうですね、こちらだと便座がないトイレや、あってもすごく汚いトイレ、など、日本の公園の公衆トイレよりも酷いもの、沢山ありますものね。
みんなどうしているんだろうと思ったら、スクワット…
それを回避するのにこんな道具まで発明されてしまったのですね。
昨年、南米旅行(トイレが一番大変だった(>_<))する前に知りたかったです。笑

それに足腰を痛めてしまった方とか、お年寄り、妊婦さん?などで立ち座りが大変な方には、良いかも。
驚きました。

*****

私ごとですが、年々、生理痛が酷くなってきます。
婦人科には異常なしと言われましたが…

母曰く、「早く子供産めっていう身体のサインなのよ」と…
新しいタイプの急かされ方をしています。汗

いやぁ、まだ旅行で行ってみたいところが沢山あるし、これからクリスマスマーケットだからグリューワインいっぱい飲みたいし、ドイツワインも色々試したいし、ムニャムニャ…
と、母による攻撃をかわしています(-_-;)






ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





こんにちは。今日は女性向けの記事です。
そう、Die Menstruation生理についてです。

きっとこのブログを読んでくださっているのは女性が多いと思うのですが、男性の方、全く関係なくてごめんなさい。
でも、昨日ドラッグスーパーDMに行ったら、生理用品売り場の前で男性が佇んでいて、しばらく悩んだ後、電話をかけて、
「長さは?羽根は?」なんて会話していたので、彼女か奥様か姉妹か…きっと買ってきてって言われたんだろうなと。
日本人の男性なら頼まれても拒否しそうでなものですが…優しいですよね。
ということで男性でも、優しい方には関係なくはないですかね?笑


まず、日本の生理用ナプキンはクオリティがとても高いです。
ものすごい技術で、吸収力が良くて、薄くて、肌に優しい製品ができあがっているようです。
ジャパニーズクオリティ万歳です。

それに比べて、スペインのもドイツのも…涙
日本の10年前のナプキンはこんなだったかな…というかんじ。
決して使えなくはないんです。現地の人たちはそれで生活していますから。

でも、一時帰国の機会がある度に、いくらか日本で購入して持ってきています。
ナプキンって、パッキングのとき、結構良い緩衝材になるんです。税関で荷物開けられたら恥ずかしいんですけど…

特に夜用は重宝します。
DSC02972.JPG

こちらの夜用じゃ、不安で安眠できない(>_<)
DSC02974.JPG
ね、薄いでしょう…?汗
ちゃんと分厚いのもあるんですけどね。やっぱり日本のものには敵いません。

日本から持ってくるのは、多い日用・夜用・ロング系の吸収勝負なものが良いでしょう。

こちらのものも色々試しています。

日本から持ってきた、軽い日用。
DSC02973.JPG
これは、ヨーロッパの最安値のもので代用可ですね。

こちらのナプキン(Binden)殆どの製品が、雫の量で多い日~少ない日が一目で分かるようになっています。
羽つき(mit Flügeln)かどうかも、文字や絵で明記してあります。
あとは、香りつき(mit Duftstoffe)かなし(ohne Duftstoffe)かなど。

ドラッグストアDMのプライベートブランドJessaのもの。
DSC02971.JPG
右2つ:Dry-Comfort-Oberfläche(ドライで快適な表面)
左2つ:Weiche Vliesoberfläche(ソフトなフリース状表面)
なんていう特徴も書いてあります。

こちらでメジャーなブランド、always。
DSC02967.JPG

別に悪くはないのです。普通に使っています。
ただ、日本にあるような、「吸収力すごいのに表面さらさら感」は諦めたほうが良いかもしれません。
10年前のウィ●パーのような、ビニール感です。

また、個包装されているものと、1個ずつむき出しで入っているものがあるので、それぞれ外出時の持ち運び用と、家のトイレに置いておく用と使い分けています。

箱入りはほとんどむき出し、ビニール入りのもむき出しのものがあるので、よく見る必要があります。
日本ではむき出しの生理用品ってなかったですよね。でも確かに家で使う場合は、個包装する必要はない気がします。
エコですね。

→ドイツの生理用品 月経カップ編に続きます。






ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





ブダペスト東駅に到着した日のこと。
プラハからブダペストへ移動したのですが、レトロさに驚き!
ちょっと不安になる…でもちょっと可愛いと感じる…そんな駅でした。

2015年夏ごろから、多くの難民がオーストリアやドイツへの列車に乗るために、このブダペスト東駅で寝泊まりしはじめ、難民キャンプのような状態になったり、
その難民たちを駅からの退去命令が出て、機動隊を含む警察が集結し、難民たちが抗議デモをしたりと話題になっていました。

現在(2015年冬)は、問題なく駅も列車も使用できるようです。
IDチェックなどは厳しくなったようなので、パスポートなどをお忘れなく。(←忘れないですよね。)

ホームへ降り立ったところ。
DSC05603.JPG
DSC05604.JPG

レトロなホームです。
DSC05607.JPG
DSC05606.JPG
DSC05611.JPG
DSC05612.JPG

お金をキャッシングしようと思ったのだけど…レトロすぎる機械に不安を感じ、諦めました。
DSC05608.JPG

出口へ。
DSC05615.JPG
このTAXIの表示はオフィシャルなものなでしょうか…
DSC05610.JPG


夕方5時の到着です。
中欧へ来たという実感。
いつもより緊張しながらホテル、Boscolo Budapestを目指しました。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy




案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

作者:Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

ドイツ在住Nassyの生活スタイル紹介ブログです。
スペイン、ドイツの生活・お役立ち情報や、そのほか旅行のことなど。

7日 1030 総合 1383 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Nassyさん新着記事



過去記事

Nassyさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
2位 うきうきビール生活 in フランクフルト
3位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
4位 Germany Today
5位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
6位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
7位 インナービューティークリエイター鈴木めぐみ
8位 Europe Style


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録