Welcome!

My Bus ドイツ

8日前
グーテンターク!こんにちは!マイバスドイツのグミベアです

日本は山の日、3連休ですね!皆さま、いかがお過ごしでしょうか?


今回は北ドイツの町ハノーバー(Hannover)をご紹介します!

ハノーバー

ニュースで耳にしたことはありませんか?

ハノーバーは世界最大規模見本市が開かれる、北ドイツの主要都市のひとつです

2017年3月安倍首相とメルケル首相が訪れた国際情報通信技術見本市CeBIT、2016年4月オバマ前大統領とメルケル首相がそろってVRを体験した国際産業技術見本市HANNVOER MESSEなど、世界的に重要な見本市が数多く開催されています。

でもハノーバーはそれだけではありません!

さっそく、その魅力に迫りましょう!

フランクフルトから新幹線ICEで約2時間20分。
(所要時間は列車の時刻や接続によって異なります


ハノーバーに住む友人と合流

ずっと行ってみたかったヘレンハウゼン王宮庭園(Herrenhäuser Gärten)へ。

中央駅前の広場にあるKröpkeという大きな駅から地下鉄(U4またはU5)に乗って6駅目のHerrenhäuser Gärtenで降ります。

ここは17世紀頃に造られたバロック庭園で、広大な敷地に4つの庭園があります。
今回は「大庭園Großer Garten」へ!

IMG_3449.jpg
IMG_3548.jpg
IMG_3507.jpg
IMG_3543.jpg


色とりどりのお花と幾何学模様に造られた庭園がとてもきれいでした!!

この日は新郎新婦さんを3組お見かけ こんなステキなロケーションでの結婚式、ロマンチックですよね

こんなユニークな像も見つけました。
IMG_3540.jpg


庭園の一角には世界的に有名な芸術家ニキ・ド・サンファル(Niki de Saint Phalle)洞窟アート(Grotte)もありました。

キラキラ!
IMG_3562.jpg

これぞ曲線美!
IMG_3559.jpg

うーむ、芸術は奥が深い
IMG_3560.jpg

【入場料】 夏期: EUR 8 PP/ 冬期: EUR 6 PP
このチケットでGroßer GartenとBerggarten、Schloss Herrenhausenに入場できます。

この日はフランクフルトから日帰りだったのでGroßer Gartenのみ見学しましたが、今度はもっと時間を取ってゆっくり見にきたいです!
(時期によって入場時間が異なるので要チェックです

庭園の観光を終え、また地下鉄(U4またはU5)に乗ってKröpke方面へ戻り、Kröpkeから1駅先のAegidientorplatzで下車します。
次の目的は新市庁舎(Neues Rathaus)です!

500mくらい歩くと、ありました!すごい迫力! 横から見てます。
IMG_3582.jpg

正面へまわりました!
市庁舎が湖面に反射しています 「逆さマッターホルン」ならぬ、「逆さ市庁舎」!
IMG_3597.jpg

この日は風が強く、波が立っていましたが、それでもきれいに見えました 無風のときはもっときれいなのでしょうね!

現在、外壁は一部改修中で、正面には足場が組まれています

ここは現役の市庁舎なので、戸籍課もこの中に入っていて、ハノーバー市民はここで婚姻を結ぶのだそうです


新市庁舎から市心へ歩いていると教会がありました。

エギディエン教会(Aegidienkirche)です。

中に入ってみると、、、空き地のような空間が。。。なぜ?今まで訪れた教会とどこか雰囲気が違います。
中に入っても外にいるみたい。上を向くとぽっかりと空が。。。
それは屋根がなかったからなのです。
第2次世界大戦中の爆撃で屋根が崩壊し、今日までその状態のまま、反戦の象徴として残されているのだそうです。

そして奥には広島市から贈られた「平和の鐘」がありました。
ハノーバーは広島市と姉妹都市提携を結んでいます。
この鐘は1985年に広島市から寄贈され、それ以来、毎年8月6日になると追悼と平和への願いを込めてこの鐘が鳴らされるのだそうです。
IMG_3605.jpg

「心に刻む」
リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーの言葉を思い出しました。



市心のショッピングエリアでお土産探し。
HUSSELというお店に入りました。

かわいいのがいっぱいあって迷います
IMG_3613.jpg

これにしました!
IMG_3624.jpg

3兄弟
IMG_3622.jpg

ちなみに今年のはじめ、白くまの女の子がモスクワからハノーバーの動物園にやってきたそうです

でも買ったはいいけど、かわいすぎて食べられないですよね・・・

そして入れ歯チョコ!リアルすぎる!
IMG_3632.jpg

入れ歯のパッケージ。「チョコ・デンタル」という意味でしょうか。アイロニカルですね笑
IMG_3630.jpg

ドイツのチョコもベルギーやスイスに負けずおとらず美味しいのです! ぜひご賞味ください!


最後に
ハノーバーの見本市情報

EMO 国際金属加工見本市 17年9月18~23日(2年に1度)

AGRITECHNICA 国際DLG農業技術展 17年11月12~18日(2年に1度)

HANNOVER MESSE 国際産業技術見本市 18年4月23~27日(毎年)

CeMAT 国際イントラロジスティクス見本市 18年4月23~27日(2年に1度)

CeBIT 国際情報通信技術見本市 18年6月11~15日(毎年)

IAA Nfz 国際モーターショー(商用車) 18年9月20~27日(2年に1度)

EuroBLECH 国際板金加工見本市 18年10月23~26日(2年に1度)


2017年8月11日
12日前
こんにちは。マイバス ドイツのビーちゃんです。
今回はフルダ(Fulda)をご紹介します。(ブランドのフルラとは違いますよ!)

フランクフルトから列車で約1時間20分(新幹線ICEなら1時間未満)。

まずはお城(Stadtschloss) へ。
1706年から1714年に建設されたバロック様式のお城です。

フルダ stadtschloss 
シャンデリアが素敵 一個欲しい~
フルダ stadtschloss insidejpg
コンサートもあるようですね。
フルダ stadtschloss inside 3
鏡の間  キラキラでした
フルダ stadtschloss inside 2

陶器のコレクション。
フルダ stadtschloss 陶磁器

たったの3.5ユーロで見ごたえあり!(月曜以外10.00-17.00) ここは入場しないともったいないです。

次はオランジェリー。現在マリティムホテルの朝食会場になっています。カフェだけの利用もできます。
素敵な雰囲気
フルダ Orangerie cafe2
天井
フルダ Orangerie

庭園
フルダ Garden

次は大聖堂へ。ここはフルダのバロック建築の中でも最も象徴的な建造物です。
9世紀に建てられたバジリカ(教会堂)を利用し、1704-1712年にバロック風に増築されました。
フルダ Dom

フルダ Dom inside

豪華な建築、お城が好きな方はぜひフルダへ

フルダへのツアーはこちら
<選べるプラン>列車に乗って!フランクフルトからお好きな街へ!日帰り1日観光ガイドつき
ドイツ ドイツ旅行 行き方 穴場 買い方 探し方 電車 個人旅行 フランクフルト ミュンヘン お勧め オススメ バロック ロココ ノイシュバンシュタイン城 ディズニー メルヘン ヴィース教会 自力 自力で行く バス 電車 ローカル ヨーロッパ 死ぬまでに行きたい世界の絶景 絶景 タビジョ 女子旅 お一人様 一人旅 思い出 観光 見所 現地情報 セール お得 安い 充実 ツアー オプショナルツアー JTB
2017年8月7日
15日前
こんにちは。研修生さくらです!
この前スーパーに行ったら、みんなが自販機みたいなところにボトルを入れてたの
なんでー??と思って先輩のブレッツェル夫人に聞いてみた

ごきげんよう私がブレッツェル夫人よ
せっかくだから丁寧に教えてあげるわねうふふ



・ドイツではPFAND(プファンド)というシステムがあります。
これは簡単にいうと瓶やペットボトルについて購入時に補償金を払い、
後で空き瓶・ボトルを戻した時に返金されるというものです。

・お店で主に飲料を購入すると以下のようなレシートが出てきます。
うっかりくちゃくちゃに、、、失礼。

onda1.jpg

金額はモノによって異なりますがだいたいビール瓶で8~15セント
500mlのペットボトルや缶で15~25セントが一般的です。
(金額はそれぞれ1本あたり)

・これはビールです。
ラベルがかわいくて好きなんです。

Onda4.jpg

ちなみにこの瓶は飲みかけでも再保存できる蓋(パッキン仕様だから漏れない優れもの)なんですよ。

・6本パックのお水

Onda2.jpg

6本で65セントなのに、プファンドが25セント x 6本で1,50ユーロ。
合計で2,15ユーロになるのです。
これを知らないで売り場の値段だけ見てレジに向かった場合ちょっと混乱してしまいますよね。

ちなみにお水はガス入りとガス無しがあります。
モノによってはガスの量(炭酸度の強弱)が異なるものもあります。
写真水色のボトルはガス入り(Mediumと書いてあります)、赤色はガス無し(STILLと書かれています)です。
「ガス無しがいい」という方は購入時にここもチェックしましょう。

2bottles.jpg


・飲み物以外に瓶入りのヨーグルトにもかかるものがあります。

jogurt.jpg


・プファンドがかからないケースもあります
このシステムはドイツのものなので海外から輸入したモノにはかかりません。
また、国内生産でも以下のようにかからないモノもあるのです。
かからないモノにはOhne PfandとかPfand freiなどと描かれている場合が多いです。

Onda5.jpg

Pfandがかかる、かからないはレジで自動的に本体とプファンド代を別で計算し、
印字されたレシートが出てくるので心配ご無用です。

・続いて返金の受け取り方です。
プファンドのかかる商品を取り扱っている中型から大型の店舗ではほとんど自動回収返金機が備え付けられています。

Onda11.jpg

個人商店などで機械の設置がない場合はレジに持っていけば返金してくれます。

・機械の投入口にボトルの底の方から入れます。

Onda12.jpg

ボトルはベルトに乗って、奥のほうでラベルを読み取られ、該当金額を計算、
複数の瓶がある時は加算されていきます。

Onda10.jpg

プファンド対象外のボトルは止まってしまいますので取り出してください。
⇒ご自身でゴミ箱に破棄していただきます

注意)プファンド対象かどうかの読み取りはボトルに
張られたラベルにデータとして組み込まれていますのでラベルをはがしたモノは対象外になってしまいます。
はがさないようにご注意ください。

Bottle1.jpg

・全てのボトルを投入し終えたらボタンを押してください。
返金用のレシートが出てきます。

Onda14.jpg
Onda13.jpg

これをレジに持っていけば現金で返してもらえます。
お買い物をした場合はその合計からプファンド分を差し引いて精算することも可。

・8セント、25セント、とはいえ『ちりも積もれば・・・』です。
ドイツならではの体験ですので機会があれば是非お試しください♪


【番外編】
・プファンド対象外の瓶の処分
一般商店で取り扱っている国産ビールのほとんどがプファンド対象であるのに対し、
ワインの瓶は対象外です。
その他、ジャムや保存野菜などガラス素材の空き瓶の処分先として専用の回収所があります。

ショッピングセンターの駐車場や、駅、地域のちょっとしたスペースなどに設置されていることが多いように思います。
瓶の色に分かれた大きな箱(コンテナ)が置かれていますのでそれぞれに分別して入れましょう。

これは茶色の瓶用のコンテナです
Onda8.jpg

こちらは白(無色透明)用
Onda7.jpg

こちらは緑の瓶用です
Onda6.jpg



瓶を投げ入れる時の音が近隣住民の迷惑にならないように、投げ入れ可能曜日・時間も決められていますのでご注意ください。




Onda9.jpg

ちょっと削れてしまってますけど、
「月曜~土曜の08:00-20:00に投げ入れ可、日曜・祝祭日は終日投げ入れ禁止」
という主旨のことが書いてあります。
投げ入れ可能時間帯は置かれている場所によって異なりますので実際にご利用になるコンテナにて確認が必要です。


空き瓶の話にお付き合い頂き、ありがとうございました。
ドイツ リサイクル プファンド 空き瓶 ペットボトル どうする ごみ ボトル 瓶 缶 買い方 返し方 有料 ぼったくられた
2017年8月4日
40日前
こんにちは!研修生のさくらです
今日はフレスコ画に彩られた村オーバーアマガウロココ様式リンダーホフ城をご紹介します

ノイシュバンシュタイン城を出発した後、まずはオーバーアマガウに到着。
ここは、建物の壁にフレスコ画が描かれている街です。
どれ一つとして同じ壁画はなく、街歩きをしているだけでまるで美術館の中にいるようです
g

d

f

e

少し歩くと、たくさんのお客様でにぎわっているジェラート屋さんを見つけました
ジェラートの種類がたくさんあって、迷った結果...ピスタチオ味にしました
j


ジェラートでお腹も心も満たされたので、気を取り直して散策再開
お肉屋さんの前を通りかかると、なんと、ソーセージの自動販売機なるものを発見
h
うーん、ならではですねぇー

オーバーアマガウは木彫りの町としても有名なんです。まな板などのキッチングッズから、玄関に飾るようなウエルカムプレートなど、ぜひお土産にいかがでしょうか?

さて、オーバーアマガウを散策した後は、再びバスに乗り、リンダーホフ城へ。
バスを降りてから10分ほど歩くと、お城と庭園が現れました!
IMG_0953 (1)

ちょうど池の噴水が上がる時間に到着したので、しばし眺めていると、あれよあれよと水の勢いは増していき…
c

最後には約10メートルほどの高さにまでなりました
圧巻っ
20160903_143136718_iOS.jpg
こんなに高く上がるなんて、静寂な状態からは全く想像がつきませんでした

まだ見学時間まで少し時間があったので、庭園の頂上まで上がってみました
(さっき食べたジェラートの分、少しはカロリーが消費できたと期待して…

上からの景色はこんな感じです
b

いよいよお城の内部を見学。
残念ながら内部の写真撮影はNGですが、外観のシンプルさとは違ってお部屋の装飾がとても美しく、お気に入りのお城になりました
ガイドさんによると、内装の美しさに、女性のお客様の中にはノイシュバンシュタイン城よりもリンダーホフ城が好きになるお客様も多いとか
マイバスツアーに組み込まれていなかったら、このお城に来ていなかったかもしれません。
ツアーに参加してよかったです (ブルスト先輩、ありがとう
40日前
前回のブログでお話した、
ゲルンハウゼンから

ビューディンゲン/Büdingen

という町に移動しました


7/8と7/9は、2年に1回行われる
MITTELALTERFEST (中世のお祭り)だったのです

フランクフルトの南駅から計算すると、1時間くらいで到着しました。
(電車が少ないため乗り継ぎのタイミングによってはもっとかかります)

みんな中世の服を着てして出店をしたり、
歌を歌ったり、パレードしたり!

中世のお祭り



大人が本気で遊んでいる感じがしました

お肉


りんご

かわいい髪飾りがたくさん売っていて

髪飾り

夢の国に行ったら耳買いたくなっちゃうのと一緒でさっ・・・
ブルスト先輩にも止めないよ、って言われたしさっ・・・。

買っちゃったよね~(笑)

つけてみた

細いやつだけど

次回の開催は2年後の2019年。
その頃私はドイツにいませんが・・・

少しでも多くの日本人が遊びに行っているといいなぁ


2017年7月10日 研修生さくら
Prev123 Next

My Bus ドイツ

作者:Mybus Germany

My Bus ドイツ

現地オプショナルツアーのマイバスドイツ支店です!

7日 22 総合 7 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Mybus Germanyさん新着記事



過去記事

Mybus Germanyさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
2位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
3位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
4位 Europe Style
5位 まるちゃんのまんまる日記@フランクフルト
6位 ディステル白兎さブログ
7位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
8位 うきうきビール生活 in フランクフルト


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録