Welcome!

H.I.S.フランクフルト支店便り

161日前


みなさんこんにちはsun

この度、HISドイツ3支店
*フランクフルト支店・ミュンヘン支店・デュッセルドルフ支店*
の合同ブログを新規開設することとなりました!!
※今までのブログ記事はそのまま保存します♪

ブログ引越し準備のため、
ブログ更新をお休みさせていただきます。

新ブログOPENは…

8月24日(水)

です★

みなさま、お楽しみに・・・☆


フランクフルト支店スタッフ一同

161日前

皆様こんにちは!
フランクフルトですが、現在最低気温9度を下回ったりして、日本が猛暑で大変なのに対し、寒くて気温の変化についていけなくどうしましょう、という感じです(´・ω・`)

これからドイツにいらっしゃる方、急激な気温の変化に備え、
ジャケットや暖かい洋服をご持参下さい。ちなみに、機内は寒いことが多く、
ジャケットは手にお持ち頂くことをおすすめ致します(`・ω・´)ゞ


さて、話はそれてしまいましたが、今回はドイツ国鉄(以下、DB)の鉄道チケット、
「Bahntix」の発券方法をお伝えしたいと思います。

そもそも、Bahntixって何???という方が多いかと思われます。
ドイツ支店で鉄道チケットをご予約頂いた場合、
もしくは、鉄道付きのオプショナルツアーを弊社のVACATIONホームページから
申し込まれた場合、事前にBahntixと言われる予約確認書を送らせていただきます。

例: 「世界遺産の街「コブレンツ」日帰りツアー【フランクフルト発着】」
http://activities.his-j.com/TourLeaf/FRA0093.htm

Img_0125
この青い枠に記載されている予約確認書のことを、
通称Bahntix(バーンティックス)と言います。

こちらの予約確認書は、必ずドイツ国内にある券売機にてチケットを発券し、
ご乗車頂く必要がございます。発券をしないでご乗車してしまうと、
電車の中にて、片道の乗車券分、場合よっては罰金が課せられます!!!
皆様、くれぐれも発券のし忘れにご注意下さい。


しかし、発券方法が不安、どの機械を使ったら良いのかわからない!!!
という方のために、発券方法を記載したいと思います( ・`ω・´)

駅にはたくさん券売機がありますが、スリなどを防ぐためにも、
Reisezentrum(ドイツ版「みどりの窓口」)の中にある券売機を
ご利用頂くことをおすすめ致します。

Img_0096 こちらのDBと緑の丸枠で括られたロゴの券売機にて、発券が可能です。
各都市/州の私鉄(例:RMV/フランクフルトのロゴです)しか記載されていない券売機では発券出来ないので、ご注意下さい。

Img_0116_2 イギリス国旗のマークをタッチして、英語に変換したら、上記がTOP画面になります。
州の券売機によって多少見方が異なる場合もございますが、
基本画面は上記画像になります。
右上の「All offers」という箇所をクリック。

Img_0118

いろんなタイプのチケットが出てきますので、右下の「Pre-booked tickets」を選択。

Img_0119 Bahn TixかRail&Flyの選択画面が出てくるので、上のBahntixをクリック

Img_0121 下の「Identification with order code」をクリック

Img_0123 予約確認書に記載されてある番号を入力
タッチパネルの反応が鈍いと、うまく番号が入力されていない場合がございます。
入力間違えには気をつけて下さい!!!

Gazou_2

 予約確認書に記載されている、コンファメーション番号です。
お名前の下に記載されてます。

Img_0125_2 内容確認して、間違いがなければ、「Print now」をクリック

Img_0126 今回は、座席指定券付きのチケットだったので、乗車券と座席指定券が必ず出力されます。
乗車券は「Fahrkarte」/座席指定券は「Reservierung」と記載されております。
また、これに付け加えて、時刻表も出てきたので、合計3枚出力されました。
※時刻表は、出る場合と出ない場合があります。

前使っていた人が、忘れていった紙がまだある場合がございます。
必ずご自身のチケットであるか、ご確認頂ますようお願い致します。
複数印刷される場合は、お取り忘れにご注意下さい。

もし、何らかの理由でうまく出力されなかった場合は、
駅にいる係員にお尋ね頂ますようお願い致します。


当日、何があるかわからないので、時間に余裕を持って、
前日までに発券していただくことをおすすめ致します。


それではみなさん、良いご旅行をヽ(・ω・)/☆


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
H.I.S. フランクフルト支店
TEL:069-5600-510  
MAIL:fra@his-world.com
↓↓facebookページ↓↓
https://www.facebook.com/likegermany.jp
HP:http://www.his-germany.de/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

162日前

皆様こんにちは!
日本は猛暑のようですが、今日のフランクフルトは肌寒いです。

さて、先日【Eltz城】へ行ってまいりましたのでちょこっとご紹介notes

エルツ城は、深く静かな森の奥に建てられた名城ですshine

森の中にすっぽり隠れており、外からはこの森の中にお城があるだなんて
全くわかりません。隠れたお城のようです!

Thumbnail_photo

12世紀半ばに建てられ、戦争による破壊や侵略も受けず、
当時のまま中世のお城の美しさを現在まで保っている、非常に貴重なお城です。

エルツ城までは電車とバスを乗り継ぎ、また歩く必要もあるため車で行ってきましたcar
お城の駐車場からお城までは、ハイキングコースを徒歩15-20分歩くか、シャトルバスで行くか。シャトルバスでは5分弱ですが、天気がよければ断然往路はハイキング/復路はシャトルをお勧めします!!
ハイキングコースは緑豊かでお城の撮影ポイントもありますsign03(写真は最後にご紹介)

お城の敷地内には、まず見えてくるのがお土産屋さん!

Th11umbnail_photo こちらで、城内ツアーのチケットを購入することが出来ます。
城内ツアーのチケットには宝物館の入場券も含まれております。
また、ドイツ語と英語のツアーがあり、10-20分ごとにツアーが出ております。

Thumbnail_ph1oto お城の中では、子供部屋やリビング、キッチン、応接間、寝室、狩猟部屋等を見学することができます!英語のガイドさんもわかりやすい英語で話してくれ、個々の質問にもちゃんと答えてくださいます。
個人的には子供部屋にあった置物や狩猟部屋の剥製の動物達が興味深く、見入ってしまいましたeye

お城の中は写真撮影禁止ですdash

ツアーの後は、お城の敷地内をブラブラ
お城は森に囲まれており、下には川が流れ、ピクニックに訪れている地元民もちらほら!
外部から隠れているこの空間では時間がゆっくり流れており、中世時代にタイムスリップした
気分になれましたcatface

Thumbna123il_photo

Thumbnail_pho12to お城の下からの景色もなかなか◎

私達は今回、往路をシャトル/復路をハイキングにしたので、帰りのハイキングコースからは森の中にそびえ建つエルツ城の姿をパシャリcamera

Thumbnail123_photo

そしてハイキングコースはこんな感じです!
中世の時代も、エルツ家の人々はこの道を散歩していたのかな~と想像しながら
マイナスイオンをたっぷり浴びて帰りましたshine

Thumbnai12l_photo 
flair公共交通機関では行きに隠れ名城のEltz城へのツアーはこちらから!!flair

http://activities.his-j.com/TourLeaf/FRA0077.htm

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
H.I.S. フランクフルト支店
TEL:069-5600-510  
MAIL:fra@his-world.com
↓↓facebookページ↓↓
https://www.facebook.com/likegermany.jp
HP:http://www.his-germany.de/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
H.I.S. フランクフルト支店
TEL:069-5600-510  
MAIL:fra@his-world.com
↓↓facebookページ↓↓
https://www.facebook.com/likegermany.jp
HP:http://www.his-germany.de/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

241日前

皆さまこんにちはhappy01
数日天気が悪いですが、体調を崩されていないでしょうかtyphoon

5月に入り、日が長くなるにつれ色々な所でWein Festや様々なお祭りが催されていて、
毎週末が楽しみな私ですhappy02happy02

先週末はライン川沿いのOestrich-Winkel(Ruedesheimの近くの町)で行われた、
Wandererlebnis Floetenweg(ワイン畑を歩いて、途中のワインスタンドでワインを楽しむ)に行ってまいりましたrunrunwinerunwinewinerunrunwine

P5226414早速ワインを‥♪

P5226436丘の上のワイン畑からの眺め。遠くにライン川が見えますeyeshine

P5226453

P5226490次のスタンドへ!!!

これからの季節、ブドウの収穫の時期まで、たくさんの催しが各地で開催されますhappy01
ドイツの旅行が楽しくなる季節!是非お楽しみ下さいませsign03




H.I.S. フランクフルト支店
TEL:069-5600-510  
MAIL:fra@his-world.com
HP:http://www.his-germany.de/

246日前

みなさんこんにちわpaper

日本では真夏日のような天気が続いているみたいですねーっsun
こちらフランクフルトは今月にって何日か夏日があったのですが、
今週はまた肌寒く長袖を着ているような気候ですっ

さて、今回はフランクフルト市内を走る乗り降り自由な観光バスbus
shineHop On Hop Off フランクフルト観光バスshineをご紹介いたしますーっ

B5584e1fdb

というのも実は私、フランクフルトに来てまだ2ヶ月…bearing
「とりあえずフランクフルトを知りたい!notes」「フランクフルトを見たい!!notes

そしてなんとなーくフランクフルトに何があるのかを知っていても、
その詳細はもちろん、常にS-Bahnや地下鉄trainで移動をしていたので、
どこにあるのかどれくらいの距離なのかわからず…

「フランクフルトの大きさや土地をもっと肌で感じたいーー!!shine

ということで、乗ってきました!以下マップのの路線です。

C07a01cb93
しかも乗り降り自由なので、気になったところで降りてもOK!heart04
(ただしバウチャーの引き換えはH1中央駅 or ベルリナー通りでのみ引き換え可能です。)


運転手さんにバウチャーを渡し、原券に引き換えてもらいます。
それと一緒にマップとテープガイド用のイヤホンを受け取って、いざ出発!

Aimg_22311
まずマイン川を渡り博物館のおおく並ぶMuseumuferを通ります。
マイン川沿いを走行するので眺めもGOOD

Img_2232

Tr00100420120309005145596 そしてレーマー広場やハウプトヴァッヘを通り市街地を見た後は
金融都市フランクフルトの銀行エリアを走行dash

111untitled

 その後Westend方面、しばらくするとゼンゲンベルク自然博物館前の恐竜がお出迎え。

Img_2239 

そしてまもなく見本市会場Frankfurt Messeの前で360日ハンマーを動き続ける
メッセ会場の象徴?でもあるハンマリングマンの登場。

Img_2243


そしてバスは中央駅に戻ってきて、1週約1時間のルートが終了ですnote


日本語テープガイドmusicの内容が充実していて、フランクフルトビギナーchick
私にとっては、「へぇー!そうなんだ!」と思うところがたくさんありました★
たった1時間でフランクフルトに詳しくなった気が・・・?eye


私は一気に1周乗ってしまいましたが、もちろん乗り降り自由なので皆様の
お好きなところで途中下車も楽しんでみてくださいね!(30分間隔で運行)

もちろん弊社でお取り扱い中ですので、お気軽にご相談くださいっhappy02

H.I.S. フランクフルト支店  

telephone069-5600-510   

mailtofra@his-world.com 

http://www.his-germany.de/

H.I.S.フランクフルト支店便り

作者:HISFRA

H.I.S.フランクフルト支店便り

ドイツ発日本行き、または日本発ドイツ行き格安航空券をはじめ、ドイツ発ヨーロッパ各地、アメリカ、アフリカ、アジア、南米など全世界へのフライト、ホテルのご予約を承ります。個人旅行のプランニングでお困りなら今すぐご相談下さい。お見積もりは無料。お問い合せは、お電話、Fax、Eメールにてお気軽にどうぞ。

7日 05 総合 1159 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



HISFRAさん新着記事



過去記事

HISFRAさんへの新着コメント




フランクフルトブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 うきうきビール生活 in フランクフルト
2位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
3位 ディステル白兎さブログ
4位 アロマ講座&前世・エネルギー療法 【心と体が輝くヒント】
5位 フランクフルト気まぐれ日記II
6位 ガーデン大好き!☆ドイツ庭師日記☆
7位 Germany Today
8位 フランクフルト石川治療院のブログ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?フランクフルトでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録