Welcome!

KM Sports -あなたのドイツ生活に潤いを-

68日前

はじめまして

FCBJ 体操専任コーチの松野(アンディ)です。

 

昨年10月より体操教室の体験会が始まり、

現在38名の元気なお友達が入会してくれています。

【チャレンジクラス】と【ジュニア1クラス】は、

有難いことに、満員御礼!!🌸

 

今回はそんな体操教室が始動するまでの『軌跡』を、

書いていこうと思います。👣

 

-*-*-*-*-*-*-

 

まず一番最初のキッカケとなったのは、

昨年から本格始動しているサッカー教室中に、

ゲームをして待っている兄弟姉妹が多く見受けられたことです👾⚠

 

昨今ゲームや、スマートフォン普及のためか、

運動時間の減少、体力低下等が問題となっていますが、

それだけではなく、

転んだときに手をつくのが遅れたり、

手をついたけれど自分の体を支えきれず、

顔や頭を怪我してしまう子どもが増えているそうです🙀💥

 

可愛い子ども達に、自分で防げる怪我をしてほしくナイ‼

そしてせっかく大型スポーツ施設に来ているのに、

ゲームをして待っているだけでは、モッタイナイ‼

 

安全に楽しく運動できるプログラムを提供出来ないか?

との想いが少しずつカタチになってきた、昨年8月。

🎬FCBJ 体操プロジェクト🎬が動き出しました。

 

「🌸4月頃にスタート出来れば良いな〜」

と私は考えていたのですが、、、

それからは皆さまもご存じの通り、

あっという間に体験会が実現され、現在に至ります🎀

 

今回無事に体操教室をスタート出来たのも、

体験会から暖かくサポートいただいている

保護者の皆さまのお力添えのおかげです。

 

この場をお借りして、感謝申し上げます。

今後とも引き続きご支援のほど、宜しくお願いいたします。

 

 

-*-*-*-*-*-*-

 

ここからは、

更新が遅くなってしまいましたが、

昨年末に行われたFCBJクリスマス会の様子です🎄🎅✨

 

↓↓↓

 

まずはビュッフェ形式の昼食🍴🍝

美味しいお料理におかわりも沢山して、お腹いっぱい〜!

C'est bon〜〜〜😋

 

そしてお次は、有志による出し物🎵🎹

📛手品、ピアニカ、コントに一発芸...📛

とっても盛り上がりました😊🌟

 

ドキドキの結果発表....

 

 

・・・

 

一番拍手投票の多かった 👑酒巻 拓実くん👑には、

サイン入りユニフォームをプレゼント🎉👏

 

今回発表してくれたお友達、有難うございました(^^)

 

つづいて、ビンゴ大会〜🍀

沢山の✨豪華景品✨がありましたが、そのうちの一部をご紹介(^^)

次回はどんな景品がゲット出来るか楽しみですね🌸

 

 

最後に🎁プレゼント交換🎁をして

笑顔でニッコリ「はい、チーズ☆」📷

 

 

今回場所を提供していただいた

🍹Le St. Anne Restaurant Portugais🍹の皆様、

そして準備の段階から

FCBJスタッフ並にサポートをしてくれた✨Takaちゃん✨

とーっても、楽しいクリスマス会でした!!

Merci beaucoup❤💛💙💜💚

 

 

今年も新しいイベントを開催していく予定ですので、

どうぞお楽しみに〜💝

 

以上、アンディでした!

72日前

2月17日に予定されております、第2回目のスキースクール(フランクフルト)の申し込み締め切りは2月10日になります。御申し込みをご希望の方は早めのご連絡をお願い致します。担当yoshimi.masushima@km-sports.com

{A1828D40-1959-4024-904D-D261FB5B9E61}


225日前

こんにちは

 

KMSportsブリュッセル支部の池田(ケイケイ)です。

今回はブリュッセルでの最近の活動報告をしたいと思います。

 

 

FCBJ(FC Brussels Japan )に  2人目の専任コーチが誕生しました。

その名もオレン・Dコーチです。

 

IMG_5322.jpg

 

 

彼はミカン県出身(愛媛)で大学時代ナデシコリーグの某クラブチームでスポーツ現場での怪我の処置、回復期のトレーニングなどを学ばれた

日本体育協会公認アスレチックトレーナーです。

とても頼もしいですね。

 

もし保護者の方でこういう所に痛みが出るなど

気になる事がありましたら気軽にお話しください。

きっと彼が解決の方法を丁寧に教えてくれると思います。

 

 

 

さて、6大会連続W杯出場に日本中が歓喜したかと思います。 

私もドイツはまだお昼でしたがビールを飲みながら観戦していました。

そのW杯出場には絶対無くてはならなかった

KAA Gent 所属 久保 裕也選手にお会いしてきました!

 

IMG_5053.JPG

 

 

FCBJの為だけにサインを貰いました。

ベルギーで頑張る日本人の久保選手をFCBJの皆でぜひ応援しに行きたいですね!!

 

 

 

 

ところで、動画配信などで知られる日本企業の株式会社DMM.com

2017年6月からベルギー1部リーグ現在3位『シント=トライデンVV』と

パートーナーシップを締結された為、この度視察に行かせて頂きました。

FullSizeRender 3.jpg

IMG_5787.JPG

IMG_5822.JPG

 

シント=トライデンVVのスタジアムには

ホテルやカフェ、フィットネス、スーパーマーケットなど試合が無い日も賑わう施設が常設されており

ユースの選手が試合する場合はプロと同じ場所同じ芝生でプレーできるという、大人も子供も興奮できるとても魅力的なスタジアムです。

IMG_5232.JPG

 

IMG_5233.JPGここから選手達が入場します。

オレン・Dコーチも自然と引き締まった顔に。

IMG_5235.JPG

ここで試合をできたら最高ですね。

来年7月に行われるEuroJ Jr. カップの開催地として使用する事は可能ですかという質問に対して快く承諾頂きましたので

もしかすると、もしかするとですね!!

 

 

Football 事業部の

山形 伸之様、柴田コーリー様とブリュッセル支部メンバーで写真を撮らせて頂きました。

 

IMG_5839.JPG

 

 

1月からスタートしましたFCBJもお陰様で会員を順調に増やすことができ、

初めての国外大会に参加し、10月には練習試合の予定も決まり

少しずつではありますが活気が増して来ました。

しかし、そこで満足する事無く

更にブリュッセルにお住いの選手、保護者の方々にちょっとした人生の楽しみ方を見つけるサポートをKMSports一同やっていければなと思います。

 

IMG_3287.JPG


 

サッカー場とご自宅までの送迎

サッカーコーチのお手伝いや温かく見守ってくださる保護者の方々

我々が見えない所で沢山のサポートをしてくださり誠にありがとうございます。

これからもどうかよろしくお願い致します。

 

IMG_5314.JPG

302日前

お久しぶりです。リーです。

ついに私も10か月の任期を終え、今中国の上空を漂っております。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私が10カ月間で行った仕事(ブリュッセル出張、試合観戦企画など)は過去のブログを遡っていただければ、お分かりいただけると思います。

今回は総集編という事で、ドイツでの生活を通して、「働くこと」に対して色々考えてきたことを書こうと思います。

なぜ、このようなテーマを書くかというと、私は早くも来月から、新入社員として働き始めるからです。社会に出る直前のこのタイミングで、「働く」ということについて整理したいと思います。

 

①仕事と私生活

 「お父さん今日も仕事?」

私が子供の時、よく母親に聞いたり、心の中で思ったりしていました。

日本の家庭でよく見る光景ではないでしょうか。

その影響か私は父親とあまり面と向かって話をしたことがありません。

 一方ドイツ。ドイツは残業をしない国という事で有名です。その証拠に、僕が参加していたドイツのアマチュアサッカーリーグには社会人が多く、平日も元気に練習に参加し、毎週末行われるリーグ戦に参加します。平均30日の有給休暇を取得し、家族でリゾート地へ。日曜日はレストランを除いて、町中のお店がシャッターを下ろし、家族でゆっくりと過ごします。

職種などによって多少差はあると思いますが、私生活という面ではドイツのほうが充実しています。そのせいか、ドイツで働いている日本人は意外と多いです。

 だからといって、ドイツのほうが優れているかというとそうではありません。仕事に手を抜いているのです。宅配荷物が届かない、スーパーのレジ係の人が少ないため行列ができる、レストランの注文をなかなか取りに来ない、質問をしても「分からない」と答える店員。

 日本で当たり前だと思っていたサービスの基準が、海外では当たり前ではなかった。逆に言うと、日本のハイレベルなサービスは、日本人の勤勉さによって支えられている素晴らしいものではないかと思います。

 この違いの根本には、個人主義的な考えをもち、自分のやりたいことを追求するドイツ人と、集団や共同体を大切にし、私生活を削ってでも社会に貢献しようとする日本人の価値観の違いがあるのだと思います。

 家族のために働くか、社会のために働くか。どちらを良しとするかは人それぞれであるし、今の時代は自分がどちらの社会に属するかは選ぶことができます。

 

②裁量(やりがい)と賃金

 みんなで力を合わせ1から作り上げたブリュッセル支店。私が中心となり、数人のインターン生とともに作ってきた児童館。少人数で作り上げるサービスは、必然、業務量も多くなり、大変です。その割に、少人数では規模の大きさが限られてくるので、利益は必ずしも大きいとは言えません。

 しかしながら、自分が関わる裁量が大きい分、成功した時の達成感や嬉しさはかなり大きいです。さらに、そのサービスをお客さんに届け、お客さんの笑顔や感謝の言葉を頂けることは、何よりのやりがいとなります。

 では、賃金の良い大企業はどうでしょうか?

人数が多い分、一人一人が会社に貢献する割合は相対的に減っていくでしょう。任される仕事も大きなプロジェクトのうちの1部分を担当することになるでしょう。

その中で会社の成功を、どれだけ自分の成功として喜ぶことができるのか。達成感はどの程度なのか。

これは、社会に出てみないとわからないことなので、来月以降私が実際に感じて、分かることでしょう。

 

③いっそのこと働かない

 一般的には、大学生活は好きなことを存分楽しんで、社会に出たら定年までひたすら働くという考える人が多いです。でも一定期間働かない、という選択肢もあるのだと気づきました。

 これは、冬休みに休暇で行ったエジプトでの経験によるところが大きいです。エジプトではいい年をしたおじさんたちが昼間から夜まで外でカフェをしたり、シーシャ(水たばこ)を吸ったりと終始リラックス。物価も安いので、ある程度の貯金があれば1年くらいは働かずに暮らすことができます。私が行ったエジプトのダハブという場所は宿が1泊200円くらいで、食費は外食だけでも1日1000円以下でおなか一杯食べられる。ダハブは常夏でかつ海沿いのリゾートなので、1日中遊べて、魚もおいしいのでまさに天国のような場所でした。街の空気、雰囲気自体がゆったりとしていて、何にも急かされず、何にも縛られない。たまにはこういう何もしない期間があっても、むしろあったほうが良いだろうなと思います。

 一方で、アクティブに働かない人もいます。それは、バッグパッカー。バッグを背負い、世界中を歩き回る。ダハブで出会った人たちはほとんどがバッグパッカーの人たちで、しかも社会人を経験している方がほとんどでした。携帯1つあれば、飛行機も、電車も、ホテルも予約できて、道にも迷わない。バックパッカーや世界一周が、冒険家や勇者に限らず、誰にでもできるような時代になったのだと、実感します。

 

 

もし、ドイツに来ていなかったら。

もし、KMSportsで働いていなかったら。

働くという事は、僕にとってもっと狭い意味のものになっていたでしょう。

この先40年(もしかしたら50年)、自分にとって一番幸せな働き方を考えながら働いていきたいと思います。

337日前

アマチュアサッカー観戦企画とドイツサッカーの魅力

 

 

どうもリーです。久々の投稿です。

今回は僕が発案したアマチュアサッカー観戦企画について話そうと思います。

僕はキッズサッカースクールで子供たちにサッカーを教えながら、自分自身も現地チームに所属しプレーしています。

今回の企画は、普段サッカーを教えているコーチが、選手としてプレーしている姿を子供たちに見てもらうというものです。

目的は2つあります。

1つ目は、コーチのいつもとは違う、戦う姿を見てもらい、コーチに憧れたり、好きになってもらうこと。

2つ目は、ドイツのサッカーを間近で見てもらうことで、その魅力を知ってもらうことで、より多くの子供たちに現地のサッカークラブに所属してもらうこと。

 

当日は12人の子供たちと、同僚のコーチ達、親御さんなどたくさんの方が応援に来てくれました。

 

 

大きな声援を背中に受け、いつになく気合が入り、空回りしてしまう場面もありました。

が、前半17分に得意の飛び出しからゴール!!

チーム自体も終わってみれば6-0で勝利し、子供たちに喜んでもらえたので、良かったです。

ハーフタイムには、弊社で開講している「サッカー戦術コース」の課外授業が行われ、サッカーがうまくなりたい子供たちの栄養にもなったかなと思います。

 

少し、話は逸れますが弊社のインターンでは、サッカーコーチとして子供たちの指導及び、運営に関わることができる一方で、選手として現地サッカーチームでプレイすることもサポートしてもらえます。

僕はコーチに興味があったわけではなく、自分自身がサッカーをやりたくてドイツに渡ってきました。

その背景には大学サッカーで不完全燃焼だったことがあります。就職も決まっていましたが「このまま社会人になっても後悔するのでは?」と思い、幸い内定を頂いた会社が夏に入社することが可能だったため、大学5年目の秋に大学を卒業し渡独しました。

 

シーズンの前半はほとんど何も結果を出せずに終わりました。

主な原因として「ドイツのサッカーに適応できなかったこと。」が挙げられます。言葉の問題だったり、体格差が大きいこと、チーム戦術や個人戦術が日本と大きく違うこと、など様々な困難がありました。

仲間からの信頼を感じられず、挫けそうになったり、モチベーションを保てなくて練習をさぼってしまう時もありました。

それでも、語学学校に通いドイツ語を改善したり、筋トレに通い体を大きくしたり、自分のプレースタイルを変えたりするなど、試行錯誤を繰り返し、シーズンの後半になってようやく主力として活躍できるようになりました。

このようにピッチにも立てない悔しい時期があったからこそ、ピッチ上で戦い、活躍する姿を子供たちに見せられたことはより一層感慨深いものになりました。

そんな長かったシーズンも残り2試合。幸い、僕のチームは昇格争いを演じています。大学時代や今シーズン前半の悔しい経験や想いを胸に、ピッチの上に立つことができる幸せを噛みしめながら、戦いたいと思います。

 

 

最後に、グラウンドに応援に来てくれた子供たちや、保護者のみなさん、普段一緒に楽しく働いているスタッフの皆や、サッカーをする環境を与えてくれたかちおさんやますさん、その他関わってくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

KM Sports -あなたのドイツ生活に潤いを-

作者:KM Sports

KM Sports -あなたのドイツ生活に潤いを-

あなたのドイツ生活に潤いを与える事をモットーに活動しております。フランクフルトでサッカースクールや季節のスポーツ教室など色々な投稿をしてます!
ぜひ一度ご覧あれ!!

7日 12 総合 196 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



KM Sportsさん新着記事

スキー..
61日前



過去記事

KM Sportsさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ディステル白兎さブログ
2位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
3位 うきうきビール生活 in フランクフルト
4位 ドイツ 『エッセンの日本人宿』 おせ...
5位 Germany Today
6位 アイボの冒険
7位 白兎さブログ
8位 いいことあるよ!@ドイツ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録