Welcome!

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

306日前





日本への一時帰国からの帰りの機内食もアップしようと思います。
なんてことないのですが、機内食を記録するのが好きでして‥

22:00に成田空港を出発する飛行機でしたので、空港でお寿司をいただいてしまいましたが、機内でもディナーが出ました。

IMG_5609.jpg

チキンハンバーグと炒飯をいただきました。

映画を観てぐっすり寝て‥


朝食。

IMG_5610.jpg

最後の和食かな?と思い、和食をセレクト。焼きうどんです。

飲み物は?と聞かれ、オレンジジュースをお願いしましたが、朝食に皆の分、ついていました。
甘い飲み物をいっぱい飲んでお腹いっぱいになってしまいましたが、ビタミンが摂れるからいいか。


それから、トランジットの時間が4時間以上あるといただけるという、ミールクーポン?ミールバウチャー?というのもいただきました。
オンラインチェックインは事前にオンラインで済ましていたのですが、成田空港で荷物を預けるためにカウンターへ行ったら、このクーポンもいただけました。

ということで、ドバイに到着してから、このクーポンを使ってみました。

IMG_5596.jpg

選択肢が多くて嬉しいです。

私は、フランス風のカフェチェーン”Le Pain Quotidien”でクーポンを使用しました。

IMG_5634.jpg

IMG_5632.jpg

おしゃれな店構え。
スタッフの方に、このクーポンを使いたいのですが‥と伺ったところ、
「このサンドイッチの中から好きなの1つ選んでね、あとスコーンとお水もひとつずつね」と親切に教えてくださりました。

お水の代わりにブラックコーヒーでも良いそうですが、カフェラテなどは頼めないそうなので、お水にしました。

IMG_5639.jpg

クーポンを渡して、おしまい!簡単でした。


夫は、"Costa Coffee"で。

IMG_5635.jpg

とってもわかりやすく、クーポンを使うと何がいただけるか表示してありました。

IMG_5637.jpg

ここでは、カフェラテが頼めました。

IMG_5639.jpg

りんご(クロワッサンの代わりにフルーツも選べました)と、パニーニ、カフェラテをいただき、こちらでもクーポンを渡しておしまい!


この時はお腹はあまり空いていませんでしたが、有り難くドイツまで持ち帰って、ゆっくりいただきました。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
308日前





少し時間が経ってしまいましたが、、
夏休み前の7月中旬にOrientierungskursを受講し、試験を受けました。
8月中旬に試験結果が帰ってきました。

関連記事:
VHS(Volkshochschule)市民学校 クラス分け試験&申込み手続き(過去記事)
DTZ Prüfung B1 (Deutschtest für Zuwanderer) 受験 試験内容・当日の様子など(過去記事)
DTZ Prüfung B1 (Deutschtest für Zuwanderer) 合格!(過去記事)


オリエンテーションコースは、ドイツの基本法、議会、政党、歴史、EU、裁判、教育、生活、宗教など、これからドイツで生活する上で必要になるであろう基礎知識を学びます。小学校の社会科のような授業です。
ドイツの議会の仕組み、政党について、戦前の歴史(ナチスが主)、戦後の歴史(ベルリンの壁など)、国民の守られる権利、守るべきこと、など、楽しく勉強することができました。

IMG_6573.jpg

受講申込

Integrationskursを受講していたので、語学講習の後、自動的にOrientierungskursも継続して受講することができました。
私の場合は語学の授業終了の翌週から続けてオリエンテーションコースが始まりましたが、直接続けなければならないという義務はなく、一旦休憩を挟んで後日受講することも可能だそうです。
学校の秘書の方に相談したところ、特に用がないのであれば、クラスメートと一緒に皆で一気にテストまで受けちゃった方が気が楽じゃない?と言われ、そのまま受講することに決めました。

60レッスン(48時間)72ユーロ+教材代5ユーロでした(受験料も含む)。
平日(月-金曜日)、毎日4時間ずつでした。これは学校によっても異なるようです。
授業最終日にドイツ連邦で定められたオフィシャルな試験、"Leben in Deutschland"という試験を受験しました。(後述)


Integrationskurs(社会融合講座)は以下の2パートで構成されています。
・語学講習(ドイツ語)600レッスン
・オリエンテーション(ドイツに関する法律・文化・近代史など)60レッスン
→詳細は過去記事をご覧ください。
VHS(Volkshochschule)市民学校 クラス分け試験&申込み手続き(過去記事)


試験概要

試験名:"Leben in Deutschland"

ドイツ連邦共通の300問+州別の30問(4つの選択肢から適当な答えを選択)の内容は事前に分かっています。

※問題は下記URLから見ることができます。
・BAMF(ドイツ連邦移民・難民局):http://oet.bamf.de/pls/oetut/f?p=514:1:4781301863454:::::
・online.eu:http://www.einbuergerungstest-online.eu/fragen/

この全国共通300問+州別30問の中から、33問が試験に出題されます。
17問以上で合格です。
車の運転免許の筆記試験と同じで、試験対策としては、覚えてしまえば良いのです。
私の場合は、内容も面白いので、興味を持って覚えることができました。

定められた日に受験できない場合は、25ユーロの支払いが必要になりますが、別日に受験することができるそうです。


授業

私たちの学校では平日(月-金曜日)、4時間ずつ、計48時間の授業でした。
先生は、すごいおじいちゃん!笑
ものすごく滑舌が悪くてもそもそ喋るので、B1が終了したばかりの私たちには、彼と会話することのハードルが高すぎました。
ただ、ものすごく良い人で、何を言ってるかはあんまり分からなかったけれど、みんな彼のことが大好きになりました。
彼のコーヒーを準備する係、彼のテーブルをセッティングする係、皆の出欠表や欠席届を管理する係、など、みんなで彼をサポートしました。私は出欠表・欠席届の係。笑
正直、毎日4時間学校に通った割に、内容があったのは1日30分くらいでしたが、ジョークを言ったり、楽しませていただきました。

初日
「ドイツの地図を書いてください。近隣諸国も書いてみてください。」
えー!意外と形もわからないし、近隣諸国、何カ国あったっけ?あれ?イタリアって接していたっけ?ハンガリーってどこだ?なぁんて。ドイツに住んで1年経つけれど、こんなこともわからないなんて!と、ショック。
小学生になったかのようの雰囲気で、みんなで相談しながら地図を書きました。

「ドイツ国内も州で区切って、各州都も記入してね。」
もう、お手上げです。

IMG_6574.jpg

なんとなく見ていた地図も、こんなに注意してみるのは初めて。

IMG_6576.jpg

それから、ドイツの基本法、議会、政党、歴史、EU、裁判、教育、生活、宗教などについて幅広く学びました。

IMG_6573.jpg

この"Grundgesetz"(基本法)という本を読みながら。
1949年に旧西ドイツ憲法として制定されたものが、東西ドイツ統一後の1990年以降もそのままドイツ憲法として使われているそうです。
B1が終了したばかりのドイツ語レベルの私たちには、最初、単語が難しすぎて、ちんぷんかんぷんでしたが、毎日読んでいるうちに、だんだんと慣れて、面白くなってきました。

IMG_6458.jpg

ドイツの政党について。
それぞれの政党の正式名称は何で、色は何色で、どういう政党か‥なんて。
テストでは正式名称程度しか問われませんが、案外面白かったです。そして自分がいかに日本の政治を知らないかも実感。
たまたまですが、この後出会ったタンデムパートナリン(会話の練習相手。ドイツ人の彼女は日本語を勉強している。)が州議会で働いているので、この時の知識が少し生きました。

その他、街の中の教会巡りをしたり(ムスリムの子はこの日欠席した。ヒンドゥーの子は楽しんでいた。)、Youtubeで国会中継のようなのを見たり、ドイツの国家を皆で歌ったり。

仕事していたり育児していたりして忙しい人には、ちょっとのんびりお遊び要素が強すぎる授業だったかもしれませんが、夏だったのもあって、皆で遊び気分で参加して、やいのやいの言いながらの勉強、楽しかったです。

最終日、18時まで授業を受けた後、19時から試験が始まりました。


試験当日

上記、最終日授業の後、指定の教室に移動すると、他の学校から来たのか、すでに授業だけ終わらせていたのか、クラスにはいなかった受験者が私たちの倍くらいの人数いました。(全部で40人くらい)

持ち物:パスポート、ボールペン

語学のB1の試験の時は、試験官が一人ずつ名前を呼んで指定の席に着席させましたが、今回は席は自由でした。
バッグも自分の席の下に置きました。
着席したら、パスポートを見せて、リストにサイン。

携帯電話は、語学のB1の試験の時と同じく、スイッチを切って封筒に入れ、教室前方のテーブルの上に置きました。

時間になったら試験官が問題を配布し、試験が始まりました。
制限時間は1時間ですが、簡単なので開始10分くらいでほとんどの人が回答を終え、用紙を提出して教室から退出しました。


試験結果

8月中旬、夏休みの旅行から帰宅したら、自宅の郵便受けに証明書が入っていました。

Orientierung証明書.jpg

結果は1問間違い。惜しい!!悔しい!!
でも、無事に合格となりました。


語学講習とオリエンテーションコース、両方とも合格したので、無事にインテグレーションコースの証明書もいただけました。
(オリエンテーションコースの結果と同封されていました。)

Integration証明書.jpg

これで晴れて移民としてドイツにいられます。一安心です。


後日、この証明書を持って、返金手続きに行きます。
(修了テストに合格した場合、外国人局に申請すると、半額が返済されるとのことです。
※受講資格証明書の発行から2年以内に限る。)

またブログに書きたいと思います。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy


326日前





前回の帰国時にもお土産の記事を書きましたが、今年の夏のお土産も記録しようと思います。
ドイツから日本へのお土産

姪っ子ちゃんへのお土産は、姪っ子ちゃんのお母さん(義理の姉)から、子供服でドイツっぽいものがあったら、と言われていたので、ウキウキしながら子供服売り場へ♪
私には子供がいないので、普段立ち入る場所じゃない分、可愛いのがいっぱいでテンションが上がります。

結局、決めたのはこの2つ。

下の子には可愛いよだれかけ

IMG_5400.jpg

Smithyのもの。Amazon.deで同じのの色違いを見つけました。
やっぱり可愛い♡


上の子には可愛いTシャツ

IMG_5399.jpg

これは女の子向けですが、同じs.Oliverから出ている男の子用も可愛かったです。


7月だというのに、もうオクトーバーフェストを意識したものが出ていました。
ちょうど良かった♪


夫と私の実家へ。

IMG_5388.jpg

BIOの干しぶどう(ドライレーズン)とクランベリー。

IMG_5389.jpg

チャイ各種。

IMG_5282.jpg

Dallmayr(ダルマイヤー)の紅茶2種。

IMG_5290.jpg

Dallmayr(ダルマイヤー)つながりで、キャンディー。缶が可愛かったので♪

IMG_5284.jpg

bioのハチミツ。


私の妹へは、これ。

IMG_5409.jpg

夏用の涼しげな入浴剤。

IMG_5411.jpg

スイカの香りのボディソープ。
泡で出てくるタイプです。これをプレゼントした後で、妹と家族で、スイカじゃなくてメロンの香りだね、と大笑いしました。

IMG_5410.jpg

風邪をひいた時用のお茶。


ここからは、お友達へのプレゼントです。

妊娠中と、出産予定日が迫っている友達へ。

IMG_5391.jpg

私も気に入って使っている、Weledaのカレンデュラのベビークリームと、同じくWeledaの妊娠線予防のオイル


もう少し大きい子がいるお友達には、

IMG_5387.jpg

大人用プレッツェルと、

IMG_5390.jpg

お子様用プレッツェル。
親子で開けてくれたら楽しいな、と♪

IMG_5278.jpg

Guten Abend Tee(おやすみなさいティー)とKamillen Tee(カモミールティー)。
ハチミツを入れていただくと美味しいのです。

IMG_5283.jpg

Alnatura(BIOスーパー)のお茶いろいろ詰め合わせ。

IMG_5285.jpg

簡単スープ。Spargel(シュパーゲル:白アスパラ)とPilz(きのこ)。

IMG_5287.jpg

ローズマリー&シーソルト味のWASA。WASAはどこにでもあるんじゃないか?と思いますが、このローズマリー&シーソルト味がびっくりするほど美味しかったので♪

IMG_5277.jpg

定番ハリボーグミ。
ちょうどEURO2016があって、THEドイツ、な物が販売されていたので。
ちょっと身体に悪そうな色ですが‥笑

IMG_5279.jpg

涼しそうな入浴剤。Sommerbad”Hitzfrei” 日本の夏は暑いに違いないので‥
これもBIOスーパーのAlnaturaで購入しました。

IMG_5289.jpg

これも入浴剤です。
入浴剤は前回の帰国時にもたくさん買いましたが、配りやすくて便利です。

IMG_5281.jpg

美容グッズ。オーガニックコスメは、ドイツっぽいかな、と思い。
ドクターハウシュカの小さいサイズのハンドクリームはなかなか使えます。


あとは、写真がありませんが、ドイツワイン3本を注意深くビニール袋とタオルに包んで、持ち帰りました。

今回も、スーツケースいっぱいに、たーくさんのお土産を抱えて帰国しました。
お土産選びは、思った以上に時間とお金、そして体力を要しますが、渡す人の顔を思い描きながら、ワクワクできるので、毎回楽しいです。

次はいつ帰国できるかなぁ〜??







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
326日前






前回、フランクフルトからドバイまでの機内食を記事にしましたが、今回はその続き、ドバイ(DXB)→東京成田(NRT)までです。
Emirates EK046 フランクフルト(FRA)→ドバイ(DXB)機内食(エコノミー)・フランクフルト空港のラウンジ SKY LOUNGE(前回記事)

ドバイの空港、ターミナル3のA-Gatesというところに到着しました。
そこから空港内の無料のシャトル(地下鉄のような作り)でB-Gatesまで移動。
途中、エレベーターに乗ったりエスカレーターに乗ったり、とにかくドバイの空港は無駄に広い!空港の壁面に水が流れていたり、大胆な作りです。
時計売り場やゴールド売り場、ラクダのキーホルダーやアラビアンな服が並ぶ土産物屋など、いかにもドバイ!な場所へ出ました。

次の出発ターミナルはC-Gatesだったので、B-Gatesから10分くらい歩いて、、
到着が深夜、次の出発が2:30a.m.だったので、とにかく疲れていて‥ラウンジに行きたくて‥
散々歩いた挙句、C-Gatesにプライオリティパスが使えるラウンジがないことを思い出しました(T_T)

でも、やっぱりラウンジの方が落ち着けるよね、ということで、今来た道を永遠と戻ります。
なんて無駄な動き‥

B-Gatesまで戻ってきたところで、早くラウンジに行きつきたかった私たちは、MARHABA LOUNGEというラウンジに向かいました。
MARHABA LOUNGEはドバイの空港内に幾つかあるのですが、Concourse B(B-Gates:B21搭乗口のすぐ側)のに行きました。

しかし‥
なんだかとても蒸し暑くて‥
(ドイツへ帰国の際にはこちらのMARHABA LOUNGEを利用したので、また後日、記事にしたいと思います。)

ターミナル3、Concourse B(B-Gates)で、近くにもう一つ、ラウンジがあるのが分かっていたので、そちらに向かうことにしました。

LOUNGE AT Bというラウンジです。
B26搭乗口のすぐ側にある、と書いてありましたが、、見つけにくい。笑

B26の側、階段の上に'Cadiz Tapas Bar'というレストランがあるのですが、そこの一部がラウンジとして使用されているようです。
レストランに一歩足を踏み入れると、係りの女性が出てきてくれて、普段のプライオリティパス使用時と同じ受付手続き(プライオリティパスと搭乗券を見せて、サイン)、WiFiコードをいただき、席へ案内していただきました。

IMG_5421.jpg

このラウンジ、今回が初めてだったのですが、がなかなか良かったです。
何より冷房が効いていて涼しい‥笑
そして、レストランの一部なので、飲食物がとても美味しいのです。

飲み物はバーカウンターに直接頼みに行きます。
フレッシュオレンジジュースがとても美味しかった。
お水を頼んだら、ガス入りはなくて、ガスなしならあるということだったのでガスなしをいただきました。

食べ物はブッフェ形式。

IMG_5422.jpg

暖かい食事が充実していてとても良かったです。

IMG_5423.jpg

お寿司やケーキもあり。
お寿司は私たちが行った時は色々な種類がありましたが、後から次々にラウンジにお客さんが来て、すごい勢いでなくなりました。
お寿司はどこでも人気なのですね。

IMG_5424.jpg

IMG_5420.jpg

全部美味しかったです。すっぱ甘いサンラータンのようなスープと、海鮮カレーが特に美味しかったです。

前の飛行機で機内食を残してしまったのに‥たくさんいただきました。ごめんなさい。


他のラウンジと違って、レストランのような雰囲気だったので、仮眠する人は見当たらなかったですし、シャワーもありませんが、涼しいところで身体を休め、美味しい食事をいただけたので、すっかり回復しました。


さて、私たちの搭乗口があるC-Gatesまで、20分くらいかかることが分かっていたので、少し時間に余裕を持ってラウンジを後にしました。

C-Gatesの方も、真ん中が吹き抜けで、ヤシの木なんかが生えていて、大きなショップングモールのような雰囲気でした。
夫によると、シンガポールもこんな感じだった、と。

早めにラウンジを出て正解。やはり遠かったです。

次の東京成田(NRT)行きの搭乗口に近づくにつれ、増えていく日本人。
周りの会話が意識しなくても、聞こえてくるのは、いつもこそばゆい感覚がします。

EK318 ドバイ(DXB)→東京成田(NRT)便は、さすが日本行き、メニューがアラビア語、英語に加え、日本語でも書いてありました。
この便はアラブ首長国連邦の時間で2:30a.m.出発なのですが、ディナーと朝食が出ました。
身体がよく分からないことになっていきます。

ディナーには、和食を選びました。白身魚のあんかけ。

IMG_0032.JPG

お素麺がさっぱりしていて美味しかったです。

朝食には、サーモンの照り焼を選びました。

IMG_0033.JPG

夫は洋風(オムレツとマッシュポテト)を選んでいました。

どのお食事にも、クラッカーとクリームチーズ、トマトサルサ(ディップ)がついていたのが良かったです。
これは後から映画を見ながらゆっくりいただきました。


機体は行き帰りとも、フランクフルト(FRA)⇆ドバイ(DXB)の方が大きくて新しくて、画面も大きいので良かったのですが、いずれにしてもエミレーツはいつもウキウキします。

こうして、楽しく、無事に日本へ帰国することができました。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
328日前





夏休み、日本へ帰国した時は、ドバイ経由のエミレーツにしました。
本当はJALの直行便が良かったのですが、ちょうど夏のハイシーズンで、航空券が高かったもので‥

フランスのパリシャルルドゴール、イギリスのヒースロー、フィンランドのヘルシンキ、トルコのイスタンブール、アラブ首長国連邦のドバイなど、乗り継ぎ便は色々乗ってきましたが、
私のベストはフィンランド。空港のサイズが大きすぎず程よくて、空港内のお店を見るのが楽しいのです。
でも、ドバイやイスタンブールも、異国情緒に溢れていて好きです。ターキッシュエアもお手軽価格で航空券があったのですが、今このご時世、ちょっと敬遠してしまいました。

ドバイ経由は、合計の時間が長いのと、空港がやたら大きいのが欠点です。ただ、途中、しかも偏りが少ない中盤でトランジットなので、歩いて気分転換できるのがメリットです。

もちろん搭乗したのはエコノミークラスでございます。笑

15:15に出発の便でしたが、飲み物のサービスの後、ランチが出てきました。

IMG_5416.jpg

私はサーモンを選択。

IMG_5417.jpg

夫はカレーを選んでいました。
なんとなくですが、周りの方々にはカレーの方が人気だった様子。


ただ‥
空港に到着した時点でお腹がペコペコだった私たち、実はフランクフルト空港のSKY LOUNGEで、食事を頂いてしまっていて‥
半分くらいしか手をつけられませんでした。ごめんなさい。

IMG_5413.jpg

フランクフルト空港のラウンジ(プライオリティパスで入れるもの)は、ターミナル1のLUXXLOUNGEより、ターミナル2のSKY LOUNGEの方が充実していて広いです。
とは言っても、航空会社によってターミナルが異なるので、選べないのですが。。

ターミナル1のLUXXLOUNGEは、手荷物検査の前のエリアにあるので、時間も気になってのんびりできないし、広さも飲食物もあんまり‥ 
ゆっくり座ってWIFIが繋げられるだけでもありがたいのですけれど。

ターミナル2のSKY LOUNGEは入口は小さくて見つけにくいものの、入ってしまえば明るくて広い空間、充実した飲食物、なかなか快適です。
手荷物検査の後にあるので、ラウンジから搭乗ゲートまでの所要時間だけ計算すれば良いのが気楽です。

ラウンジに入るのには、楽天のプレミアムカード会員の特典でついてくるプライオリティパスを利用しています。
詳しくは過去記事を御覧ください。
フィンランドでのトランジット・ASPIRE LOUNGE(過去記事)


プライオリティパスで入れるラウンジには当たり外れがありますが、持っていると、空港での時間が落ち着いたものになります。
一応、権利がある人しか立ち入ることができないので、テロや盗難などの点で、安心できるのが最大のメリットですね。
あとはWI-FIが使えること、トイレも空港内の一般のトイレよりも綺麗な所が多いです。
シャワーも利用したことがあります。髪を乾かすのが面倒ですが、トランジットの時にさっぱりできて、次の飛行機でぐっすり眠れて良かったです。


日本までの続きはこちら
Emirates EK318 ドバイ(DXB)→東京成田(NRT)機内食(エコノミー)・ドバイ空港のラウンジ LOUNGE AT B







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

作者:Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

ドイツ在住Nassyの生活スタイル紹介ブログです。
スペイン、ドイツの生活・お役立ち情報や、そのほか旅行のことなど。

7日 1342 総合 1477 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Nassyさん新着記事



過去記事

Nassyさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 うきうきビール生活 in フランクフルト
2位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
3位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
4位 ディステル白兎さブログ
5位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
6位 フランクフルト気まぐれ日記II
7位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
8位 ラインの畔でお茶しよう♪


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録