Welcome!

Sinn Counseling ロゴセラピーによる心理カウンセリング・メンタルヘルス・コーチング in ドイツさんのノート

1年以上

"Ich drücke dir die Daumen."

 

こちらは、「頑張って」、「応援しているよ」という時に使う、ドイツ語の表現ですね。

文字通り、両親指を握り締めながら、相手の幸運を祈って使います。

 

カウンセラーは、通常、相手に自分のペースを保ってもらえるよう、「頑張って」という言葉を掛けることはありませんが、それでも、こころから応援したい!とエールを贈りたくなる気持ちが、熱く込み上げてくる瞬間があります。

 

どんな瞬間かというと、

 

"その人にしか実現できない、とても大切な人生の意味を、その人が見つけた瞬間"

 

悩みを抱えていても、悲しい出来事や辛い経験に出会ったとしても、「それでも・・・」と前を向くことが出来る。その人間の強さを信じ、寄り添いながら、その人だけの人生の意味を探すお手伝いをしている私達、ロゴセラピスト。

 

その意味探しとは、一般に言われている価値観や、誰かの言葉を単に受け継ぐのではなく、

その人自らが、自分の人生において、自分にとっての意味を見つけ出すというもの。

時に、それは、フランクルのいう、体験価値、創造価値、態度価値という形で、

実現されます。

 

苦悩と真正面から向き合うという決断が、どうしても必要となってくる、

とても勇気のいる作業です。

 

「向き合う」という瞬間が、いつなのか - 今なのか、5年後、或いは10年後なのか。

 

それは、人によって様々。今日までの人との出会いや体験、自身の想いを経て、

「今が向き合う瞬間だ」と、自分自身が判断を行うのです。

 

その覚悟を感じた瞬間。

その勇気と決断に対して、私は、両親指をしっかりと握り締めて、敬意と共に、

こころからのエールを、実は、こっそりと贈っているんです。

 

今日も、私の親指は、こころからの想いを込めて、しっかりと握り締められています。

意味が癒してくれる、これからの素敵な人生を願って。

 

 

Sinn Counseling のホームページ: http://www.sinn-counseling.de


1年以上

肌寒い日々が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

明日からは、少しお日様も顔を出してくれるようなので、暖かい週末が楽しみです。

 

先日、あるイベントで、就職活動をされている大勢の大学生の方々とお会いする機会が

ありました。一生懸命、真剣に自分の進路を考えていらっしゃる姿を見ている内に、

遥か昔の自分の姿を重ね、当時の気持ちを懐かしく思い出しました。

 

皆さんは、

  • 子供だった頃、どんな夢を抱いていましたか?
  • 学生だった頃、どんな仕事をしている自分を想像していましたか?
  • 仕事を始めた頃、どんなキャリアを思い描いていましたか?
  • チェレンジしたかった事は何ですか?
  • 今いる場所は、思い描いた未来ですか? それとも、全く新しい場所ですか?
  • これからの10年、どんな将来を描いていますか?

 

思い描いた通りの人生を歩むのも良し。

さまざまな出会いや偶然の出来事を通じて、思ってもみなかった驚き満載の人生へ

歩みを進めるのも、これまた、人生の醍醐味ですね。

 

日々の喧騒の中で過ごしていると、日々に流されているような、自分ではどうしようも

出来ないような、あたかもタスクをこなすことが最優先されているような気分に、

ついつい、なりがちですが、学生さん達に、フレッシュな気持ちを思い出させてもらえて、改めて実感しました。

 

 

人生は、いろいろな可能性の中から、ひとつひとつ大切に、

自分で人生の選択を行うものだと。

 

 

次の人生の選択に出会うのが、ちょっぴり楽しくなりました。

パワーをくれたのは、学生さんだけではなく、昔の自分や抱いてた夢・想いなのかも

しれません。みなさんも、昔の自分や夢からのエール、受け取ってくださいね。

 

 

Sinn Counseling のホームページ: http://www.sinn-counseling.de

1年以上

今年も、早いもので、4月が始まりました。                     新しい環境が始まったりと、今の自分と向き合うきっかけに出会う事も多くなるこの季節。


今の現状にあまり納得がいっていないなあ、なんだか上手くいかないなあと時には、    思わずため息がでてしまうという方もいらっしゃるでしょう。


今やっていることに意味が見出せない。                                                                               そんな時、みなさんはどうしていますか?


今日は、目標ややりがいが明確に感じられないと、あたかも幸せからかけ離れているように考えてしまいがちな私達に、フランクルも大好きだった、この詩をお贈りします。


 


私は眠り夢見る、                                 生きることがよろこびだったらと。


私は目覚め気づく、                                生きることは義務だと。


私は働く・・・ すると、ごらん、                         義務はよろこびだった。


======================(タゴール: ノーベル賞を受賞したインドの詩人)


 


フランクルはこの詩を、こう解説します。                      生きるということは、私達にとって、ある意味「義務」であり、たったひとつの重大な  「責務」。よろこび、即ち幸せは、決して得ようとして得るものではないし、目標であってもならない。それは、結果として、おのずと湧きでるものなのだと。


また、ハイデッガーとも交友のあったフランクル。                  ウィーンのフランクルの自宅で、「過去」や「現在」の概念について談笑していた際、  お互いの考えに賛同したハイデッガーが書き残した素敵な言葉も紹介してくれています。


Das Vergangene geht.    (通り過ぎただけの過去は、もう過ぎてしまった)         Das Gewesene kommt.    (けれど、生き抜かれた過去はやってくる)


未来で出会う、大切な過去の為に。 今日、この瞬間から、今を大切に生きてみませんか?


 


Sinn Counseling のホームページ: http://www.sinn-counseling.de

1年以上

みなさんは、良い評判と悪い評判を聞いた時、どちらが長くこころに残っていますか?

そして、どちらの話について、より長く考えをめぐらす時間を費やすでしょう?

 

心理学の研究によると、どうやら私達は、ネガティブな情報に着目してしまう傾向がある

ようです。

 

それは、感情も一緒。

 

一つの嫌な体験というのは、印象がとても強いので、いくつかのポジティブな体験をも上回り、一瞬にして、ネガティブ感情へ上書きしてしまうことも可能なのです。

 

例えば、「最近、○○が私にとって問題だ、上手くできない」と、何か懸念を抱いている時、

すべてが上手くいかず、負のスパイラルに陥っているように感じることはありませんか?

 

そして、上手く行ってない事柄や原因にばかり目を向けて、解決策に取り組もうと必死になる。でも、なかなか解決できなくて、余計つらくなってしまう・・・ということはありませんか?

 

そんな時は、ちょっと一休み。

 

できない原因というネガティブな側面から、視点をポジティブな面へと移動させてみましょう。抱えている問題で、「それでも、あの時は少し上手くできた、あの点は良かった」 という瞬間を思い出してみてください。その時上手くいった理由は何だったのでしょう。上手くいっていない今との違いは、一体何なのでしょうか。

 

そのささやかな違いを見つけたら、次は、そのポジティブ瞬間を意識的にコピーし再現、実践してみましょう。

 

解決策に取り組むのはとても大切なこと。

ただし、解決策には"自身や考え方の変化"という長期化プランが伴うことも多く、結果がすぐに目に見えないので、焦ってしまったり、落ち込むことがあるかもしれません。

 

そんな時は、まず、今すでに出来ていることを応用し、問題解決するという、今日から始められるお手軽プランにも、同時に取り組んでいきましょう。きっと、長期化プランを支えてくれる自信をも、育ててくれます。

 

問題からの突破口は、一箇所ではなく、いろいろなところに隠されています。

ネガティブ、ポジティブ、正反対の角度から眺めて、あなたの道を見つけてくださいね。

 

一人で見つけるのが難しい時は、Sinn Counseling まで、お気軽にご連絡を!

一緒に見つけましょう。

 

 

Sinn Counseling のホームページ: http://www.sinn-counseling.de

1年以上

少し時間が経ってしまいましたが、今日は前回のセレンディピティにも関連する「気づき」のお話をご紹介します。これは、ネイティブ・アメリカンの老人が、注意力の大切さとそのパワーを伝えるために、孫に語ったお話。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

おじいさんは孫に言いました。

 

「わしの心の中で、2匹のオオカミが喧嘩をしておる。

 

   1匹は、気性が荒く、怒りっぽい。

  しかも、執念深く、やきもち焼きで、嘘つき者のくせ、内心はどこか臆病ものだ。

 

  もう1匹は、とても愛情に満ち、寛大で、思いやりと穏やかな心を持つ正直ものじゃ。」

 

孫はおもしろくなって、聞いてみます。

 

「それで、一体どっちのオオカミが勝つの?」

 

するとおじいさんはこう答えました。

 

「わしが、餌をやるほうじゃよ。」

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

私達は、常日頃、ありとあらゆる情報の中から、自らが意識したものを、選択して受け取っています。どんな情報を受け取るのか、そして、何に注意を向けるのか。

 

或いは、ある事柄で、こころの中に葛藤が生じた時。

どの真実や感情と向き合うのか。

 

この物語は、それを無意識ではなく、意識的に行うことの大切さを私達に教えてくれます。

自分にとって何が大切かに気づき、この一瞬一瞬に、自分は敢えて何を選択するのかを。

 

と同時に、私達が、いかなる場合も、人生の選択において自由であるということも。

意識のベクトルの指す方向を決定するのは、自分自身。

 

みなさんのこころの中には、オオカミは何匹いますか?

それぞれの性格はどうでしょう?

そして、勝つのはどのオオカミ?

 

 

Sinn Counseling のホームページ: http://www.sinn-counseling.de

Sinn Counseling ロゴセラピーによる心理カウンセリング・メンタルヘルス・コーチング in ドイツさんのノート

作者:Sinn Counseling

Sinn Counseling  ロゴセラピーによる心理カウンセリング・メンタルヘルス・コーチング  in ドイツさんのノート

こころに元気と笑顔を。デュッセルドルフ在住、心理カウンセラーが綴るこころのコラムです。

7日 01 総合 2221 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Sinn Counselingさん新着記事



過去記事

Sinn Counselingさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 うきうきビール生活 in フランクフルト
2位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
3位 Germany Today
4位 案ずるより住むが易し(どきどきのドイツ生活)
5位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
6位 インナービューティークリエイター鈴木めぐみ
7位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
8位 Europe Style


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録