Welcome!

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

1年以上
日本から離れて、日本の流行りものの情報には疎くなるばかりですが、
(もともとあんまり興味がないほうなのですが…)
「チアシード」という単語くらいは、「あぁ、次代キヌア的な存在ね!」とかろうじて知っておりました。

栄養価バツグンで、「チアシードと水だけで人間が生きていける奇跡の食材」と言われるそうです。
ホントかなぁ?
昔、10年以上前ですが、「卵は完全栄養食だから!」と、卵しか食べなくて病気になった一人暮らしの男性の知人を思い出してしまいます…彼元気かなぁ。笑

たまたま、近所のスーパー、ALDIで噂のチアシードとやらを発見したので、購入してみました。
ただ、Alnaturaでも見つけて、洗えないのでAlnaturaのbioのを買えば良かったかな。。とちょっと後悔してみたり。

DSC02133.JPG

食べ方はネットに色々書いてあって、
・水にふやかしてそのまま飲む
・スムージーに入れて飲む
・ヨーグルトに3-4時間つけておいてチアシードヨーグルトとして食べる
・米と一緒に炊く
・ドレッシングに混ぜる
・パンやマフィン、スコーンなどに練りこむ
など、様々のようです。
(これもキヌアと似ていますね。)

ゴマと違って、噛み砕く・すりつぶす、などをせずにそのまま飲みこんでも、栄養素はちゃんと吸収されるそうです。

あとは黒いチアシードよりも白いチアシードのほうが栄養価が高い、とか、膨張率が高いから満腹感が抑えられるとか…
これ書いてあるサイト、全部同じ商品が紹介されているから勝手にステマ認定してしまいました。。
他のサイトには栄養価は同じとありましたし、、別にどっちでもいいや…

加熱したら栄養価が変わる、という記述も見つけました。
たしかにたんぱく質は変性するでしょうね。ま、いいのです。
でも肉も魚も変性してもそれはそれで美味しいたんぱく質が摂取できますよ、と。
加熱によりオメガ3脂肪酸が熱に弱く、酸化するなんいうのも、種子中のオメガ3は加熱しても大丈夫というのも…
悩ましき情報化社会…(^_^;)
試してみたかっただけなので、そんなにこだわって最大限に栄養分を引き出さなくても、+αくらいになれば。

なので思いつきで、炊飯器でご飯と一緒に炊く、というのをやってみました。

1.いつもと同じようにお米をといで炊飯器のお釜に入れる

2.チアシードを2合につき大匙1杯程度入れる
DSC02135.JPG

3.水をいつもの1.3倍くらいに入れ、30分間ふやかす
(すぐに熱を加えてしまうと、チアシードが膨らまないそうです。)
DSC02138.JPG
↓約30分後
DSC02140.JPG

4.よくかき混ぜて、炊飯スタート

5.炊きあがり
DSC02144.JPG
うわっ最高にキモチワルイ…
混ぜたらマシになりました。
DSC02145.JPG

6.そのままご飯としてどうぞ♪
DSC02147.JPG


見た目はちょっと衝撃的でしたが、ゴマと思えば…
お味は、白米そのままというわけではありませんが、クセはなくて、食べやすかったです。

カレーや丼ものなど、お味が濃いおかずと合わせると抵抗がなく食べられると思います。


とってもお手軽に使えるし、ペルー旅行で買ってきたキヌアと、今回購入したチアシード、順番で活躍させてみようと思っています。
あれ?なんだかすごく流行りに敏感みたいな主婦みたいじゃないですか♪
(でもちょっと飛びつく時期が遅いですかね。あはは)


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy




1年以上
ドイツでも玄関で靴を脱ぎ、室内では裸足で生活しています。
玄関に段差がないから砂が入ってきやすくてザラザラが気になるし、
トイレとお風呂が一緒な上に、シャワーのお湯が毎回わずかに浴槽外に飛び散るので、衛生的にどうしても気になっていたんです。
なのでズボラ主婦Nassy、ついに自分で床拭くのが嫌になって、iRobotのBraava380を買いました!
同じくiRobotから出ているRoomba(ルンバ)の床拭きバージョンです。

DSC00878.JPG

いつもお世話になっている家電量販店、SATURNで269ユーロでした。
部屋の形状を把握するセンサー1個(電池入り)と、濡れ拭き用パットと雑巾・から拭き用パットと雑巾各1枚、充電機、すなわちbraavaでのお掃除に必要なもの全てが同封されています。

どうやらクイックルワイパーのような市販の紙(乾でも濡でも)を、専用の雑巾の代わりにすることも出来るようです。
なのでDMのプライベートブランドのを、比較のために4種類購入して実験してみました。

1.乾
DSC01261.JPG
2.乾
DSC01260.JPG
3.濡(タイル用)
DSC01263.JPG
4.濡(木目用)
DSC01264.JPG


1と2の違いは、フワフワ度合い。
1.のほうが3D構図をうたっており、フワフワです。18枚入り。
2.は1.よりは薄いけれど、ちゃんとしっかりした繊維だし、ちょっとは凹凸があります。24枚入り。
使用したかんじ、個人的には2.で十分な気がします。

3.と4.は用途別。
我が家はキッチンとバスルームがタイルの床なので3.を使用し、
その他、リビングルームや廊下、寝室に4.を使用しています。

※入居時に、あまり木目の床を濡れ拭きすると木目が膨張して浮いてきてしまうから、お掃除するときはから拭きでね、とドイツ人のおばちゃんが教えてくださったので、4.での濡れ拭きは2週間に1度くらい。


1.2.と3.4.のエリアの分け方は、ルンバのバーチャルウォールのような、お部屋を区切る機能はないので、扉を閉めてbraavaくんを閉じ込めるだけ。
気づいたらそのお部屋のお掃除が終了しているので、次のお部屋に置いてまた閉じ込めてお掃除してもらうのみです!


ルンバと比較して、格段に音が静かだし、けなげで優しいかんじがするのでとっても重宝しています。
(ルンバの悪口じゃないです。笑 ルンバは吸い込むのにパワーがないといけないからその差は当たり前ですね。)
DSC01266.JPG

ルンバは12-15時・20-9時あたりにはご近所さんを気にしてしまって使いづらいけれど、ブラーバはいつでも使える静けさです。


付属していた専用のフロスでも試してみましたが、これもまたドイツの製品でとても良い!
これも単品で追加購入できるみたいです。(3枚で10ユーロ弱)
でも使い捨てがお手軽で、ついDMの使い捨てのものを使ってしまっています。


ブラーバくんは自分の重みで拭いているようなものなので限界はあり、こびりついてしまった汚れは自分の手でゴシゴシ落とすしかないけれど、それでも毎日の拭き掃除のことを考えると、かなり助かります。
掃除機で埃を全部吸ったはずなのに、どこからそんなに埃を拾ってきてくれたの?というくらい、お掃除後は埃がフロスにくっついています。
背が低め(8cm弱)なので、届かないところの汚れもとってくれて大助かりです。

今日も優秀な部下、braavaくんを従えて満喫なNassyでした。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy




1年以上
週末に自宅でチーズフォンデュしました。

DSC02053.JPG

土曜の朝の夫婦の会話。
私「なんだかスイスに行きたいなぁ♪」
夫「スイスで何したいの?」
私「チーズフォンデュ食べたい!」
夫「え…それだけ…?ドイツで出来るじゃん。」
私「えっ出来るの!?なら今日食べる!!」

完全に私アホですね(^_^;)

早速、近所のマーケットへ行き、チーズ屋さんのおばちゃんに相談。
「家庭の味だからそれぞれだけど、大抵3種類くらいを混ぜるわね。これと、これと、これがいいわ。」
と、お勧めチーズ3種を見せてくださったので、その3種に決定。
2人で食べるって言ったら、100gずつ、合計300gくらいがいいとのこと。
もちろん言うとおりに購入。
合計9ユーロでした。
ドイツのチーズの相場からいくとちょっと高いかもと思ったけれど、味見してみてびっくり。
3種類とも日本にはないようなコクとくさみのある、とても美味しいチーズでした。

DSC02033.JPG
DSC02035.JPG

フォンデュ用の鍋を探しにGALERIA Kaufhof(ドイツの大型デパート)へ。
キッチン用品フロアを4周くらいウロウロウロウロ…でも見つからない。
WMFの売り場のお姉さんに聞いてみたら、分厚いファイルを「FondueFondueFondueFondue」と早口言葉のように唱えながら探して、発見。
ノーマルので165ユーロ、Silitの赤いかわいいので159ユーロ…
うぅっ…ちょっと想像していたのよりもお高い。
熱の伝わり方とか、こびりつきにくさとか…もちろん良いものに越したことはないけれど、、1ヶ月に1度も使わないからなぁ…
そして何より、当日使いたかった(チーズ買っちゃったし)のに、11月中旬くらいに入荷とのこと。
お姉さんにお礼を言って、その場からそそくさと退散。

最悪、小さい鍋でチーズ溶かしてフォンデュやろう、と半ば諦めていましたが…
近くにDEPOT発見!
インテリア雑貨のチェーン店で、ドイツ人の友人も、このお店はとってもいいよ、とお勧めしてくれたことが。(→DEPOTオンラインショップのHPはこちら
ちょっと期待しながら店内へ入り、キッチン雑貨のコーナーを見ると…
あった!!!!ありました!!!!!!
チョコレートフォンデュ用!だけど、きっと使えるでしょう!笑、と、即購入。
PAYBACKのポイントも溜まって余計にHAPPY♡(→ドイツでお得!PAYBACKカード(過去記事)
12ユーロでした。安い!


早速、準備に取り掛かります。
1.野菜などは下ゆでし、一口大にカット。

2.パンは皮が必ず一片に残るように一口大にカット。
…皮の部分にフォンデュ用フォークを刺すとパンを落としにくいらしいです。
(パンを落とした人は罰ゲーム!っていう風習もあるそうですよ。笑)

3.チーズは細かく切って、表面に片栗粉(orコーンスターチ)をまぶす。(Kartoffel-mehlを使用。→ドイツの粉モノ(過去記事)
…チーズの分離を防いでくれるみたいです。
DSC02038.JPGDSC02038.JPG

4.にんにくを2つにカットして、フォンデュ鍋に切り口をすりつける。
…香り高くなります。

5.白ワイン150ccくらいをフォンデュ鍋に入れて、火にかけ、アルコール分を少し飛ばす。

6.チーズ各種を1/3くらいずつ、分けて入れて溶かして、完成!
DSC02058.JPG

最初はこんなかんじで準備していましたが…
DSC02046.JPG
ちょっと火が弱いようで…
DSC02061.JPG
夫の工夫によりこんな姿になりました。
キャンドルタワー?

DSC02056.JPG
とろーりいいかんじ♡

チーズがとても濃厚で、白ワインのアルコールがちょっと残っていて(確信犯)、美味しい赤ワインをいただきながら、野菜もたっぷりで罪悪感も少なくて、あったかくて、とーっても幸せなディナーになりました。

DSC02053.JPG

テフロン加工とか一切ないフォンデュ鍋で、鍋底にチーズが焦げついてしまうかと思ったけれど、案外大丈夫でしたし、食洗機に入れたらつるぴか真っ白に洗えていました!


本当はこのチーズフォンデュ、残ってちょっと古く硬くなってチーズのかけらをかきあつめて、硬くなってしまったパンを使ってフォンデュにするそう。
こちらの方々は毎日チーズ食べてますものね。
日本で残りご飯を雑炊にするみたいな感覚でしょうか。贅沢!

この冬は、フォンデュ鍋、活躍しそうです。
…でも、そのうちスイスにも行きたいな♪

1年以上
12170729_825306930901919_1354461427_n.jpg
先日記事にした、ヨーロッパでよく食べられる日本米3種(記事はこちらをどうぞ→日本米 ゆめにしき)、我が家はどれを買うか、決めてません。
その時の値段や気分で決めています。
ずっとやってみたかった食べ比べをしてみました。
みのりvsかがやき 編です。 

【関連記事】
海外対応炊飯器 象印
日本米 ゆめにしき


みのりはスペイン(カタルーニャ)産あきたこまち
DSC01923.JPG

かがやきはカリフォルニア産コシヒカリ
DSC01924.JPG

どちらもヨーロッパ在住日本人の救世主です。有難や(:_;)
今回の比較は、同時に同じ店から購入したものを、同じ炊飯器・水で炊きました。

裏面
みのりDSC02076.JPG
ほうほう、知らなかったです(>_<)
このお米がいつ収穫されたものだかは記載なしです。
CONSUMIRPREFERENTEMENTE ANTES DEL FIN DE 08-2016(2016/8末以前に消費するのが望ましい→賞味期限2016/8末)は記載されています。

かがやき
DSC02074.JPG
お役立ちプチ情報。
パッケージによって違うのかな?また別のを購入したら見てみます。
今回のは親子丼の卵について。
これは知っていましたが、ヨーロッパに住んでいると母や義母、祖母などと一緒に料理をすることなんて滅多にないので、和食作りのプチ知識、有難いです。
こういうの、なんだかほっこりします♡
収穫時期・賞味期限とも記載なしです。
大丈夫とは思いますが、日本ほど在庫の回転速くないでしょうし、お店にずっとあったとしてもこれでは気づけませんね。。

お米の見た目(炊飯前)
12170729_825306930901919_1354461427_n.jpg
左がみのり、右がかがやき。
(写真がヘタで、かがやきのほうが陰になってしまっていますね; 実際は同じくらいの白さです。)

・お米の均一さ  みのり<かがやき
・お米の綺麗さ  みのり≒かがやき

みのりの方が形や大きさにバラつきがあって(長いお米や割れているのが少し混ざっている)、かがやきは均一です。
それがどのように味に影響するかはわかりません。不揃いなものを廃棄していない分、みのりのほうがECOなのかもしれませんし…
どちらもつやがあって綺麗です。

食べ比べ
肝心の食べ比べ。(ごめんなさい、写真なしです。)

・ふっくら度  みのり>かがやき
・味の濃さ   みのり<かがやき

ふっくら炊きあがってもちもち粘性があるのはみのり。日本で食べるお米により近い食感です。
味の濃さはかがやきのほうが凝縮されて、うまみがある気がしました。


ということで、違いはわかりましたが、どっちがいいって決めるのは難しい(^_^;)
お米本来の味をじっくり楽しみたいときはかがやき、食感を楽しんだりおかゆやおむすびにしたいときはみのり…とか。。
やはり我が家は引き続き、気分で買うお米を決めることになりそうです。
今回はゆめにしきを比較できなかったので、そのうちゆめにしきも入れて、3種類の食べ比べをしてみたいです。

※なるべく同じ条件で比較しましたが、水の加減とか舌の具合とか、ちょっとしたことで変わると思います。
見た目もきっと収穫時期とか運搬とか保存状態でも変わると思いますし…
今回の比較は、あくまでも個人の意見です。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy




1年以上
急に寒くなって、案の定風邪ひきました(:_;)
旦那の職場でも体調不良続出、先日行ったDBのカウンターで対応してくれたお兄さんも鼻グズグズで2分に1回はクシャミしていて…嫌な予感はしていたのです。

熱は37℃だけ。
家で暖かくしてじっとしています。
あんまり食欲もないので…
水分補給と身体を温めるのと喉痛に少しは良いかと、ハニージンジャーレモンティーを作って飲んでます。
DSC02089.JPG

ゴクゴク美味しい♡

DSC02080.JPG
BIOのジンジャーを皮ごと切って…
レモンを切って皮を除いて…
はちみつたっぷりかけて…
大好きAlnaturaのGrüner Tee Ingwer Lemonのティーパックをひとつだけ投入。

あとは熱湯を注ぐだけ。
ちょっとだるいけど、旅行の計画をのんびりたてながら、ほっこりしてます♡


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy




案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

作者:Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

ドイツ在住Nassyの生活スタイル紹介ブログです。
スペイン、ドイツの生活・お役立ち情報や、そのほか旅行のことなど。

7日 1014 総合 1711 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Nassyさん新着記事



過去記事

Nassyさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
2位 うきうきビール生活 in フランクフルト
3位 ドイツ♪フランクフルト♪生活情報ブログ
4位 ディステル白兎さブログ
5位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
6位 エッセンmitシュリundティンティンinドイツ
7位 KM Sports -あなたのドイツ生活に潤いを-
8位 Germany Today


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録