Welcome!

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

1年以上






ニュルンベルクのクリスマスマーケットに行ったとき、ニュルンベルガーソーセージの有名店Nürnberger Bratwursthäusle bei St. Sebald(ブラートヴルスト・ホイスレ)へ行きました。

DSC04830.jpg
こんな素敵な外観で、クリスマスマーケットシーズンのため外にも人が溢れていたので、かなり待つかと思いましたが、すぐに座ることができました。

皆、ソーセージ一皿とビールだけで、長居しないので回転がかなり早いのです。
日本のラーメンのような感覚、ですね、きっと。

中も雰囲気抜群。
DSC04818.jpg
店員さんも伝統の衣装(オクトーバーフェストなどで着るディアンドル)を着て、せわしなく働いていました。

アジア人観光客もとても多かったです。

まずは三人で別々の種類のビースを注文。
DSC04819.jpg
個人的にTUCHER Hefeweizenというワインが美味しかったです。

お酒のカウンター。
DSC04821.jpg
これとは別に中央のスペースにソーセージを焼く厨房みたいなのがありました。
臨場感溢れる空間!

ニュルンベルガーソーセージは本数を選べます。
私はクリスマスマーケットで飲食していてあんまりお腹空いていなかったので、6本のを。
男性2名は10本のを注文。

10本のはハートのお皿で持ってこられます。
DSC04826.jpg
男性2名がハートのお皿で食べているのがちょっと面白かった♪

付け合せはザワークラウト・ジャガイモサラダ・ホースラディッシュから選択できるので、皆違うのにして3人で分けました。

それからすごい肉!
DSC04825.jpg
Knöchle (Eisbein)アイスバインです。
ソーセージの店でこれを注文するのも、と思いましたが、さすがお肉のお店、とても美味しかったぁ。

パンもどーんとかごに入って提供されました。
DSC04829.jpg
おそらく、食べた分だけお金をとられる仕組み。
でもあんまり正確じゃない気が。。
私たちがパンは食べていない様子を見て、そのまま個数も確認せずに違うテーブルに持って行っていましたから(^_^;)

たくさんのお料理で机の上も賑やかです。
DSC04828.jpg
どれもこれも美味しい!

ゆっくりできるお店ではありませんが、落ち着くことができました。
気の置けない人たちとクリスマスマーケットを見て、暖かい雰囲気あるお店でビールを飲んで、美味しいものを食べて、、至福の時間でした。

テイクアウトもできるようで、外のスタンドも人がいっぱいでした。

たまたま、外に出た時に人がいなくなったので。
DSC04815.jpg

ちょっと離れると、一段と美しいです。
DSC04834.jpg

ニュルンベルクのクリスマスマーケットは二度目でしたが、やっぱり素敵。
このレストランには次に訪れた際にも是非行きたいです。


Bratwursthäusle bei St. Sebald
Rathausplatz 1, 90403 Nürnberg
月-土曜 10:00-22:00
http://die-nuernberger-bratwurst.de/index.php?id=3821







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





ベルリンのKreuzbergクロイツベルクという地区にあるタイ料理レストラン、Chanに行きました。
この地区、トルコ人や、移民が多く住むことで有名なのですが、可愛いカフェやレストランがたくさんあります。

実は、ラーメン屋さん、Cocolo Ramenbar X-berg(ココロラーメン)を目指して行ったのですが、あいにく閉まっており、、
口が完全にラーメンになっていたのですが、変な時間だったのもあって開いている望みが少ない他のラーメン屋さんにわざわざ行くのも、、
ということで、妥協して、アジアレストランを探しました。

同じ並びにあるタイ料理レストラン、Chan asian market food、ピークを過ぎた時間なのに賑わっているし、
さっと調べたらGoogle Mapでもトリップアドバイザーでも、評価も高め。
お腹もぺこぺこでしたし、試してみよう!ということで入店しました。

外観がとてもお洒落。
DSC06246 のコピー.jpg

どちらかというとカフェ、という雰囲気です。

ジンジャーティーと、ウーロン茶だったかな?お茶を注文。
DSC06237 のコピー.jpg
素敵なカップで出てきました。

夫のグリーンカレー
DSC06241 のコピー.jpg
逆さまで失礼。
お子様ランチみたいなご飯、ちょっと可愛い。

私はランチメニューのレッドカレーにしました。
DSC06244 のコピー.jpg

内容はグリーンカレーもレッドカレーもほぼ同じのようです。
お肉の種類は選べたので、夫のグリーンカレーは牛、私のレッドカレーは鳥でお願いしました。

ドイツによくあるインビスの大味なタイ料理に比べ、こちらはカフェ風というか、上品な感じ。
カレーは辛いのに慣れている日本人からするとちょっとパンチが足りない印象を受けましたが、ドイツ人にはこれぐらいがちょうど良いのかもしれません。
内装も小綺麗で可愛くて、居心地が良かったです。

常に通し営業なのと、日曜もオープンしているので、使い勝手も良さそうです♪


Chan asian market food
Paul-Lincke-Ufer 42, 10999 Berlin
月-金 12:00-0:00(ランチメニュー:月-金 12:00-16:00)
土-日 13:00-0:00
http://chan-berlin.jimdo.com


最後に‥
行きそびれたココロラーメン。
DSC06235 のコピー.jpg
未練タラタラ、次回は必ず行きます!







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





年末の旅行で、Bambergバンベルクという古城街道にある街へ立ち寄りました。
バンベルクの旧市街は世界遺産に登録されており、とても美しいので観光におすすめです。

そのバンベルクの街で、特にヒットだったレストランがこちら、Schlenkerlaというビアレストランです。
DSC04898.jpg
創業1678年のシュレンケルラ醸造所、直営のレストランだそうです。

外観はこちら。
DSC04890.jpg

有名店だそうですが、そんなに目立つわけでもなく、風情たっぷりです。
DSC04892.jpg

メニューが外に出ていました。
DSC04893.jpg

このレストランに11:30に到着したのですが、一階には既に人がたくさん。
外から見たこじんまりした雰囲気とは打って変わって、内部にはたくさんの部屋があり、多くのお客さんが入れるようになっていました。
たくさん通路や階段や扉があって、ちょっと迷路のよう。
中庭で立ち飲みしているお客さんもいました。夏は気持ち良いでしょうね♪
楽しかったです。中世の風情ある雰囲気。

そんなにゲームには詳しくないのですが、ファイナルファンタジーとかアトリエシリーズとか、中世を舞台にしたゲームを思い出します。‥ここでゲームが思い浮かぶなんて、発想がちゃっちいですね(^_^;)

DSC04896.jpg
部屋によっても内装が異なり、雰囲気が全く違って興味深かったです。

私たちは中二階のような部屋に通されました。
DSC04898.jpg
その部屋の出入り口の上にはこんな可愛い絵が。

多くの食事のメニューは12:00-ということで、まずはバンブルク名物の燻製ビール。
DSC04900.jpg
Rauchbierラオホビーアと言って、煙でいぶした麦芽を用いたビールです。
今までいただいたビールの中で最高に美味しかったです。
これのためだけでもまた行きたい!!

それから常時提供のBamberger Bratwürste mit Kraut und Brotバンブルクソーセージのメニューを注文して待機。
DSC04902.jpg
とても美味しい!もちろんビールと相性抜群!

そうこうしているうちにすぐに12:00となりました。
先に注文していたBamberger Zwiebel in Rauchbiersoße mit KartoffelbreiとLeberknödelsuppeは、12:00を迎えた瞬間に運ばれてきました。
これって日本では当たり前かもしれないけど、ドイツだと12:00-のメニューは厨房のスタッフのシフト(?)が12:00-な事も多く、こんなに早くお料理が出てくるなんて驚きました。素晴らしい!

Bamberger Zwiebel in Rauchbiersoße mit Kartoffelbreiは玉ねぎの肉詰め、ビアソース掛けです。
DSC04903.jpg
旅のお供『地球の歩き方』にも載っている名物メニューです。
これが最高に美味しかった!
近い将来、また来ることを誓いました。

Leberknödelsuppeも期待を裏切らない味。
DSC04905.jpg
この深いコンソメのお味が大好き!
外が寒かったので、身体に染みます。

誰ですか、ドイツには美味しいものないって言ったの!
確かに感動するくらい美味しいお食事に出会う確率はフランスやベルギーやイタリアやスペインやポルトガルなどに比べて少ないかもしれませんが、十分美味しいものたくさんあります。

とても有名なお店らしく、観光客だらけです。それは風情もあるし美味しいお店だから良いとして、
ただ、、
定員さんが中国人嫌い丸出し(嫌なの丸出しの喋り方、目も合わせずものを投げるように置いたり注文や会計をせずに放置したりしていた←日本人でドイツ語の話せる私たちには態度が少しマシだったけれど、やっぱりお会計なんかは欧米人優先といった感じでした)、そういうのは見ていて嫌な気持ちになってしまいました。
それも一人の店員さんだけでなく至る所で三人くらい。

ただ、ドイツのサービスの質の低さに慣れた我々としては、あぁ、酷いな、とは思うものの、雰囲気は良いし、美味しいし、旅先で美味しいものが食べられたら御の字。
チップはいつもの割合よりも少なめにしましたが(あはは)、満足、また訪れたいと思っています。

だって、あんなに美味しいビールとお食事は、なかなかいただけないですもの!
ということで、サービスにこだわらなければ、建物もお味も、そして立地も良く、とてもオススメのレストランです。
お食事をいただかず、ビールだけのお客さんもたくさんいたので疲れた時にも気軽に入れると思います♪
ちなみに旅先で重要、トイレも綺麗でした。


Schlenkerla
Dominikanerstraße 6, 96049 Bamberg
毎日 9:30-23:30
http://www.schlenkerla.de








ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上





ベルリンでSyrian Foodをいただくなら、絶対にここがお勧めです!
IMG_0273.jpg
Yarokというシリア料理レストラン。
もちろん日本にはない系統のお味も多いので、好き嫌いはあるかと思いますが(^_^;)

シリアの首都Damascusダマスカスの料理だそうです。
IMG_0269.jpg

まず、お店の内装がとても可愛いのです。
外観
IMG_0277.jpg
内装
IMG_0272.jpg

気軽に食べるケバブ屋のような雰囲気かと思ったら、とても可愛くて、どちらかというとカフェという雰囲気でした。
私が行った時間帯(15時くらい)は、店内には女性同士、家族連れが多かったです。
テイクアウトする男性も多く見られました。
近所に住んでいるのかな?
代わる代わるお客さんが入ってきて、とても繁盛していました。

飲み物は、マテ茶と、ミントティー。
IMG_0276.jpg
マテ茶はとても本格的に出てきました。
葉っぱが直にコップに入っていて、ストローで液体だけ吸えるようになっています。
ほのかに蜂蜜の甘さがあって、とても美味しかったです。クセになりそう。

ミントティーは、getrockneten Limetten(乾燥ライム?)と蜂蜜が入っていました。インドスーパーに良くある特徴的な香り。
柚子茶にミントを入れたようなかんじのお味でした。

これ以外に、Ayranアイランという、ヨーグルト+塩のドリンクも注文しました。甘くないラッシーという感じです。

食べ物は、シリア料理が初めてだったので、Yarok-Platte – Spezialという、スペシャルプレートをいただきました。
IMG_0273.jpg
これで2人分。
1人9ユーロ、2人分から注文できます。

いろいろなものがちょこちょこいただけるので、すべて新鮮で、飽きることなく最後までいただけます。
何より美味しい!

野菜が多いので足りないかと思いきや、夫も私もこれでお腹いっぱいになりました。
とても健康的です。

シリア人の友人にこの写真を見せたら、うわぁ、本物だ!と言っていました。
お母さんはこういう食事をいつも作っている、と。

店員の青年たちも優しくて笑顔で、働き者でとても感じが良かったです。
食べたことない料理を食べようと、好奇心で行ったのですが、また何度も訪れたいと思うほど、すっかりファンになってしまいました。


Yarok
Torstraße 195, 10115 Berlin
毎日 12:00-24:00
http://www.yarok-restaurant.de







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy
1年以上






前回記事、VHSドイツ語コース2週目を終えて-語学の勉強-の続編です。

学校が始まってから、毎日とても楽しいです。
1日4時間の授業+大量の宿題、復習+いつもの家事、の平日は、なかなかタイトと感じることもありますが、
・目標や成果が見えやすい(習ったことを街ですぐ使えて自分の成長が実感できるのは楽しい←経験上B1くらいまでは楽しいはず。生活を超えて政治や経済や世界情勢の話が出てくるB2から辛くなる;)
・外人としてドイツに存在する仲間がたくさんできる(各々のバックグラウンドも知ることができる)
・友達が一気に増える(ただただ嬉しい)
・生活リズムがしっかり整う(これはいつもの私がダメすぎるだけですが;)
など、いいことだらけです。

IMG_0493.jpg

そんな中、ちょっとした事件。

仲良くなったシリア人の女の子がいるのですが(過去記事:ドイツ語語学学校(VHS)初日)その子が、ある日、
「私、学校に来られなくなるかも」と言い始めました。

よく聞くと、お金を払わなきゃいけない、と言われた、と。
そして毎月125ユーロと聞いて、すごくすごく落ち込んでいたのです。

私にとっては、月125ユーロで週5日毎日4時間の授業、しかも後で半額返済される、驚愕のお値段です。
彼女が9ヶ月前にシリアから来たこと、彼女の家族は皆でドイツに来たけれど、友達はまだシリアにいるの、とても心配。と言っていたこと、色々思い出して、何だかいたたまれない気持ちになりました。

彼女、ボルドーのマニキュアをして、Michael Korsのバッグを持って、ダウンジャケットも幾つか着まわしているし、
私は、"早い時期にドイツに来たシリア人は富裕層"と聞いたことがあるし、きっとお金持ちなんだな、と思っていました。

でも、125ユーロの授業料で泣きそうな顔をしている彼女。
そういえば辞書を買えと先生に言われて、みんな続々と購入している中、彼女はまだ買っていない。

彼女のファッショングッズはきっと、もともと持っていて、シリアから持ってきたものなのかもしれません。
お父さんは亡くなっているそうです。(最近なのか昔なのかは、もう、聞けませんでした。)


125ユーロ、もちろん安い金額ではないけれど、数回夫と外食を我慢すれば蓄えられる額。
裕福ではなくても授業料を全額自分で払えるくらいの経済力はある私が国の支援を受けて授業を受けられる中、
さらに言えば、それで授業サボっているクラスメートもいる中、
生きるためにドイツ語を学ぶことが本当に必要な彼女が、そんな授業料が払えないという理由で授業を受けられなくて、今後の人生に影響が出るかもしれないなんて。

我が家の贅沢を減らして、彼女の分、払ってあげようか?
しかし、たくさんの困っている人がいる中で、たまたまクラスメートになった彼女だけにそういうことをしても良いのだろうか?
そもそもクラスメートという立場なのに、お金を出すことで上下関係になるのも嫌だ。
それを言い出すことで彼女を傷つけるかもしれない。
家のお掃除なんかをお願いして、お給料としてお金を渡すのは?
それも雇い・雇われ、という関係になって、対等なクラスメートではなくなってしまうのかな?
でもお互いにWin-Winであれば、それは上下ではなく出来ることをし合うという助け合いかな?
なんて、ごちゃごちゃごちゃごちゃ考えました。

夜、夫に彼女のことを話したら、私の考えたごちゃごちゃを伝えていないのに、
「何かうちにお仕事ないかな?」なんて同じようなこと言い出す。


ただ、彼女、難民なのかもしれない。
彼女の街の語学学校が満席でずっと先まで入学できないから、こちらの学校へ来た、というので、
もし払えなければ順番待ちをすれば、彼女の街のVHSへ行けるのかもしれない。
そうしたら私たちが余計なお節介しなくても、彼女は無料でドイツ語を勉強できるはず。

まだ事情が分からないので、彼女に翌日聞いてみることにしました。


このVHSは、移民・難民・一般の外人、と、各々の事情によって、授業料が変わります。
(私の場合は移民の規定が適用され、1ヶ月80時間で125ユーロ、B1のテストに合格後に半額返済される予定。)
過去記事:VHS(Volkshochschule)市民学校 クラス分け試験&申込み手続き


泣きそうな顔をしていた彼女に、何か情報があればと思い、移民局でいただいた案内を渡していました。
→社会融合講座の案内(英語日本語

なので翌日、読んだ?どうだった?と聞いてみました。

前述の通り、その子のお父さんは亡くなっていて、お母さんを筆頭に、家族でシリアからドイツに越してきた、と。
お母さんは仕事をしているわけではない、シリア人ばかりが住んでいる場所にいる、という話から、やはり難民なのでしょう。
お母さんは無料でドイツ語の授業を受けている。
ただ、彼女の地域で30代までのクラスが人数いっぱいで、一年以上待たなければならないので、割と待ち時間の少ないこのクラスに入った、というのです。
で、彼女の近所に住んでいるシリア人も、同じようにこの学校に来ているけれど、無料、とのこと。

それならきっと、彼女には無料で授業を受ける権利があるはず。
難民局か、私たちの通うVHSの事務が何か間違えているのかもしれない、ということで、まずはVHSの事務に聞きに行くということになりました。


ドイツの役所的なところは人によって対応が変わったりするから、ちょっと心配。
誰よりもやる気があって、頑張っている彼女が、このまま一緒にクラスで楽しく勉強できますように。


いつもクラスメート同士で休憩時間に先生のモノマネして爆笑したり(くだらない。笑)、わからないところは教えあったり、街のレストランを教えあったり、とても楽しいです。
私はワイン大好きキャラになってしまいました。ブルガリアの子はビール大好きキャラ。
会話の練習でBarに行こう、みたいなトピックが出てくると、いつも私たちにやらせてくれる。

まだまだクラスメート同士、会話は英語がほとんどですが、ドイツ語の練習しなくちゃね、と言っています。
皆で集まってパーティーしたり、お茶したりして練習しよう!
ということで、今日は皆で自分の連絡先を書きあって、Facebookのグループと、WhatsApp(LINEのようなもの)のグループを作ることになりました。
(片方しかアカウントがない子がいるので、どっちがいいかまだ決めていない。とりあえず作ろうって流れ。)


シリア人の彼女も含め、最後までみんなで明るく楽しく勉強できますように。







ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジモモ フランクフルト


Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

作者:Nassy

案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)

ドイツ在住Nassyの生活スタイル紹介ブログです。
スペイン、ドイツの生活・お役立ち情報や、そのほか旅行のことなど。

7日 1241 総合 1476 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Nassyさん新着記事



過去記事

Nassyさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 うきうきビール生活 in フランクフルト
2位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
3位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
4位 ディステル白兎さブログ
5位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
6位 フランクフルト気まぐれ日記II
7位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
8位 ラインの畔でお茶しよう♪


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録