Welcome!

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

1年以上





ベルリンでSyrian Foodをいただくなら、絶対にここがお勧めです!
IMG_0273.jpg
Yarokというシリア料理レストラン。
もちろん日本にはない系統のお味も多いので、好き嫌いはあるかと思いますが(^_^;)

シリアの首都Damascusダマスカスの料理だそうです。
IMG_0269.jpg

まず、お店の内装がとても可愛いのです。
外観
IMG_0277.jpg
内装
IMG_0272.jpg

気軽に食べるケバブ屋のような雰囲気かと思ったら、とても可愛くて、どちらかというとカフェという雰囲気でした。
私が行った時間帯(15時くらい)は、店内には女性同士、家族連れが多かったです。
テイクアウトする男性も多く見られました。
近所に住んでいるのかな?
代わる代わるお客さんが入ってきて、とても繁盛していました。

飲み物は、マテ茶と、ミントティー。
IMG_0276.jpg
マテ茶はとても本格的に出てきました。
葉っぱが直にコップに入っていて、ストローで液体だけ吸えるようになっています。
ほのかに蜂蜜の甘さがあって、とても美味しかったです。クセになりそう。

ミントティーは、getrockneten Limetten(乾燥ライム?)と蜂蜜が入っていました。インドスーパーに良くある特徴的な香り。
柚子茶にミントを入れたようなかんじのお味でした。

これ以外に、Ayranアイランという、ヨーグルト+塩のドリンクも注文しました。甘くないラッシーという感じです。

食べ物は、シリア料理が初めてだったので、Yarok-Platte – Spezialという、スペシャルプレートをいただきました。
IMG_0273.jpg
これで2人分。
1人9ユーロ、2人分から注文できます。

いろいろなものがちょこちょこいただけるので、すべて新鮮で、飽きることなく最後までいただけます。
何より美味しい!

野菜が多いので足りないかと思いきや、夫も私もこれでお腹いっぱいになりました。
とても健康的です。

シリア人の友人にこの写真を見せたら、うわぁ、本物だ!と言っていました。
お母さんはこういう食事をいつも作っている、と。

店員の青年たちも優しくて笑顔で、働き者でとても感じが良かったです。
食べたことない料理を食べようと、好奇心で行ったのですが、また何度も訪れたいと思うほど、すっかりファンになってしまいました。


Yarok
Torstraße 195, 10115 Berlin
毎日 12:00-24:00
http://www.yarok-restaurant.de







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上






前回記事、VHSドイツ語コース2週目を終えて-語学の勉強-の続編です。

学校が始まってから、毎日とても楽しいです。
1日4時間の授業+大量の宿題、復習+いつもの家事、の平日は、なかなかタイトと感じることもありますが、
・目標や成果が見えやすい(習ったことを街ですぐ使えて自分の成長が実感できるのは楽しい←経験上B1くらいまでは楽しいはず。生活を超えて政治や経済や世界情勢の話が出てくるB2から辛くなる;)
・外人としてドイツに存在する仲間がたくさんできる(各々のバックグラウンドも知ることができる)
・友達が一気に増える(ただただ嬉しい)
・生活リズムがしっかり整う(これはいつもの私がダメすぎるだけですが;)
など、いいことだらけです。

IMG_0493.jpg

そんな中、ちょっとした事件。

仲良くなったシリア人の女の子がいるのですが(過去記事:ドイツ語語学学校(VHS)初日)その子が、ある日、
「私、学校に来られなくなるかも」と言い始めました。

よく聞くと、お金を払わなきゃいけない、と言われた、と。
そして毎月125ユーロと聞いて、すごくすごく落ち込んでいたのです。

私にとっては、月125ユーロで週5日毎日4時間の授業、しかも後で半額返済される、驚愕のお値段です。
彼女が9ヶ月前にシリアから来たこと、彼女の家族は皆でドイツに来たけれど、友達はまだシリアにいるの、とても心配。と言っていたこと、色々思い出して、何だかいたたまれない気持ちになりました。

彼女、ボルドーのマニキュアをして、Michael Korsのバッグを持って、ダウンジャケットも幾つか着まわしているし、
私は、"早い時期にドイツに来たシリア人は富裕層"と聞いたことがあるし、きっとお金持ちなんだな、と思っていました。

でも、125ユーロの授業料で泣きそうな顔をしている彼女。
そういえば辞書を買えと先生に言われて、みんな続々と購入している中、彼女はまだ買っていない。

彼女のファッショングッズはきっと、もともと持っていて、シリアから持ってきたものなのかもしれません。
お父さんは亡くなっているそうです。(最近なのか昔なのかは、もう、聞けませんでした。)


125ユーロ、もちろん安い金額ではないけれど、数回夫と外食を我慢すれば蓄えられる額。
裕福ではなくても授業料を全額自分で払えるくらいの経済力はある私が国の支援を受けて授業を受けられる中、
さらに言えば、それで授業サボっているクラスメートもいる中、
生きるためにドイツ語を学ぶことが本当に必要な彼女が、そんな授業料が払えないという理由で授業を受けられなくて、今後の人生に影響が出るかもしれないなんて。

我が家の贅沢を減らして、彼女の分、払ってあげようか?
しかし、たくさんの困っている人がいる中で、たまたまクラスメートになった彼女だけにそういうことをしても良いのだろうか?
そもそもクラスメートという立場なのに、お金を出すことで上下関係になるのも嫌だ。
それを言い出すことで彼女を傷つけるかもしれない。
家のお掃除なんかをお願いして、お給料としてお金を渡すのは?
それも雇い・雇われ、という関係になって、対等なクラスメートではなくなってしまうのかな?
でもお互いにWin-Winであれば、それは上下ではなく出来ることをし合うという助け合いかな?
なんて、ごちゃごちゃごちゃごちゃ考えました。

夜、夫に彼女のことを話したら、私の考えたごちゃごちゃを伝えていないのに、
「何かうちにお仕事ないかな?」なんて同じようなこと言い出す。


ただ、彼女、難民なのかもしれない。
彼女の街の語学学校が満席でずっと先まで入学できないから、こちらの学校へ来た、というので、
もし払えなければ順番待ちをすれば、彼女の街のVHSへ行けるのかもしれない。
そうしたら私たちが余計なお節介しなくても、彼女は無料でドイツ語を勉強できるはず。

まだ事情が分からないので、彼女に翌日聞いてみることにしました。


このVHSは、移民・難民・一般の外人、と、各々の事情によって、授業料が変わります。
(私の場合は移民の規定が適用され、1ヶ月80時間で125ユーロ、B1のテストに合格後に半額返済される予定。)
過去記事:VHS(Volkshochschule)市民学校 クラス分け試験&申込み手続き


泣きそうな顔をしていた彼女に、何か情報があればと思い、移民局でいただいた案内を渡していました。
→社会融合講座の案内(英語日本語

なので翌日、読んだ?どうだった?と聞いてみました。

前述の通り、その子のお父さんは亡くなっていて、お母さんを筆頭に、家族でシリアからドイツに越してきた、と。
お母さんは仕事をしているわけではない、シリア人ばかりが住んでいる場所にいる、という話から、やはり難民なのでしょう。
お母さんは無料でドイツ語の授業を受けている。
ただ、彼女の地域で30代までのクラスが人数いっぱいで、一年以上待たなければならないので、割と待ち時間の少ないこのクラスに入った、というのです。
で、彼女の近所に住んでいるシリア人も、同じようにこの学校に来ているけれど、無料、とのこと。

それならきっと、彼女には無料で授業を受ける権利があるはず。
難民局か、私たちの通うVHSの事務が何か間違えているのかもしれない、ということで、まずはVHSの事務に聞きに行くということになりました。


ドイツの役所的なところは人によって対応が変わったりするから、ちょっと心配。
誰よりもやる気があって、頑張っている彼女が、このまま一緒にクラスで楽しく勉強できますように。


いつもクラスメート同士で休憩時間に先生のモノマネして爆笑したり(くだらない。笑)、わからないところは教えあったり、街のレストランを教えあったり、とても楽しいです。
私はワイン大好きキャラになってしまいました。ブルガリアの子はビール大好きキャラ。
会話の練習でBarに行こう、みたいなトピックが出てくると、いつも私たちにやらせてくれる。

まだまだクラスメート同士、会話は英語がほとんどですが、ドイツ語の練習しなくちゃね、と言っています。
皆で集まってパーティーしたり、お茶したりして練習しよう!
ということで、今日は皆で自分の連絡先を書きあって、Facebookのグループと、WhatsApp(LINEのようなもの)のグループを作ることになりました。
(片方しかアカウントがない子がいるので、どっちがいいかまだ決めていない。とりあえず作ろうって流れ。)


シリア人の彼女も含め、最後までみんなで明るく楽しく勉強できますように。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





今日でちょうど、語学学校1ヶ月目の折り返し地点、2週間が経過しました。
1日4時間の授業なので、1日に学ぶ量が多くて、復習をしっかりしていないとついていけなくなりそうです。
宿題も毎日出るし、ドイツ語初心者にとってはもちろん、出てくるほぼ全ての単語が覚えるべき単語ですので、4時間の授業の他に毎日2-3時間は勉強しています。

2年間という期限が決まっていたスペイン生活とは一転、ドイツにはこの先何年も住む予定なので、ドイツ語はのんびりいこうと思っていたのですけど、、
そういうわけにはいかなさそうです(^_^;)

IMG_0622.jpg

前回、ドイツ語コースがスタートした日に記事を書きました。
ドイツ語語学学校(VHS)初日
ここから、メンバーも数人入れ替わりました。

ウクライナ人とトルコ人がいなくなり、リビア人・ザンビア人・新たなシリア人が加入。
しかしザンビアの子もいなくなりました。

ザンビアの子は途中で来て途中でいなくなったので、きっと合う学校を探しているのでしょう。
ウクライナの子とトルコの子は、授業についていけなくなって、とても弱気になってしまっていてかわいそうでした。

そういえば、スペイン語を勉強していたときも、スタートが遅れた子が、学校を辞めてしまったり、休みがちになっていたなぁ、と。
日本人の友達も苦しんでいて、なるべく力になりたいと思ったのですが、一度クラスに対して感じてしまった劣等感って、なかなかぬぐえないのですよね。
いつも「学校に行くのが恐怖」って言っていました。わざわざお金払っているのにもったいない!


スペイン語を勉強していた時にも、ドイツ語を勉強することになった今回にも、感じたこと、思っていることを書いてみます。
これから語学を勉強する方へのアドバイスに少しでもなったらと思うのですが‥


1. わからないことに引け目を感じる必要なし
知らないことを知るために勉強しに来ているのだから、わからなくても弱気になる必要ありません。
どのレベルでも同じだと思いますが、初心者だったらなおさら、わからなくて当然。
初心者クラスだからこその、滞在歴・渡航目的・パートナーの国籍、などの差による、スタートラインに多少の違いがあるけれど、だからと言ってそこに劣等感を感じる必要はない。
(今回の例では、私を含め多くの移民・難民は、数ヶ月の待ち時間があって、ドイツに多少慣れていた。私費で通いに来たであろう彼女たち、まだドイツに来て日が浅かった。)
海外の語学学校って、授業中にばんばん発言するスタイルが多いのですが、特に初心者クラスで授業中に声を出すのは、少しだけ勉強して知っていることを言っているだけ。言ってみればまだ、”どんぐりの背比べ”の状態です。
声を出さない人は、「みんな分かっているのに自分だけできない」なんて思う必要はありません。
「今の理解できなかった!!」って大声で言えるくらいのメンタルを持つのが理想です。

2. 学習スピードを他人と比較しない
特にアジア人、単語も文法の概念も全く違う言語なので、他の国の生徒たちに比べて話せるようになるのが遅いです。
学習スピードが劣る気がするが、それは頭が悪いわけではなくて、言語のシステムが異なるからです。
英語もあまり話せない超ドメスティックで育ってきた私でも、2年間スペイン語を勉強してからのドイツ語は、ちょっと楽です。
落ち込んだら、彼らにしたら超難しい日本語が話せるのだから、大丈夫、と自分を慰めてあげてください。笑
自分が話せるようになるのが目的、ということを忘れず、人と比較しないでマイペースにいきましょう。

3. 復習はしっかりする・できれば予習も
色々な教材に手を出さず、まずはその日の授業で出てきたことをパーフェクトにするのがお勧めです。特に単語。
名詞を冠詞(男性・女性・中性)付きでしっかり覚える。
動詞の活用を完璧に覚える。
形容詞を書きだして覚える。
など、繰り返し紙に書いたり、家族に問題を出してもらったり‥
翌日勉強するであろう部分のテキストを読んでおくのも、授業の時に先生の説明がしっかり聞けて良いでしょう。

4. 学校に行き始めるにあたって、数字・挨拶などを知っておく
全くの初心者の場合です。
スペインにいた時も、今回のドイツでも、語学学校で、最初から、ABCDEFG・・・ってあんまりゆっくりやってくれません。
・挨拶:おはよう、こんにちは、こんばんは、さようなら。
・自己紹介:『私の名前は○○です』『私は日本から来ました』『私は日本人です』『私は○歳です』『私の職業は○(生徒でも可)です』etc..
・アルファベット
・数字
・月の名前・曜日の名前
・授業用の単語:話す・聞く・書く・やる・質問・宿題 etc...
あたりを授業が始まる前に知っているのと知らないのとでは、1.に書いた初心者の劣等感がかなり異なるでしょう。

5. なるべく授業中に声を出す
日本では、静かに先生の話を聞き、わからないことがあったら手を挙げるか後で質問することが多いですよね。
出来る生徒でいること、分かっていること、が良しとされるのは、日本の学校までのようです。知識と理解は異なります。
どこの国までかはわかりませんが、イタリアもフランスもドイツもロシアもアメリカもブラジルもオーストラリアもフランスもグルジアもアルメリアもウクライナもブルガリアもインドもトルコもシリアもパキスタンもイスラエルもアルジェリアもエチオピアもリビアもケニアもノルウェーもスウェーデンもフィンランドも、そして中国やお隣の国韓国も、
少なくとも今までにスペインとドイツで私がクラスメートになったこれだけの国の生徒たちは授業中にどんどん発言しています。
先生の問いかけに対してはもちろん、『これってこういうことですか?』『ここがわからない』『他の学校ではこう習った』『書いてください』『発音してください』『これは間違い?』『これってどう表現するの?』などなど。
生徒同士でディスカッションが始まることも珍しくありません。それに先生が加わって、クラス全体が議会みたいになることもありました。
日本の授業スタイルは一度忘れて、彼らと同じようにどんどん発言しましょう。
それが難しければ、手を挙げたら先生が気付いてくれるはずです。
こんなこと言ったら恥ずかしいかな、間違えているかな、授業においてかれているからな、なんて思う必要なくて、今、頭の中にあることを先生に知らせることが大切です。
間違ったり、トンチンカンなことを言っていたら、(時間が許せば)先生は説明してくれるはずです。少なくとも理解していないことを分かってもらえるチャンスです。
黙っている方が、わかっているのかわかっていないのかわからなくて、先生もやりにくいそうです。



なんだか偉そうに書いてしまいましたが、私は言語学や教育学の専門家でも何かの先生でもありません(^_^;)
自分自身でも気をつけなきゃいけないな、と思っていることの忘備録として、
そしてこれから言語を勉強する方で、せっかくの勉強にストレスを感じたり、自信をなくして辞めちゃう、なんていうことが少しでも減ればいいな、と思って書いてみました。

長くなってしまったので、この2週間のこと、続きは明日書こうと思います♪







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





最近のドイツ、私が住んでいる地域は、まだ雪が降って積もったりはしていないのですが、気温はほぼ毎日マイナス、寒い日が続いています。

東京・大阪・そしてスペインで暮らしてきた私にとって、こんなに寒い冬は初めて。
かなり覚悟して、一時帰国の際にはホッカイロやヒートテックを買い集め、高いMONCLERのダウンも先日アウトレットで購入して冬に備えましたが、今のところ、想像してほどの厳しさではありません。

→(過去記事)
一時帰国で購入してきたものたち
OUTLETCITY METZINGEN メッツィンゲンのアウトレットでショッピング

スペインの家なんて、夏の暑さが当たり前なので、通気性の良かったこと。笑
ドイツの家の機密性の高さに感動します。その分、通気はちゃんとしないとお風呂場なんかがカビてしまうと聞いたことがありますが、今のところ、朝と夕方に、部屋ごとに順番に窓を開けて風を通すくらいですが大丈夫そうです。

そして外出した後は、外が寒い分、お風呂タイムが幸せになります。

最近ハマっているのが、身体を洗うブラシ。
IMG_0596.jpg

ドイツにお住いの方にはご存知、チェーン展開しているオーガニックBIOスーパー、Alnaturaで購入しました。

IMG_0597.jpg

取っ手が外せるので、背中は棒をつけて洗って、足や腕などは棒を外して洗っています。
最初、ちょっと固いかな?と思いましたが、水に濡らすとブラシ部分がやわらくなって、とても気持ち良いのです。

いろんな種類があるみたい。
例えばこれ、Körperbürste(Amazonのページ)が、私の買ったのによく似ています。
お風呂じゃない時にも身体のマサージにも使えるみたいです。

敏感肌&硬水が原因で、お肌が乾燥してしまうので身体を洗うのに、毎日は石鹸を使わず、これで優しくこする程度にするのが私には丁度いい感じです♪

もちろん硬水対策のシャワーヘッドも継続しています。
シャワー硬水対策 シャワーヘッドフィルター(過去記事)
先日、半年ぶりに新しいフィルターに交換したら、今まで使っていたものの内部にぎっしり硬水のカルキがたまっていて、びっくりしてしまいました。
そして交換したらお肌の調子が良くなったので、効果はあるみたい。


本当はもっとゆっくり浴槽に浸かりたいのですが、主婦業と語学学校が忙しくなってしまって、なかなかのんびりお風呂に入れてません。
長風呂が恋しいなぁー!!







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





土曜日に、METZINGEN(メッツィンゲン)にあるアウトレットでお買い物をしてきました。

IMG_0451.jpg

METZINGEN(メッツィンゲン)はStuttgart Hbf(シュトゥットガルト中央駅)から電車で45分ほど・車で35分ほどの小さな街で、そこに突然、ファッショナブルなアウトレットシティが出現します。
シュトゥットガルトからはシャトルバスも出ています。
詳細はHPをご覧ください。

よくある、敷地の中に整然とお店が立ち並ぶアウトレットモールと違い、街全体がアウトレットシティとなっており、ブランドごとに建物も個性があって、散歩するだけでも楽しいです。
もともとは、Hugo Boss(ヒューゴ・ボス)がファクトリーストア(工場直販店)を出したので人が集まり、他のブランドもこぞってここに出店したそう。
たくさんのインターナショナルブランドが立ち並んでいます。

今回は電車で行きました。
METZINGEN(メッツィンゲン)駅を出たところ。
IMG_0432.jpg
本当にごくごく普通の住宅地という雰囲気の駅です。

住宅が立ち並ぶ道を15分弱歩きます。
IMG_0433.jpg
IMG_0434.jpg
クリスマスが終わって用なしになったツリーたちが道にたくさん捨てられていました。
来年まで取っておくことも難しいですものね。
なんとなく、かわいそう、寂しい、気持ちになってしまいました。

思ったよりもすぐに到着。
専用の敷地があるわけではないので、あっ、この辺一帯かな?という感想から始まりました。
IMG_0435.jpg
冬季五輪のドイツナショナルチームで着用されているBOGNERは、ファッション性も機能性も高くてお気に入りブランドです。
ラグジュアリーなスポーツランドです。スキーウェアなどもおしゃれ。
家庭画報にこのブランドのダウンジャケットが出ていて、そのお値段に目玉が飛び出るかと思ったことがあります。
ドイツのブランドなので、ドイツのセールで購入するのが最もお得でしょう。
というか、庶民のワタクシには、そうでないと雲の上ブランドです(^_^;)

お店のドアやショーウィンドウにOUTLETCITY METZINGENのクレジットカードのシールが貼ってあるので、ここ、もう全部そうだ!と実感できます。

見た感じは、普通の街。
IMG_0437.jpg

でも、建物がスタイリッシュなものが多いです。
IMG_0439.jpg

インフォメーションでMAPをいただき、カフェでランチしてからお買い物を開始しました。

川が流れていて、橋がかかっていて、散歩するだけでも楽しい。
IMG_0448.jpg

ラグジュアリーブランドもたくさんあります。
このエリア、おしゃれで素敵でした。
IMG_0440.jpg
IMG_0441.jpg

GUCCI・TODS・BURBERRY・ARMANI・JIMMY CHOO・MAX MARAなどのブランドも、かなりの値引き率!
時期も良かったのかもしれませんが、70%OFFが当たり前でした。
日本円にしてもともと30万円相当のコートが5万円相当になっているのを見ると、心が揺らいでしまいます。しかもとても可愛い!
必要なものだけ、必要なものだけ、と心を落ち着かせます。

夕景が綺麗。
IMG_0451.jpg

この日、最も混んでいたのはRalph Lauren(ラルフローレン)でした。
IMG_0445.jpg
階段の下と上に入り口があって、下の入り口は長蛇の列で入場制限。
ぐるっと回ったら上の入り口を発見し、係りの方の前で少し待ったらすぐ入れてしまいました。

もちろんこのアウトレットシティの元祖、Hugo Boss(ヒューゴ・ボス)も大人気。
ですが、さすが、建物が広大なので、入場制限などはなくて、広い建物内にズラーッと並んだ商品たちをゆっくり見ることができました。

あとはカフェが大混雑でした。
私たちはスタンドでパンを買ってベンチに座って適当に軽食をとりましたが、お子様連れの方はちょっと大変かも。
サンドイッチでも持ってきて、車の方は車の中で食べたりするのもいいかも。

子供服も可愛いし(特にGUCCIとMONCLERの子供服が私にはツボでした)、子供用の遊具なんかも充実しているので、子連れの方も家族で土曜を過ごすのも楽しそう!と思いました。

この日、購入したのは、
私:
・MONCLER(ダウンジャケット)
・TORY BURCH(バッグ・ハイヒール・ワンピース)
夫:
・MONCLER(ダウンジャケット)
・POLO RALPH LAUREN(ニット・シャツ・ベルト)
でした。

ダウンジャケットが目的で行ったので、目的達成できて大満足です。
これから節約生活です。汗


約6時間もいたのですが、まだまだ色々見たいくらいでした。
IMG_0455.jpg
IMG_0453.jpg
もう予算もないし後ろ髪を引かれる思いで、アウトレットシティを後にしました。


EU外にお住いの方は、免税手続きも各店舗で対応していただけます。
日本人もたくさん見かけました♪


このアウトレット、オンラインショップも豊富です。
以前オンラインショッピングした際にも記事を書いたのでよろしければご覧ください。
OUTLETCITY METZINGENのオンラインストアOUTLETCITY.COMでショッピング(BOGNER, DVF, TommyHilfiger)(過去記事)


OUTLETCITY METZINGEN
http://www.outletcity.com/de/metzingen/(英語あり)
Reutlinger Straße 63
D-72555 Metzingen
月-金曜:10:00-20:00
土曜  :09:00-20:00


ブランド一覧(2016年1月現在)
7 FOR ALL MANKIND
ADIDAS
ARMANI
BALLY
BOGNER
BURBERRY
CALVIN KLEIN JEANS
CALVIN KLEIN UNDERWEAR
CAR SHOE
CHURCH'S
COACH
CROCS
DESIGUAL
DIANE VON FURSTENBERG
DIESEL
DOCKERS
ER&SIE PARFÜMERIE
ERMENEGILDO ZEGNA
ESCADA
ESPRIT
FALKE
FOSSIL
GUCCI
GUESS
HACKETT
HOGAN
HUGO BOSS
JACK & JONES
JIMMY CHOO
JOOP!
KIPLING
LACOSTE
LEVI`S
LINDT
LORO PIANA
MARC O`POLO
MAX MARA
MICHAEL KORS
MILKA
MISSONI
MIU MIU
MONCLER
NAPAPIJRI
NIKE
OAKLEY
PEAK PERFORMANCE
PETIT BATEAU
POLO RALPH LAUREN
PORSCHE DESIGN
PRADA
PUMA
REEBOK
S.OLIVER
SAMSONITE
SCHIESSER
SCHIESSER KIDS
SEIDENSTICKER
SIGIKID
STRELLSON
SUPERDRY
SWAROVSKI
SWATCH
TCHIBO PROZENTE
THE NORTH FACE
TIMBERLAND
TOD'S
TOM TAILOR
TOMMY HILFIGER
TORY BURCH
VERO MODA
WINDSOR
WMF
WOLFORD
ZWILLING








ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

作者:Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

ドイツ在住Nassyの生活スタイル紹介ブログです。
スペイン、ドイツの生活・お役立ち情報や、そのほか旅行のことなど。

7日 732 総合 1385 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Nassyさん新着記事



過去記事

Nassyさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 うきうきビール生活 in フランクフルト
2位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
3位 Germany Today
4位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
5位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
6位 インナービューティークリエイター鈴木めぐみ
7位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
8位 KM Sports -あなたのドイツ生活に潤いを-


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録