Welcome!

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

1年以上
今回のストラスブール滞在の最大の目的はクリスマスマーケットでしたが、私にはもうひとつ、目的がありました。
それは、アルザス陶器を買うこと。

Poterie d'Alsaceという、大聖堂のすぐ脇にあるお店に行きました。

ネットでも評判が良かったですし、2年前までストラスブールに住んでいた友人も「アルザス陶器を買うなら絶対にここ!」と教えてくれたのです。

こんな素敵な通りにあるお店です。(写真左手前)
DSC03692.JPG
DSC03699.JPG
この通りにはおしゃれなお店が並んでいました。

私達が入店したときはまだお客さんがいなかったのですが、商品を選んでいたら、すっごく沢山のお客さんが入ってきました。
フランス人のおばさまたち、5分もしないでちゃっちゃか決めて購入していて、即決ぶりに驚き!!笑

写真撮っていいですよ、と言っていただけたので、店内の様子を。
DSC03697.JPG
DSC03698.JPG
DSC03693.JPG
DSC03696.JPG
店内に所狭しと並んでいます。
写真に写っているものの5倍はあります。

どれも可愛くて悩みます。
ぽってりしていて重めなので、選んでいくのが大変。
私が決めていったものを夫が持ってくれていたのですが(笑)、よろしければレジのところで預かりますよ、と言っていただけました(*^_^*)

店員さんもすごく親切で、柄違いを指摘してくれようとしたり、
ひとつずつ新聞紙で丁寧に包んでくれたり(日本では当たり前かもしれないけれど、サービス砂漠ドイツに住んでいると感動します。)…

購入したもののうちのひとつは、注意点がありました。
DSC03949.JPG
こんなお店にしては珍しい完璧な日本語!きっとどなたか日本人が訳されたのでしょう。

 
そして今回私が購入したのはこちらです。
DSC03969.JPG 
思わずたくさん買ってしまいました。130ユーロの散財です。

家にあるのはスペインから持ってきた(譲り受けて自分たちで買っていない)IKEAの白いシンプルなお皿ばかりだったので、これからは食卓の雰囲気が変わるかな♪使うのが楽しみです。


この日の夜にディナーしたレストランでも、アルザス陶器。
DSC03799.JPG
かわいい!こういう形のも買えばよかった…!なぁんて…

大満足のお買い物になりました。


Poterie d'Alsace
3 Rue des Frères、67000 Strasbourg
http://www.poterie-alsace-strasbourg.eu/


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上
ストラスブール クリスマスマーケット 昼編(Strasbourg capitale de Noël)の続きです。

【関連記事】
ストラスブール クリスマスマーケット 昼編(Strasbourg capitale de Noël)
ストラスブールのヒルトンホテル Hilton Strasbourg


日が暮れるにつれて、イルミネーションが輝きはじめ、雰囲気が出てきました。
人もどんどん増えてきます。
DSC03713.JPG

よくストラスブールのクリスマスマーケットの紹介の写真で出てくる風景です。
DSC03724.JPG
人が沢山で、紹介写真のように綺麗に撮影できません。笑
そしてまっすぐは歩けません。

特にここ、Rue du Maroquinマロカン通りは、人が沢山でした。
DSC03727.JPG
クラシックなヨーロッパ風イルミネーションかと思ったけれど、意外とド●キホーテのような雰囲気のものもあります…(^_^;)

お花があって綺麗です。
DSC03730.JPG

特に人気だったのがここ、Rue des Orfèvresオルフェーブル通り・Rue du Chaudronショードロン通り周辺。
DSC03751.JPG
DSC03759.JPG
ホワイトクリスマス風でとても綺麗でした。
人の量もすごい!でも、身動きできないほどではありません。各々好きに写真を撮ったりしていました。

白雪姫の飾りからシャボン玉が噴き出していて、子供にも大人にも大人気でした。
DSC03760.JPG

昼に大賑わいだったNaegelのショーウィンドウに、可愛いアドベントカレンダーを発見。
DSC03757.JPG

昼に見たバカラのシャンデリア。
DSC03746.JPG
写真、シャンデリアの輝きまで綺麗に写らなくて残念です。
とても綺麗でした。

通りによってイルミネーションが異なります。
DSC03768.JPG
DSC03806.JPG

こちらはイルミネーションというよりライトアップ…
DSC03783.JPG

大聖堂の脇のイルミネーション。ここもストラスブールのクリスマスマーケットの紹介写真で使われているのを見たことがあります。
DSC03807.JPG

こんなに素敵な陶器のスタンドも出ていました。
DSC03771.JPG
繊細で美しくて、少し和風っぽくて、とても惹かれましたが、この直前にアルザス陶器を大量買いしてしまったので我慢(>_<)

本屋さん。
DSC03774.JPG
なんだかフランスってかんじです。
そうそう、ストラスブールから少し南に位置する、Colmarコルマールという街は『美女と野獣』や『ハウルの動く城』の舞台となった街だそう。いつか行ってみたいです。

木のおもちゃ屋さん。
DSC03777.JPG

これもおもちゃ屋さん。
DSC03714.JPG
かわいすぎて、子供がいたら絶対に買ってしまうなぁ…


一日中歩きまわって疲れたのと、寒すぎて、早々、18時すぎにレストランへ入ってしまいました。
でも大正解。
食事を終えて体力復活してから、20時のクリスマスマーケットクローズの時間まで、食後の散歩がてらマーケットを見ることが出来て良かったです。


食後のVin chaud rougeを。
ストラスブールはプラスチックカップが多いのですが、どうしてもマグカップが欲しくて、探しまわりました。
La Petite Franceラプティットフランスのほうでやっと可愛いのを見つけました♡
DSC03819.JPG
DSC03818.JPG
プラスチックカップは1ユーロ、マグカップはたしか3ユーロ、返却するとデポジットが返って来るのですが、持ち帰っても良いのです。
お土産に持ち帰ります。


いちばん賑やかなライトアップがある通り、Rue du Maroquinマロカン通りは夜になるにつれ、どんどん人が増えてきました。
DSC03784.JPG
DSC03788.JPG

いちばん大きなマーケット会場、Place Broglieブログリ広場は、身動きできないほどの人で溢れかえっていました。
DSC03779.JPG


心配しながら訪れたストラスブールでしたが、警備の方々に守られ、
キラキラのイルミネーション、人々の笑顔が集まって、とても暖かい空間でした。


Strasbourg capitale de Noël
2015年11月27日(金)~2015年12月24日(木)
http://noel.strasbourg.eu/en/accueil



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上
大好きな街、ハイデルベルク(Heidelberg)のクリスマスマーケット(Weihnachtsmarkt)に行ってきました。
ハイデルベルクは古城と大学の街で、街並みがとても美しいのです。

ハイデルベルク中央駅前(Heidelberg Hauptbahnhof)から32番のバス1本で30分弱、大学広場(UNI PLATZ)大学広場に降り立つと、そこはもうクリスマスマーケットの会場となっていました。
DSC03083.JPG
平日のお昼でしたが、子連れが多くてメリーゴーラウンドも動いていました。
DSC03072.JPG
腹が減っては戦ができぬ…早速腹ごしらえ。
DSC03066.JPG
Champignonソースのじゃが芋団子、Knödelです。マッシュルームのうまみがたっぷりで美味しかった♡
とても寒かったのでホットワイン(Glühwein)が身体にしみました。
カップもお皿もデポジットで、返却すればそれぞれお金が戻ってきますが、カップは可愛いので記念にお持ち帰り。お皿だけ返却しました。
DSC03080.JPG
持ち手のところがハートになっているのです♡
(ネイルしていない爪、お恥ずかしいなぁ…)

ほろ酔いで、路地裏探索。
DSC03086.JPG
ハイデルベルクは何気ない建物・街並みが中世そのままで美しいのです。
右手前の建物、クリスマスカラーですね♪

Marktplatzマルクト広場やKarlsplatzカールス広場のほうにもマーケットが出ています。
DSC03125.JPG
背景がハイデルベルク城なのがなんとも趣のある。
DSC03117.JPG
可愛い食器も売っていました。
DSC03121.JPG

さて、ハイデルベルク城へはケーブルカーだけでなく、乗り場左脇の小路から、階段でのぼっていく事も出来ます。
体力に自信のある方はどうぞ。(片道だけでも可)
DSC03127.JPG
体力に自信はありませんが、グリューワインで良い気分、勢いでのぼってしまいました。笑
300段ほどです。

のぼりきったところに可愛いお花が。
DSC03132.JPG
寒いのに綺麗に咲いていました。
桜のようなアーモンドのような…なんというお花でしょう?

ケーブルカーの線路。
DSC03148.JPG

そしてハイデルベルク城の入り口のところにもクリスマスマーケットの準備中でした。
こちらは明日(2015年12月3日)から始まるようです。残念(>_<)
DSC03149.JPG

今回はハイデルベルク城へは入場せず、奥にある庭を散歩しました。
17世紀に破壊された部分、外からも見えるのです。
DSC03162.JPG
すさまじい…

プファルツ継承戦争後、選帝侯は居館をマンハイム(Mannheim)というハイデルベルクから少し西へ行ったところにあるライン川とネッカー川が合流する地へ移転。
後継者のカール・テオドールさん(Karl IV. Philipp Theodor)が一度は修復を試みたそうですが、立て続けの2度の落雷により、断念したそうです。それでこのままの状態。

お城からはこんな絶景が見えるのです。
DSC00218.JPG

私事ですが、人生初ドイツ旅行をした5年前、日本からフランクフルト空港へ降り立ちすぐここへ来て、この美しい街並みにとても感動しました。
その頃はまさか自分がドイツに住むことになるとは思いもせず…
人生って不思議です。


のぼってきた階段をおりていきます。
DSC03166.JPG
返りは楽々。

少し暗くなってきて、ライトの灯が美しくなってきました。
DSC03169.JPG
スケートリンクも出ています。
DSC03217.JPG
さすがドイツ、スケートを習っているのか、すごいテクニックで滑る子たちが沢山いました。

ハイデルベルクのクリスマスマーケットはいくつか会場がありますが、聖霊教会前のMarktplatzが最も賑わっていました。
立地も真ん中だから人が集まりやすいのでしょう。
DSC03202.JPG
DSC03203.JPG
DSC03214.JPG
夕方になると人が増えてきて、食べ物もすごい勢いで売れていきます。
DSC03219.JPG


Gundelというベーカリーは、パンを買いに来た地元のお客さんでいっぱい!
ここのパン、とても美味しいのです。
DSC03220.JPG
お菓子もたくさん売っています。
DSC03225.JPG
カフェもあるので休憩にも最適です。

今回は、一時帰国にむけて、実家と義実家へひとつずつStollen(シュトーレン)のお土産
DSC03286.JPG

自分たち用にMohnstollen(ケシの実が入ったシュトーレン)
DSC03293.JPG
これ、すっごく美味しかったです!

Rüblitorte(キャロットケーキ)
DSC03292.JPG
ちょっと甘すぎ?スペインで食べるキャロットケーキのほうが好きです。
でも好きなので、どこでも見つけるとつい挑戦してしまいます…

Gundel
Hauptstraße 212、69117 Heidelberg
http://www.gundel-heidelberg.de/cms/iwebs/default.aspx


夜になるにつれ、仕事帰りの人も加わり、賑やかになってきました。
…とは言ってもまだ18時です。
ライフワークバランスばっちりのドイツ、すごいです…
DSC03227.JPG
DSC03232.JPG

Uniplatz大学広場へ戻り…
DSC03246.JPG
DSC03242.JPG

このクリスマス用品専門店Käthe Wohlfahrt(チェーン店)は、一年中、夏でもクリスマス用品を取り扱っています。
でもやっぱりこの時期が一番美しく見えます。
DSC03250.JPG
ドイツ人の友人は、高いからクリスマスの飾りは他のお店で買った方がいいよって言っていましたが、外人としてはやっぱり惹かれてしまいます(^_^;)

Käthe Wohlfahrt
Hauptstraße 124、69117 Heidelberg
http://www.wohlfahrt.com/bestofchristmas/


そしてまた32番のバスでハイデルベルク中央駅(Heidelberg Hauptbahnhof)まで戻りました。



ハイデルベルク中央駅とハイデルベルク旧市街の往復ですが、
ビスマルク広場(Bismark)という大きな広場に31番と32番のバス、1番と5番のトラムが中央駅から通じているので、そこを拠点にしても良いかと思います。
大学広場(Uniplatz)まで10分以上はかかりますが、歩行者天国のHauptハウプト通りは、お店が両脇に立ち並び楽しいので、あっという間に歩けると思います。


ハイデルベルクのクリスマスマーケット
2015年11月23日~12月22日
日~金 10:00 - 21:00
土 11:00 - 22:00
http://www.germany.travel/jp/specials/christmas/christmas-market-in-heidelberg.html


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上
ストラスブールでは、Hilton Strasbourgに宿泊しました。
予約した時点(10月中旬)で、ストラスブール内の特に中心地のホテルは満室のところも多く、あまり選択肢がなかったのですが、ここは運良く予約することができました。
クリスマスマーケットのシーズンはどのホテルも価格が約2倍か、それ以上に高騰しているようです。

ただ、パリのテロの影響からか、もともとキャンセル無料のを複数おさえていた方が手放したからか、1週間前になって多くのホテルに空室が出ていました。
その、空室が出たホテルのうちのひとつ、駅前にあるLe Grand Hotelというホテルのほうが中心地に近かったので、変更しようかと直前まで悩みました。

でも、ヒルトンも中心地からトラムで2駅程度、徒歩でも約20分、そんなに離れていないし、パリのテロの際にホテルが現場から離れていたのと、ホテルの対応が信頼できたので安心だったということもあり、
すこし外れにあるほうが安心かな、ヒルトンなら緊急時の対応もしっかりしているかな、ということで、そのままヒルトンに宿泊することに決めました。
(どこで何が起こるかなんてわからないですけどね>_< )

【関連記事】
【パリ同時多発テロ】サンドニ(Saint-Denis)のサッカースタジアムStade de Franceでフランスvsドイツ代表戦を見ていました
パリのお勧めホテル Alliance Hôtel Paris Place D’Italie(Place D’Italie)
【パリ同時多発テロ】自爆テロ直前・直後のStade de France(スタッド・ド・フランス)内 動画
ストラスブール クリスマスマーケット 昼編(Strasbourg capitale de Noël)

ストラスブール在住経験のある友人によると、今回悩んだLe Grand Hotelもとても良いホテルだったそうなので、次回訪れる際には宿泊してみたいと思います。


さて、ヒルトンの様子です。
トラムのB線・E線、Lycée Kléber駅から徒歩5分のところにホテルはあります。
駅からトラムの進行方向(中心地から来た場合)左前、北西方向に少し歩けばすぐにヒルトンの建物が分かると思います。

外観はこちら。
DSC03487.JPG
普通のヒルトンです。笑

私達のお部屋は3階でした。エレベーターを降りて廊下を進みます。
DSC03488.JPG

お部屋はこちら。
DSC03490.JPG
DSC03491.JPG

部屋の内側から扉方向。
DSC03492.JPG

3階からの景色はこちら。
DSC03499.JPG
周りには何もないけれど、治安も良さそうでとても良かったです。

バスルーム
DSC03493.JPG
快適な洗面台。ドライヤーも風圧強くて完璧でした。
DSC03494.JPG
極寒だったので浴槽があるのが嬉しいです。清潔感があってとてもgood◎
DSC03495.JPG
アメニティもちゃんとついています。

冷蔵庫もあります。
DSC03497.JPG

コーヒーなども。
DSC03854.JPG

夕方、お部屋にお水とメッセージが置いてありました。
DSC03850.JPG

クローゼットの中にはバスローブ・スリッパ・金庫・アイロンなどが入っていました。
DSC03498.JPG

とても快適な部屋です。
クリスマスマーケットが20時にはどこも閉まるため、普段の旅行よりもホテルにいる時間が長かったので、設備が整っていてゆったりした部屋でよかったです。

Wi-Fiはロビーでは無料で接続でき、お部屋では有料だそうです。
ただ、ヒルトンのポイントカードHHonorsの会員であることを伝えると、お部屋用の無料のパスワードを教えていただけました。


地下一階にトレーニングルームとサウナがあります。
DSC03848.JPG
DSC03849.JPG
ただ、サウナも男女共用です。
(フランスもドイツと同じく全裸で入るのでしょうか?)

ロビー階にはレストランやバー、奥の方にパーティー会場がありました。
それぞれ賑わっていました。

空港からのリムジンがホテルまで出ているらしく、ビジネス客らしき方も結構いらしゃいました。

思ったよりも立地も部屋も良くて、ほとんど選択肢のない中での選択ではありましたが、大満足な滞在となりました。


Hilton Strasbourg
1 Avenue Herrenschmidt, 67000 Strasbourg
http://www.booking.com/hotel/fr/hilton-strasbourg.html?aid=893354


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上
週末、1泊2日でストラスブールのクリスマスマーケット、Marché de Noël マルシェ・ド・ノエル(Strasbourg Capitale de Noël)に行ってきました。
2年連続で「BEST CHRISTMAS MARKET」を受賞している、とても有名なマーケットなのです。
Best Christmas Markets in Europe2015

フランス内最古のクリスマスマーケットで、なんと1570年から続いているそう。
もみの木でのクリスマスツリー発祥の地だそうです。

いつか行ってみたいという長年の願いが叶ってしまいました。

国境の警備が厳しくなっているとのことで…
フランス入国時、車輛は全て止められていました。
警察にパスポートを預けて5分くらい待機し、問題なければ通してもらえるようです。

まず、ストラスブール駅。
DSC03322.JPG
クリスマスの装飾がされています。
うきうき。

駅構内に出ていたインフォメーションで案内をいただきました。
DSC03501.JPG
警備強化の関係で中止となったイベントも多く、準備をしていた方たちには気の毒ですが、歴史あるマーケット自体は開催できて良かったです。
コンサート・ショーなどの出し物系のイベントが殆ど中止となっていました。

※期間変更もあったので、ご予定されている方はご注意ください。
11月27日(金)~12月31日(木)
→11月27日(金)~12月24日(木)

※トラムも停留所「Broglie」は通過、土日の開催時間帯は「Homme-de-fer」「Grand’Rue 」「Porte-de-l’Hôpital」も通過します。


警備はかなり強化されていました。
DSC03312.JPG
DSC03385.JPG
DSC03508.JPG
DSC03467.JPG
ただ、もっと頻繁にバッグの中を見せたりするかな、と思いましたが、そんなに厳しくはなかったです。
ラファイエットの中に入る時にバッグを見せたくらいで、マーケット内では一度も止められることがありませんでした。

開催時間帯は車輌は通行止、運搬の車や住民の方などはチェックポイントで検問を受けてから内部に入れるようです。
至る所で警備してくださっているので、安心感はありました。

クレベール広場Place Kléberではパリのテロ犠牲者の方への追悼の花やキャンドルがありました。
DSC03337.JPG


もっとピリピリした雰囲気かな、と予想していましたが、そんなことはなく、大勢の人々で賑わっていました。

まずは大聖堂。
DSC03558.JPG
大きくてすごい迫力です。

大聖堂の前にはフォアグラのお店が出ていました。
DSC03682.JPG
さすがフランスですね。

有名なパティスリーNaegelの前には人だかり。
DSC03396.JPG
装飾も可愛いし…
お菓子もすごく可愛かったです。
DSC03392.JPG
ストラスブール内で唯一、このお店で、たくさんのアジア人を見ました。笑

いちばん大きなマーケットはブログリ広場Place Broglieのものだそう。
DSC03531.JPG
昼から多くの人で賑わっていました。

アルバルド通りRue des Hallebardesにはバカラのシャンデリア。
DSC03384.JPG
アピールしています。笑
DSC03678.JPG

晴れてきました。きれい!
DSC03517.JPG

アドベントキャンドルも。
DSC03518.JPG

ワイン屋さんの、VIN CHAUDヴァンショー(ホットワイン)いろいろ。
DSC03519.JPG
飲み比べできるほどアルコール強かったらよかったなぁ…

VIN CHAUDを買う女の子たち。
DSC03520.JPG

お菓子
DSC03525.JPG
DSC03530.JPG
ドイツの、レープクーヘンLebkuchenみたいなのもあります。

コウノトリはストラスブール市の鳥、イメージキャラクターだそうで、至る所にいました。
幸せの鳥ですね♪
DSC03523.JPG
いすぎです…笑
DSC03905.JPG
夫が熱望していたコウノトリ手袋。
どうせ使わないでしょ、10日後には埃かぶって置いてあるのが目に見えているよ、と言って買わせてあげなかったけれど、すごく欲しがっていたからかわいそうだったかな…笑

ガラス製品
DSC03683.JPG
コウノトリもちゃんといます。
ドイツっぽい緑色の足のワイングラスもたくさん売っていました。

ストラスブールは時代によってフランスになったりドイツになったり…
ヨーロッパではそういうことがよくあるから、文化が余計に面白いんですよね。
その時代の方たちはたまったもんじゃなかったでしょうけれど…

日が暮れるにつれて人が増えて、賑わってきました。

天使のデコレーション
DSC03910.JPG

大聖堂の前
DSC03700.JPG
DSC03701.JPG

イルミネーションが綺麗です。
DSC03702.JPG
DSC03708.JPG


とても寒かったので、ホットチョコレート&Vin Chaud Blanc(ホット白ワイン)を。
DSC03906.JPG
ホットチョコレートにはココ、ナッツ、オレンジピールを好きなように入れられるようになっていました。
DSC03907.JPG

Tarte flambéeタルトフランべがとても美味しかったです♡
DSC03913.JPG
ふんわりとろーりしていました。

それから、また、Vin chaud rouge et blanc 赤白ホットワイン。
DSC03917.JPG
クレープも食べました。
DSC03919.JPG
Crème de marronsマロンクリームと、Grand Marnierグランマニエ。
どちらも美味しかったです♡

寒い中で飲むホットワインと美味しい食べ物、幸せーな気持ちになります。

→ストラスブール クリスマスマーケット 夜編(Strasbourg capitale de Noël)に続きます。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

作者:Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

ドイツ在住Nassyの生活スタイル紹介ブログです。
スペイン、ドイツの生活・お役立ち情報や、そのほか旅行のことなど。

7日 719 総合 1284 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Nassyさん新着記事



過去記事

Nassyさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
2位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
3位 ディステル白兎さブログ
4位 フランクフルト気まぐれ日記II
5位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
6位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
7位 Germany Today
8位 うきうきビール生活 in フランクフルト


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録