Welcome!

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

1年以上





日本に住んでいた頃は、大してラーメンなんて食べていなかったのですが、なぜかヨーロッパのラーメン屋めぐりはお決まりになっています。
フランクフルト在住日本人にはお馴染みの、2015年6月にオープンしたラーメン潤について、記事を書きたいと思っています。

IMG_0764.jpg

このラーメン潤、新潟の燕三条発祥のラーメン屋さんで、すでに12店舗も展開しているそうですが、海外店舗第1号ということで、ここ、フランクフルトを選んでくださったそうです。
ありがたや‥

場所はメッセの近く。
地下鉄U-Bahnの4番、またはトラム16,17番のFesthalle / Messe駅すぐそばにあります。

出張などでメッセに来られた方にも癒しになるはずの立地です。


一見、普通の住宅街で、ラーメン屋さんがここにあるの?と不安になるかもしれませんが、駅から歩いて右側にしっぽり、ちゃんとあります。

IMG_0760.jpg

この日は夜に訪れましたが、日本人の家族連れが多く見られました。

大きなガラスでスタイリッシュな店内が見えます。

IMG_0761.jpg

入店すると、いらっしゃいませー!と日本語で挨拶。
癒されます。。
ドイツ生活に慣れてきていますが、やはり、いらっしゃいませー!と言われると、肩の力が抜けてどこかリラックスしている自分がいます。

店員さんはほとんど日本人のようですが、おそらくドイツ人?の可愛い女性が、カウンターとテーブル、どちらが良いですか?と聞いてくださりました。
私たちは一番奥のテーブルへ♪


すごい看板‥

IMG_0768.jpg

席数は結構あります。
前に記事にした無垢 MUKUさんとは違い、回転早めなので、結構十分な感じがしました。
無垢 MUKU ラーメンダイニング(フランクフルト)(過去記事)


IMG_0769.jpg

スタッフの女性方、華奢な身体と柔らかい雰囲気に似合わずみなさんいかついお揃いTシャツ着ていらっしいます。笑

ちょっと思ったのですが、ドイツの和食飲食店って、なぜか女性が多いですね。
他の国だとそうとも限らない気がするのですが、、なぜでしょう。
‥どうでもいい疑問です。


お酒はちょっとお高めだったので、ソフトドリンクにしてしまいました。
サイドメニューはしっかり注文。

IMG_0763.jpg

から揚げと、胡麻きゅうりと、潤バンズ。
どれも絶品!

すぐにラーメンがやって来ました。
前に頼んだサイドメニューがまだまだ食べ始めだったので、もうちょっとゆっくり来てくれても良かったのですが‥
ここはラーメンダイニングではなくてラーメン屋さんだから良しです。笑

IMG_0764.jpg

私は黒とんラーメンに煮卵トッピング、夫は赤とんラーメン。
新潟発祥のラーメンですが、ちょっと、一風堂を彷彿させるような‥

細麺でとんこつ、一番好きなラーメンです。

黒とんは焦がしニンニクがうまく効いていて、スープのコクがすごく良い!
赤とんもスープを一口いただきましたが、全然違うんです!個人的には黒の方がこってり度が高く好きでしたが、これもまたとても美味しいのです。


先ほども書きましたが、回転早め。
お料理もゆっくり出てくる感じではなく、ばばばっと出てきて、ばばばっといただく感じ。


もう一軒のMUKU無垢さんはお酒を飲みながら、語らいあいながら、ゆっくり楽しむラーメンダイニング、
こちらのラーメン潤さんは、ラーメンを食べに来るラーメン屋、
という感じの使い分けができると思っています。

お酒が好きなので、雰囲気や品揃えは無垢さんの方が好きでしたが、
ラーメン自体のお味は個人的にはこちらのラーメン潤さんの方が好きです。


店内は、日本人の家族連れが多いですが、日本人とドイツ人の組み合わせ、それからドイツ人だけのグループも見受けられ、地元に根ざしている感じがしました。

あるラーメン屋さんで聞いたことがあるのが、
日本人は硬麺+熱いスープ、を望むけれど、
ヨーロッパ人は柔らか麺+ぬるめのスープ、を望むので、
各店のラーメンがどう受け入れられるか、日本とのギャップがあると。
ここは、完全に日本スタイルだと思いましたが、ちゃんとドイツ人に受け入れられていたので印象的でした。


二軒目利用もできる貴重なラーメン屋さんです♪


Ramen Jun Frankfurt
Wilhelm-Hauff-Straße 10、60325 Frankfurt am Main
月-土曜:11:30-15:00, 18:00-23:00
日・祝日:11:30~21:00
http://ramen-jun.de/jp







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上






ドイツのお菓子としてまず思い浮かべるのは、バウムクーヘンでしょう。
バウムクーヘンは、1800年初頭から200年以上続く伝統の材料と製法を守り、専用のオーブンが必要、高度な技術を持った職人さんだけが作ることができる特別なお菓子だそうです。

バウムクーヘン発祥の地として、ドイツ北東部ザルツヴェーデルという街や、東部ドレスデンやコットブスなど、様々な説があります。
その中で、1825年にドレスデンで創業した旧宮廷御用達の老舗コンディトライ、”Kreutzkamm”クロイツカムのカフェに行ってみました。

DSC05406.jpg

このクロイツカム、1825年創業以来、ザクセン王国のAlbert(アルバート)王により宮廷御用達の称号を与えられたり、19世紀中に海外輸出も開始、国内外で高い評価を得て大繁盛していました。
しかし、1945年2月13日、第二次世界大戦の爆撃によりドレスデンの街は大破。四世代にわたり繁盛させてきたこのクロイツカムのお店も、わずか90分間で何も無くなってしまったそうです。

その後、ドイツ東側に位置するドレスデンはロシアの管理下に置かれました。
1950年にミュンヘンで営業を再開。
そして東西ドイツ統一後にやっと、再びドレスデンのAltmarkt(旧マーケット広場)でもお店を再開するに至ったそう。

今ではミュンヘンで2店舗、ドレスデン、それから南ドイツのテーゲルン湖(Tegernsee)で営業しているそうです。


ドレスデンのお店は、ショッピングセンターの地上階にあり、あまり老舗という雰囲気ではありませんでした。。
が、このAltmarkt、旧マーケット広場に戻ってこられたというのは、きっととても意味のあることなのでしょう。

DSC05399.jpg

ショーウィンドーが可愛いです。

DSC05400.jpg

昔の店舗の写真が貼ってありました。
ドイツは第二次世界大戦の影響をもろに受けており、歴史ある建物が少ないのがなんとも残念です。
残っていたらさぞかし良かったか。

ショーケースに並ぶお菓子たち。

DSC05401.jpg

どれも美味しそう。
4店舗あるうちのどこかの店舗の近くに住んでいたら、いろいろ試してみることができるでしょうに。。

今回はカフェに座ってオーソドックスなものを頼んだため、これらはいただけませんでした。


カウンターの奥には持ち帰り用のお菓子がいっぱい。
どれも美味しそうです。

DSC05402.jpg

カフェの中は可愛い雰囲気にしているものの、やっぱりショッピングセンター感が拭えなくてちょっと残念。

DSC05403.jpg

そして何より残念なのが、お店のサービスの女性たちが全然やる気ないこと。。
いや、このサービス砂漠ドイツだったら普通なんですけどね。
そして多くのアジア人観光客が言葉もわからなく、わちゃわちゃ好き勝手言ってくるのにうんざりするのもわかるんですけれどね。。

でも、メニューを投げたり、腰に手を当てて注文とったり、高圧的に話したり、そういうのはやはり気持ちが良いものではないです。
せっかく美人さんなのにもったいない。


3人で、最もノーマルなもの、チョコレートのもの、ノーマル&チョコレートのミックス、を注文しました。

DSC05406.jpg

ミックスって、普通に両方入っているものでした。笑

そして、ノーマルの、かなり想像と違う切り方です。薄い!
”Baumkuchenscheiben”バウムクーヘン・シャイベン(直訳:バウムクーヘンスライス)と呼ばれ、輪に沿って薄く切ることで口当たりが柔らかくなるそうです。
クリスマスにいただくお菓子、Stollenシュトレンも、なるべく薄く切った方が美味しいよ、とドイツ人のお友達が教えてくれました。


日本のしっとりバウムクーヘンとは違い、結構パサパサ系。
でも、いただくごとに、少し香るバニラと卵のほっこりする味が染み出て、やみつきになりそうです。

チョコレートでコーティングされたものは、乾燥を防ぐための工夫だそう。

私は、素朴な生地の味が好きなので、チョコレートなしのものの方が好きでした。


お土産を買って帰ろうと思ったけれど、またミュンヘンの店舗に行けばいいか、と断念。
オンラインショップもあるのですが、やっぱり店舗で購入したい。)
他にも沢山あるバウムクーヘンの老舗、いろいろ試してみたいと思っています。


Café Kreutzkamm(Altmarkt-Galerie)
Altmarkt 25, 01067 Dresden (Ecke Wilsdruffer Straße)
月-土曜:9:30-21:00
日・休日:12:00-18:00
http://shop.kreutzkamm.de/Unsere-Cafes/







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上






前回はクラシックでゴージャスなホテルをご紹介しましたが、
プラハのリーズナブルなのにゴージャスな4つ星ホテル Alqush Downtown Hotel(過去記事)

今回は、スタイリッシュなホテル、ダリア イン(Dahlia Inn)というホテルをご紹介します。

非常にリーズナブルで、1泊30ユーロ程度、ハイシーズンのクリスマス時でも2人で3泊して157ユーロだったので、1泊50ユーロ強でした。

スタッフのお姉さんたちの対応がみなさんすごく気持ち良く、お部屋も清潔感バッチリでしたので、非常に快適に滞在することができました。

DSC05668.jpg

旧市街地へも徒歩圏内ですし、トラムの停留所”Štěpánská”もすぐ側、大通りに面しているので夜遅くても不安がありませんでした。
メトロだとC線の"I.P. Pavlova"が最寄で、徒歩7分程度です。

ホテルは、普通の住宅の建物の中にあります。
この手のホテルは大抵、住所を頼りにたどり着くのに、大きな看板がなく分かりにくいのですが、、
ここはしっかり外にホテルの名前が出ていたので、分かりやすいです。

DSC05978.jpg

私たちがチェックインしている間、宿泊先が見つからず迷子になっている旅人たちが聞きに来たほどです。笑
(Airbnbなどの民家を貸すものは、良い点もあるけれど、貸主がプロフェッショナルではないから、待ち合わせ時間にいない、場所がわからなくても連絡がつかない、などトラブルも多いそうです。。)

入り口はこんな可愛い雰囲気。

DSC05977.jpg

重いスーツケース、この階段だけ頑張れば、あとは奥にエレベーターがあります。


フロントはこんな感じ。

DSC05761.jpg

夜間は人がいません。勝手にカウンター入って、冊子なんか取っていって良いわよー♪なんてスタッフのお姉さんに言われましたが、
ちょっと気が引けてホテルスタッフごっこするチャンスを逃しました。笑

お部屋はご覧の通り、モダンで清潔です。

DSC05668.jpg

ミニ冷蔵庫や金庫もありますし、スーツケースを広げるスペースも十分にありました。

DSC05672.jpg

それから清潔感重視の私が最も気になるお風呂。

DSC05669.jpg

清潔でしたー!

DSC05670.jpg

よかった。シャワー浴びたり身支度する場所が気持ち悪いのが、最高に(最低に?)嫌なんです。
写真にありませんが、ドライヤーもありました。


それから、飲み物もコーヒーや色々な種類のお茶が、フロントに置かれており自由に持って部屋に入れるので、
朝起きてアールグレイを頂き、シャキッと目覚め、
夜遅くワインを飲んで帰ってきて、部屋で暖かいルイボスティーをいただいてホッと一息つきました。

DSC05762.jpg

連泊の場合、意外とこれが癒されます。


デメリットは、他のお部屋のシャワーの音が聞こえてきたこと。女の子が歌いながらシャワー浴びていました。笑
大通りに面していることに関しては、外との防音は何も問題なかったけれど、
もし運悪く、夜遊びして帰ってきて夜中に騒ぐような若者が隣室にいたら、ちょっと気になるかもしれません。

しかし、総合的に見れば、かなり満足のいくホテルでした。


Dahlia Inn
Lípová 1444/20、120 00 Praha 2 - Nové Město
http://www.booking.com/hotel/cz/dahlia-inn.html?aid=893354







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

1年以上





最近は毎日、学校でのドイツ語を頑張っていますが、せっかく2年間で身につけたスペイン語も忘れてはいけない‥
私のスペイン語はまだB2レベルなので、友人と会話したりテレビ・ニュースが分かるくらいで、完全にビジネスで使えるわけではなく、、そのうちC1レベルくらいまではマスターしなきゃな、と思いつつ、
そんな仕事に就く予定もなく、必要性を感じないから‥なんて言い訳をして怠け者で勉強を怠っています。

そんな私でも、カフェで、移動時間に、何かの待ち時間に、気軽に読んで、リハビリできているのはこの雑誌のおかげ。
(あとはクラスメートのパナマ人との会話♪)

IMG_0993.jpg

左のECOSという雑誌です。
(HPはこちら→ECOS Online
最新のスペインや南米関連の情報が楽しく読めるし、レベル別に軽い問題もあるので、これだけは毎月やっていこうと心に決めているのです。

ドイツ国内での、ヒスパニア関連の展示・出し物の情報など(ピカソ展・スペインギターのコンサートetc..)も掲載されていて楽しく読めますし、以前に住んでいた場所や旅行した場所が載っていると余計に面白いです。


右のDeutsch Perfektという雑誌ですが、これはドイツ語バージョンで、今の私にはまだ早くて、読めません。
なので、今のところ夫用に購読していますが、レベル別になっているので近い将来easyから読み始めてみようと思っています。
(HPはこちら→Deutsch Perfekt Online

早く読めるようになりたいです!


私は近くの書店Thaliaで購入していますが、Amazonの年間定期購読Deutsch PerfektECOSも便利でお得そうです。


他にも同じ出版社から基礎英語Spotlight・ビジネス英語Business Spotlight・フランス語Écoute・イタリア語ADESSOなども刊行されており、外国語がいかに日常に溶け込んでいるかを実感します。
日本ではAERA Englishなどはあるけれど、あまりメジャーなので他言語の雑誌は見ませんでしたので。。

今度、英語のを買ってみようかな。


夫が英語の勉強(?)のために定期購読しているのはこちら。

IMG_0994.jpg

言わずと知れたイギリスの週刊誌です。
HPはこちら→Economist

これは毎週ポストに入っていて、夫はいつも入浴しながら(笑)これを読んでいます。
Amazonの年間定期購読はこちら→THE ECONOMIST [Jahresabo]


勉強!って思うとなかなか気がすすまなかったり、とりかかるのにエネルギーが必要ですが、雑誌だと気軽に読めて、眺めているだけでも楽しいし、私には向いていました。
バックにいつも入れていて、カフェなどで、わからない単語にマーカー引きながら流し読み。→まとまった時間に辞書で調べる&問題を解く。というような使い方をしています。


あとは朝、朝食をとりながらと、学校に行く道すがら、Podcastでスペイン語のニュースを聞いています。
そのあとすぐドイツ語の授業ですが、案外、語学ごとの頭を切り替えるトレーニングにもなっているみたいです。
(英語・スペイン語・ドイツ語の単語が混ざってしまう現象が少しずつですが減ってきました。)

もっと語学が堪能になったら、楽しいだろうな♪







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





覚悟していた2月になりましたが、あまり寒さは感じない日々です。
でも、なんだか身体が疲れていて、よく浴槽にお湯をためて入浴しています。

ドイツの、特に私が住んでいる地域の水はかなりの硬水なので、肌荒れがひどく、オイル入りの入浴剤が必須です。
硬水対策 入浴にはバスオイルが必須(過去記事)

Kneippとか、Dr.Hauschka とか、色々な入浴剤がドラッグストアに並んでいますが、最近のお気に入りの入浴剤はこれ。

IMG_0637.jpg

DRESDNER ESSENZという入浴剤です。
自然派の健康入浴剤。

いかにも身体に良さそうなハーブの香りがぷんぷんしてきます。
漢方や薬膳も同じですが、ハーブでの自然療法が普通のドイツでは、こういう類のものが発達しているのでしょうね。

左から、Ruhepause(休息・リラックス)、Muskel&Gelenke(筋肉&関節)、Abwehrkräfte(保湿・免疫力強化)といったようなことが書かれています。
写真にはありませんが、同じラインに、Ruhe & Balance(安らぎ&バランス)、Frauen-Wohl(女性の健康)、Atemfrei(風邪時などの呼吸器官を楽にする)、Aktiv & Vital(運動後の血液循環を活性化)なんてのもあります。


Ruhepause
IMG_0845.jpg

Ruhepause:ラベンダー&ホップ
癒される優しい香りです。個人的にはこれが一番好みです。
Ruhepauseというタイトル通り、休憩・休息に適しているので、夜に入浴するのに愛用しています。
色も綺麗で、非常にリラックスできます。


Muskel&Gelenke
IMG_0990.jpg

Muskel&Gelenke:ジュニパー(セイヨウネズ)&ウインターグリーンオイル
ウインターグリーンは痛みを緩和するオイルにも使われているんだとか。
確かに、湿布のような香りもします。
ジョギングした後などに良さそう。私は普通に入ってしまいましたが、気持ちがさっぱりしました。
筋肉にいいようなので、肩こりなんかに効くかも?と期待しています。


Abwehrkräfte
IMG_0979.jpg

Abwehrkräfte:タイム&ハニー
肌を落ち着かせ、お肌に栄養を与え乾燥から守ってくれます。
ドイツの硬水に悩まされている私には保湿できるこの入浴剤は最適で、これでお風呂に入った後は、確かにお肌もしっとり、香りもなんだかとても良さそうです。


Ruhe & Balance
ごめんなさい、写真はないのですが、、
Ruhe & Balance:レモンバーム&カノコソウ
すっきりリフレッシュ・そしてリラックスできる香りです。
ストレスが溜まっている時に気持ちを楽にしてくれます。
カノコソウは睡眠薬・鎮静剤にも使われるので、これも夜寝る前に使用するのが良いです。


今まで試してリピートしているのはこのくらいです。
Frauen-Wohl(女性の健康)というのを試したいのですが、近くに売っていなくて。
amazonでは見つけられるので、何か注文するときについでに注文してみようと思っています。


DRESDNER ESSENZからはこのナチュラル健康シリーズのほかにも冬の香りシリーズ(Winterbad)など色々な種類を出しているので、ちょこちょこ試しています。
今のところ、このナチュラル健康シリーズが一番お気に入りです。


ドラッグストアチェーンDMなどに売っているので、手軽に入手できます。
気分で買って帰って至福の時間を過ごしたり、一時帰国や他の国に住む友人への軽いお土産にも便利です♪

ちなみに、浴槽にお湯をはる時にも必ず、シャワーでフィルターを通した水を使用しています。
シャワー硬水対策 シャワーヘッドフィルター(過去記事)


やっぱりお風呂にゆっくり浸かると、身体が楽になるし、気持ちもスッキリしますね。
浴槽付きの家でよかった♪
(スペインの2年間は浴槽がなくてシャワーしかない家に住んでいたので、ありがたみを実感。)







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

作者:Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

ドイツ在住Nassyの生活スタイル紹介ブログです。
スペイン、ドイツの生活・お役立ち情報や、そのほか旅行のことなど。

7日 1228 総合 1349 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Nassyさん新着記事



過去記事

Nassyさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
2位 うきうきビール生活 in フランクフルト
3位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
4位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
5位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
6位 インナービューティークリエイター鈴木めぐみ
7位 Germany Today
8位 ディステル白兎さブログ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録